未分類

地銀に融資の相談に行ったら、そこは「紙・電話・FAX」の世界で驚いた話。

スポンサーリンク
スクリーンショット 2018 09 15 8 27 44



難しい話ではなく……。

「融資の相談や資料のやり取りをメールベースでやる」ということすらできないというのは、すごいやる気ないよな……と。

たかだか数千万の資金借りるために、どんだけ打ち合わせと電話をすればいいんだろう……という軽い絶望感がありました(今後のやり取りはスタッフに任せましたが)。


そもそもネットで見ても、ほとんど手続きや融資制度の説明ないんで、めちゃくちゃユーザビリティ悪いですよね。

地銀にとって、「地域の中小企業への融資(数千万円)」というのはその程度の優先順位なんだなぁ……と驚いたわけです。


そんなわけで、政策金融公庫も並行で話を進めてます。

先人たちの話を聞くに、公庫の方がだいぶ使いやすいみたいですね。


地域経済のためにも、地域社会を作る仲間である(と思っていた)地元地銀でお金を借りようと思ったのですが……。

もうちょっとまともに「ビジネス」をしてくれないと正直厳しいですね。なんだかねぇ。


スポンサーリンク