未分類

読むエナジードリンク!箕輪厚介「死ぬこと以外はかすり傷」は元気もらえる名著。

スポンサーリンク

というわけでYouTubeで紹介させていただきました。

ちょいちょい新刊紹介やってくので、本好きな方はチャンネル登録をぜひ〜。

 

いやー、箕輪さんってほんと「化けた」んですよね。

動画でも語ってますが、ぼくの本を編集してくれた時期は、そんなに有名じゃなかったんですよ。

面白い人であるのは間違いなかったのですが、SNSとかもほとんどやってなかったような気がします。

あの頃は小手指に住んでるって言ってたな……w

そこから一瞬で、今のポジションですからねぇ。

がぜんグイグイ行ってるし。1年後はどうなってるんだろ?

 

箕輪さんがサロンを始めたあたりに投稿したツイート。

少しずつですが、箕輪さんと近しい路線を歩もうとする編集者が増えてきた気がします。

編集者がインフルエンサー化していくのは当たり前の話ですし、むしろ遅すぎるくらいですね……w

箕輪さんの新刊は、読めば「あぁ、こりゃ確かにこの人はずば抜けてるな」ということが一瞬で伝わってきます。

で、「自分もがんばらなきゃ!」とエネルギーをもらえます。

最近エネルギー出ない方はぜひ。行動変わりますよ〜。

箕輪厚介氏は「デジタル時代の書籍編集者」のロールモデルだね。

「編集」というスキルはハンパなく重要なので、ぼく自身もその職能を磨いていきたいと思っています。最近サボっているので反省……。

特にやりたいのが「マンガコンテンツの編集」。従来的な意味でのマンガ編集に加えて、「作り方」や「売り方」まで編集していくイメージですね。

特に重要なのは「価格設定」だと思っていて、マンガって妙に安い水準に価格帯が張り付いているじゃないですか。一般書もそうなんですが。

わかりやすくいうと、「一冊3,000円のマンガ」があってもいいと思うし、なんなら「一冊1万円のマンガ」もありです。

価格に見合った価値を付ける方法なんて、山ほどありますから。そのマンガ自体がオンラインサロンの入会チケットになっているとか。そうなるとむしろ1万円でも安いですな。

 

編集者がコンテンツだけを編集していればいい時代は終わったのです。

今の時代、考えるべきことは山ほどありますし、だからこそ面白い。

あらゆる要素をかけ合わせて最適な選択肢を描く……それってまさしく「編集」ですよね!

ここらへんの話にキャッチアップしたい現役編集者の方は、箕輪編集室おすすめです。ぼくはフリー素材みたいなものなので、ご自由に編集してください!

スポンサーリンク