おすすめ本・セール情報

(本)中村天風「運命を拓く」—超ポジティブな天風哲学に触れる一冊

スポンサーリンク


友人に勧められて読んだ中村天風の一冊。これすっごいポジティブで良いです。ハマりました。


中村天風とは?

・中村 天風(なかむら てんぷう、1876年7月30日 – 1968年12月1日)は日本初のヨーガ行者。天風会を創始し、心身統一法を広めた。

日露戦争後30歳にして、奔馬性結核を発病。33歳の時、病気のために弱くなった心を強くする方法を求め、海外へ。フランスでは大女優サラ・ベルナールの家に居候し、各界の著名人に会う機会を得るが、いずれも納得の行く答えを得ることができなかった。

1911年日本への帰国の途上、カイロにてインドのヨーガの聖人、カリアッパ師と邂逅。そのまま弟子入りし、ヒマラヤ第3の高峰、カンチェンジュンガのふもとで2年半修行を行う

1919年突然感じるところがあり、一切の社会的身分、財産を処分し、「統一哲医学会」を創設。街頭にて教えを説き始める。政財界の実力者が数多く入会するようになり、会は発展していく

(以上、Wikipediaより)


天風哲学

・一番根本は何か、というとただ一つの実在から生み出されたもの。その実在を、哲学では「根本的本源実在」と、科学では「エーテル」と、中国では「霊気」と、儒学は「正気」といっている。なんと呼ぶにせよ、このエネルギーの源が、宇宙を創り出した。

「人間の心で行う思考は、人生の一切を創る」。これが宇宙真理。人間の心は「霊」の働きだとすると、その「霊」という気は、同じく霊である宇宙本体と繫がっている。電灯に抵抗の強いものを当てるとヒューズが飛ぶように、人間の心も大きな影響を与える。

・だから、どんな場合があっても、消極的な方面から、ものごとを思ったり考えたりしてはいけないのである。

「人間の健康も、運命も、心一つの置きどころ」

・心が積極か、消極かという態度に応じて、宇宙例はそれに順応して働きだし、その人生を良くも悪くもするのである。

・天風哲学の根本的な考え方は「この世は苦しいものでも悩ましいものでもない。この世は本質的に楽しい、嬉しい、そして調和した美しい世界」。

「いかなる場合にも、常に積極的な心構えを保持して、堂々と人生を生きる」

・人生は「撒いた種とおりの花が咲く」。

言葉は人生を左右する力がある。この自覚こそ、人生を勝利に導く最良の武器である。常に言葉に慎重な注意を払い、いかなるときにも、積極的以外の言葉を使わぬように心がけること。

・腹の立つことがあろうと、悲しいことがあろうと、瞬間に心から外してしまえばいい。心を積極的にすることを心がけて、自分の心を汚さないようにするには、気が付いたらすぐにそれを吹いてしまえばいい。怒りや悲しみ、痛みや憂いを握ったら離さない、それがいけない。

・病の時、心配すればするほど回復は遅い。死亡広告を新聞で見るたびに、この人は本当の病で死んだのだろうかと考えてしまう。たいていは自殺じゃないのだろうか。神経を過敏にして、ああでもないこうでもないと心配を重ね、生きる力を自分で衰えさせて死んだのではないか。


どうですか皆さん、僕は大好きです笑 超シンプルなポジティブ哲学。

粘着質な批判とかを見るとついイラっと来てしまうので「腹の立つことがあろうと、悲しいことがあろうと、瞬間に心から外してしまえばいい」という言葉は特に刺さりました。確かに。


本書は講演を書き起こしたもののようで、文章も講演形式になっています。最後の方にいけばいくほどテンションが上がってきて、エクスクラメーションマークの数も増えていきます笑

「おっさんおばさん、しっかりしなさい!わたしに付いてきなさい!」なんてあたりはテンションの高さにちょっと笑えます。そういう意味でもポジティブな気分になれる素晴らしい本。これは愛蔵します。


スポンサーリンク