未分類

80円割れの安値圏突入!今こそ豪ドルスワップ投資のすすめ。

スポンサーリンク

豪ドルが安くなってますね〜。

 

豪ドルが安いです。

トランプさんの影響で、豪ドルが値下がりしています。

経済自体は悪くはないので、トルコリラのようなショックは起こらない……と思っていいでしょう。

関連記事:【大暴落】破産者続出な相場……。トルコリラで損をしている人の悲鳴……。

 

そんな豪ドルですが、これって金利差を元にした「スワップポイント」と呼ばれる収益が、けっこうバカにならないんです。

論より証拠。イケハヤは85万円の原資で豪ドルを買っており、毎週1,000円ほどのスワップ収益が得られています

NewImage

今の口座状況を年利に換算すると、「6.4%」の利回りになります

レバレッジを掛けているんでロスカットのリスクもありますが、めっちゃ高利回りですね。

急落したら日本円を入金してしのぐ予定です!

 

80円以下は買い場といえそう。

10年のチャートで見ると、豪ドルは「80円」が一定のラインとして理解できそうです。

少なくともこの5年は、80円を割ることはほとんどなかったと言えますね

スクリーンショット 2018 09 10 18 00 51

もちろん相場は何があるかわかりません。

が、過去のデータからいえば、80円割れで豪ドルを買えるのは珍しいチャンスだと言えるでしょう

 

かくいうぼくは80.4円くらいで買ったので、非常にタイミングが悪かったです……。

いいんだ、75円にタッチしたらドカンと買うんだ……パトラッシュ……。

 

とりま、豪ドルスワップ投資を始めるにはいいタイミングなので、関心がある方はこの機会にどうぞ。

大きく相場が動く可能性もあるので、予算を分散させて投資するのをおすすめします!

 

豪ドルのスワップ投資は「ヒロセ通商」がもっとも安定しており、有利です。

スクリーンショット 2018 09 10 18 10 58

豪ドルに関しては文句なしの「定番」なので、ここでやっておけば間違いないでしょう。

ヒロセ通商で豪ドル投資を始める

 

「なんで豪ドル?他の通貨は?」という疑問に答えるまとめ記事も書いてます。合わせてどうぞ!

関連記事:ヒロセ通商で「豪ドルスワップ投資」を開始!始め方やメリットを解説。

 

「FXは怖いでしょ?」と思ってる人向けの記事も合わせてどぞ。勉強しましょう!

関連記事:初心者向け、ローリスクで借金しない!FXの始め方&おすすめ口座まとめ。

 

「なんで豪ドルスワップ投資?米ドルはダメなの?」という疑問に答えるよ!

豪ドルスワップ投資をしていると、「米ドルじゃだめなんですか?」とちょいちょい聞かれるんですよね。

イケハヤの答えを書いておきます!

 

米ドルもいいけど、不安定。

これはもう好みの問題ではありますが、米ドルは金利が不安定なので、長期投資には向いてないと思うんですよね。

論より証拠、政策金利の推移を見てみましょう。

スクリーンショット 2018 09 05 11 48 47

青が日本、赤がアメリカ、黄色がオーストラリアです。

上のグラフを見れば一目瞭然。

オーストラリアは2000年から高金利を「維持」しつづけてますね。

米国は「金利が高いときもあれば低いときもある」という状況。日本はずっと低金利……。

 

スワップ投資は「保有しっぱなし」が理想なので、金利動向で右往左往したくないんですよね。

というわけで、長期投資という観点からは、豪ドルのほうがベターだと判断しています。

 

豪ドル投資の始め方はこちらをどうぞ!

関連記事:ヒロセ通商で「豪ドルスワップ投資」を開始!始め方やメリットを解説。

 

とはいえ、米ドルもあり。

だからといって「米ドルのスワップ投資がダメだ」ということもありません。

かくいうイケハヤは、トライオートFXで買建玉を持っており、これがスワップ収益になってます。

スクリーンショット 2018 09 05 12 10 47

長期では安定性がないかもしれませんが、中短期で建玉が決済される自動売買については、スワップを期待しながら買建玉を集めていくのはありでしょうね。

というわけで、イケハヤは長期のスワップは豪ドル投資(ヒロセ通商)をメインにしつつ、自動売買(トライオートFX)では米ドルの短期的なスワップを期待している感じです。

 

その他の高金利通貨に関しては、リスクが高めなので今のところ手をつける予定はなし。

トルコリラは悲惨でしたね……。この通貨は短期の売りで入るものだと思います。

関連記事:【大暴落】破産者続出な相場……。トルコリラで損をしている人の悲鳴……。

 

FXを学ぼう。

「FXって怖いんでしょ?」とか思っている人は多そうですが、しっかり学んで挑戦すれば、資金効率のいい投資スタイルとなります。

これから始める人向けに入門記事を書いたので、合わせてどうぞ。

関連記事:初心者向け、ローリスクで借金しない!FXの始め方&おすすめ口座まとめ。

 

スポンサーリンク