未分類

田舎に移住するなら「外に向けて商売をすること」が超重要。内需メインは消耗戦。

スポンサーリンク
スクリーンショット 2018 08 20 11 36 24


ビジネスは外向けに。内向けにやるならNPO(非営利)で。

特に、産業のない田舎に関しては、これは「鉄則」といってもいい話だと思ってます。

地方都市とかなら内需を狙うのもいいんですけどね。


イケハヤは完全に外向けにビジネスを行っています。

地域からもらっているお金は……今年は1円もないですね。

外貨を稼いで地域にお金を落とす、理想的な地域人材ですよ!


地域に向けて事業をやるのは有意義だし必要なことなんですが、やっぱり消耗するんですよね。

「ステークホルダー多い上に儲からない」という二重苦。

新規参入するには相当の経験値が必要です。地元向けのローカルビジネスは、ぼくでも失敗するだろうなぁ……。


ブログのような稼ぎ方はほんとうに理想的で、結局、それがいちばん地域のためにもなると思うんですよね。

ぼくらが外貨を稼いで町にお金を落とせば、ローカルな仕事の条件もよくなっていくわけで。

まだまだ調達する外貨の量が少なすぎるんで、どんどん稼げる人材を育てないと駄目ですな。がんばります!


移住希望者向けの電書も作りました。合わせてどぞ!

関連記事:地方移住の教科書 〜まだ東京で消耗してるの?〜


スポンサーリンク