未分類

豪ドルの外貨預金は情弱向け。ヒロセ通商でレバ1倍でスワップ投資をしよう。

スポンサーリンク

ちょっと計算してみました。


豪ドルの外貨預金ってどうなのよ?

基本的に「外貨預金」はまともな商品がないのでおすすめできません。

豪ドルに関しても同様だと思われるので、サクッと検証してみます!

まず、もっとも条件が良さそうな新生銀行の豪ドル預金。

スクリーンショット 2018 09 28 11 34 27

1年ものだと年利1.7%です。

1AUD=80円だと仮定して、800,000円分、つまり10,000AUD買ったとしましょう。

このときの利息は「13,600円」となりますね。


一方で、ヒロセ通商でレバレッジ1倍、つまり現物で10,000AUDを買います。

レバレッジ1倍であれば、FXとはいえ、ロスカットを食らうことはまずありません。

リスクが低い点は外貨預金と一緒ですね。

ヒロセ通商の場合、10,000豪ドルで毎日50円のスワップ(金利差に基づく収入)がもらえます。

つまり、1年だと「18,250円(50円×365日)」になりますね。

利回りに直すと、年利2.28%です。


FX口座の方が断然有利。

まとめるとこんな感じ。

スクリーンショット 2018 09 28 11 54 41

両方とも現物なので、リスクは同じです。

上では書いてませんが、外貨預金の売買手数料は、FXよりもずっと高いです。

関連記事:外貨預金はおすすめしない!情弱向け投資商品です。


どう考えても……FX口座で現物を買った方がいいですねw


FX口座ならいつでも売買できるし、許容可能な範囲でレバレッジを掛けることもできます。

十分に安全圏ともいえる「1.5倍」くらいでレバレッジ掛けておけば、利回りは3.5%くらいになります。


ぼくはレバレッジ2.0〜2.3倍を目安にレバレッジを抑えています。

このくらいレバレッジ掛けても、リーマンショック級の暴落には耐えられる……と思われます。

関連記事:ロスカットを避ける!豪ドルスワップ投資の安全なレバレッジ倍率を計算したよ。


ただし、FXを利用する場合、口座で他の通貨をトレードしていると、巻き込まれるかたちで現物分もロスカットを食らう可能性があります。

一般的にFX口座は、証拠金を通貨ペアごとに設定することができません。

いくらレバ1倍で買っていても、同じ口座でトルコリラなんかをレバ25倍で売買していたら、相場急変時に証拠金が100%を割り込み、巻き込まれてロスカットを食らうことになります

同一口座でレバレッジを掛けて別通貨をトレードする場合は、損切りの設定は必須といえるでしょう。


豪ドルスワップはヒロセ通商が優秀。

スワップは各社でかなりの違いがありますが、現状はヒロセ通商が安定的にベストレートを提供しています

Lpimg oce

今後豪ドルが利上げしてくれれば、さらにスワップは条件がよくなるかも。

コツコツ投資していくにはいい対象ですね〜。

イケハヤの口座状況は以下の記事で公開しています。参考まで!

関連記事:【成績公開】FXで長期投資!豪ドルスワップ投資の始め方・おすすめ口座。


FXは怖くない。

「FXは怖い」と思いこんでいる人は多いですが、スワップや自動売買を少額で楽しむ分には、そこまで大きなリスクはありません。

とっくに「自動売買」は、資金管理・損切りも自動でやってくれるんで、FX入門にもうってつけです。

こちらの記事も合わせてどうぞ〜。

関連記事:初心者向け、ローリスクで借金しない!FXの始め方&おすすめ口座まとめ。


スポンサーリンク