おすすめ本・セール情報

ウェブサービスで起業したい!と考えている人が読むべき15冊の本

スポンサーリンク

「起業にあたって読んでおいた方がよい本はありますか?」という質問をたまに頂くので、まとめてみました。


リーン・スタートアップ:読むべき度★★★★★

必読すぎてヤバいです。これ読んでおくと、失敗確率を大幅に引き下げることができます。逆にいうと、読んでおかないと手痛い失敗をする可能性大です。


起業のファイナンス:読むべき度★★★★★

いわゆる「資本政策」に関する本。特に資金調達を考えている場合、これを読んでおかないと、後で大きな後悔やトラブルに巻き込まれる羽目になりかねません。文句なしに必読です。


アルケミスト:読むべき度★★★★

リーダーシップについて学べる寓話。「この50年間に世界で最も読まれた本ベスト10:らばQ」によれば、6,500万部で第5位だそうで。名著です。


リーダーシップの旅:読むべき度★★★★

リーダーシップに関しては、アルケミストとこの本を読んでおけば十分だと思います。


ビジョナリー・カンパニー:読むべき度★★★★★

経営関連の本では古典。重要なコンセプトが多数紹介されています。組織をデザインする上で参考になるので起業家は必読です。


奇跡の経営:読むべき度★★★

常軌を逸した経営手法をとる「セムコ」の経営について学べる一冊。「ビジョナリー・カンパニー」と合わせて読むと視野が広がりそう。


小さなチーム、大きな仕事:読むべき度★★★★

こちらも経営本ではかなりおすすめ。スタートアップは自然と「小さなチーム」になるはずなので、参考になります。


Founders at Work:読むべき度★★★★

Apple(ウォズ)、PayPal、Hotmail、Yahooなどなど、シリコンバレーの立役者33人のインタビューが掲載されたインタビュー本。歴史に学ぶための起業家本では決定版です。


スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン:読むべき度★★★★

プレゼン本はこちらがおすすめ。起業家たるもの、プレゼンは常に素晴らしいクオリティを提供しましょう。


ゲームストーミング:読むべき度★★★

会議やワークショップを楽しくする手法がごっそりまとまった一冊。良い会議をして、良いアイデアを出しましょう。


ゼロのちから:読むべき度★★★★

NPOの代表が書いた、「ゼロ予算でいかにマーケティングするか?」という問いへの回答が詰まった素晴らしい本。スタートアップ向けのマーケティング本では一押し。


10万人に愛されるブランドをつくる:読むべき度★★★

見事スタートアップから上場まで上り詰めた、ライフネット生命のマーケティングを学べる一冊。こちらもかなり参考になります。


誰のためのデザイン?:読むべき度★★★

デザインについて学べる古典的名著。


自分の中に毒を持て:読むべき度★★★★★

自分自身と向き合い、戦い続けた、歴史的アーティストから学べるものは多大です。芸術家が書いた本では、こちらの一冊がずば抜けて素晴らしいです。


運命を拓く:読むべき度★★★

ストレスコントロールが苦手な方におすすめの「超ポジティブ哲学」を学べる一冊。起業をする上で、精神的ストレスは馬鹿になりません。僕はメンタル弱いので、よく奥さんと一緒に本書にある「心は元気である!」という言葉を唱和しています。


意外に尽きない感じですが、僕が知っている中だとこんな感じです。もっと色々読みあさって、皆さんにおすすめ本をご共有したいと思います。来年は「読むべき30冊の本」というまとめを作ります笑


スポンサーリンク