未分類

「やりたいことがないなら、とりあえず大学に行っておけ」というヤバすぎる洗脳&搾取。

スポンサーリンク
スクリーンショット 2018 09 26 9 51 09

 

【大学なんて行かなくてもいい】だなんて、イケハヤの甘言に騙されてはいけない!情報商材とサロンで搾取されるぞ!

……みたいな中傷がまじめに届くのですが、ヤバイなそれ!w

そもそもうちの情報商材って、4,980円ですしね……。バイト代で買えますがな。搾取ってw

あと、有料サロンはそもそもやってませんw

 

「イケハヤは搾取だ!」と罵る人々が、まじめに「凡人はとりあえず大学に行っておくべきだ」とか言ってるからヤバみがすごい。

それこそ洗脳だし搾取じゃんw

とりあえずってビールじゃあるまいしwww 何百万円かかるのそれ……。

 

余談ですが「ベンチャーよりも大企業への就職を目指すべきだ」とかも搾取の構造で、めっちゃリクナビとかに吸われてますよねw

それよりよっぽど「在学中からプログラミング学んで、新卒フリーランス目指すべきだ」という方が、搾取度合いも低く、その人の人生にとってプラスですよね。

 

ぼくも高校3年生の頃、あまりにも高校の授業がたるくて、自主的に不登校になってたんですよね。

で、家で参考書とウェブサイトを駆使して勉強してました。

ストレートに早稲田政経に受かりましたが、卒業ギリギリの出席数でしたw

 

今の時代に学校に通う意味って、マジで相当希薄だと思うんですよね。

「友だちづくり」とかそういうレベル……?

友だち作るなら、いろいろ方法はありますからね〜。

 

よほど目的意識がないかぎり、大学進学なんてもはや「コスパ」が悪すぎなんですよ。

今は選択肢が無数にありますから。

不勉強なおっさんにはわからないんでしょうけれど、ぼくらが生きた時代とはぜんぜん違うんですよ?

今はスマホもSNSもあります。

なんならMOOCでの海外の大学の授業だって受けられますし。MOOCとかご存知です?知らないっしょ?

 

「でも大卒には意味がある」……という寝言が聞こえてきますね〜。

「大卒じゃないと評価してくれない」ような社会しか知らないとしたら、あなたの生きる世界は狭すぎます。

年商1億稼いでいる実業家のイケハヤがいうんだから間違いない。

ぼくの回り、誰も学歴なんかにこだわってないですからw

 

あなたの人生はあなたのもの。

ぼくの人生はぼくのもの。

自分の頭で考えて、前に進んでいきましょう!

 

サロンvs大学論。

和光市長にかぎらず基本的なところで理解がズレてると感じるのは、最近のオンラインサロンって「機会をつかめばスキルアップできる」下地があるんですよ。

大学でいえば「ゼミ」みたいな雰囲気があるといえばいいでしょうかね……?

オンラインサロン業界において「一対他の講義」はむしろメインじゃなくなっている感じがします。

 

たとえば、箕輪編集室にこんな投稿がありました。

有料コンテンツなので内容はぼかしてますが、最後の「まずはリーダー誰かやってください!」というのがミソですね。

スクリーンショット 2018 10 02 11 56 59

あなたが箕輪編集室に所属していれば、このプロジェクトに関わる機会が得られるわけです。

上記は箕輪さんが自ら提案してますが、他のメンバーが企画を提案し、仲間を募集することもあります。

 

ふとブロギルの中を覗いたら、「ローカルインフルエンサー事業部」でこんな募集がありました。

スクリーンショット 2018 10 02 12 02 45

内容は載せませんが、なかなか面白そうな案件です!

 

とまぁ、イケてるオンラインサロンに参加すると、こういう感じの「スキルアップする機会」が掴めるんですよ。

職業訓練所的というのは、そういうことです。

単なる座学ではなく、実際に行動して、交流しながら学びを深めることができるんです。

これって、大学に入って座学でぼけーっと講義聞くより、ずっとコスパがいいと思うんですよね。

サロン代なんで、毎月数千円とかですし。

試験も不要、入学金も掛かりません。もちろんいつ辞めてもOK!

 

やっぱり「大学はオワコンでしょう。

ぼくが高校生なら、よほど何か目的意識がないかぎり、もう大学は行きませんけどねぇ。500万円払う価値があるとは思えないっす。

オンラインサロンは面白くなっているので、いろいろ研究してみるといいですよ。なんなら自分でやってもいいですし。だいぶ業界模様が変わってきました。

 

こちら有料コンテンツですが、無料部分ではオンラインサロン業界の歴史をがっつり書いてます。

読み込んで「知の基礎体力」を付けてくださいw

関連記事:「n:n」の場を作る 〜 オンラインサロン運営ノウハウ集(随時更新)|イケダハヤト|note

 

スポンサーリンク