未分類

ポリシーとガイドラインの違い

「ソーシャルメディアポリシー」「ソーシャルメディアガイドライン」について考える日々が続きます。

と、こうして言葉を並べると、当然気になるのは「ポリシー」と「ガイドライン」の違い。

混同されがちな概念ですが、企業によってはしっかりと使い分けています。ちなみに先日取材させて頂いたNECさんも、社外向けの「ソーシャルメディアポリシー」と社内向けの「ソーシャルメディアガイドライン」の二つを用意していました。

(NECさんへの取材を反映した記事は、後日「ブームリサーチクロス」のサイトにアップ予定です。是非ご覧ください。共有したい内容てんこもりな時間だったので、別途当ブログでもご紹介する予定です。)

と言うわけで調べてみました。様々なものの違いが紹介されている「DifferenceBetween」より。面白いサイトです。


Difference Between Guideline and Policy

・ガイドラインは望ましい習慣を実践するプロセスを、シンプルに伝えるためのドキュメント。強制ではない。ガイドラインは適切なプロセスを導く「ガイド」である。ポリシーより柔軟なもの。

ポリシーはガイドラインより強制力が強い。ポリシーには「違反」という文脈も付きまとう。ガイドラインを「違反する」という表現は不適切だ。

いくつかサイトを見たところ、この解釈がもっとも一般的な様子です(「この解釈は違うんじゃないか?」なんてご意見があれば是非コメント欄で教えてください)。
「ガイドラインを違反した場合~」という表現は不適切、という話は分かりやすいですね。

@smashmediaさんの「「ツイッターを疑え!」を疑え」、@yuzo_akakuraさんの「盲信の罪、メディアリテラシの必要性」など、メディアリテラシーについての議論が熱いですが、似ている言葉の差異について追求するのもメディアリテラシーの一つなんだと感じます。特に自分のメディアを持っている人にとっては。僕自身、結構適当に言葉を使ってしまう性質があります。

ツイッターの高いリアルタイム性は、人々を思考停止に導く瞬間があるのではないか、としばしば感じます。勿論、それはそれでツイッターのパワーではあるんですが。僕個人としては、情報に脊髄反射するのではなく、言の葉の意味をしっかり吟味、消化し、発信していきたいと考えています。

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange