未分類

自動売買FXは儲からない?その理由と対策を解説するよ。

FXにはいろいろな取引方法がありますが、その中の1つに「自動売買」と呼ばれる方法があります。

取引を自動で行ってくれるのであれば非常に楽な気がしますが、実はこの自動売買に関して、「儲からない」という噂もちらほら耳にすることがあります。

手続きが楽な反面儲からないのであれば行って来い、むしろFXが投資である以上はデメリットのほうが大きいでしょう。

そこで今回は、FXの自動売買の特徴・メリット・デメリット、FXの自動売買は儲からないのかということについて説明していきたいと思います。

 

FXの自動売買とは?

FXの自動売買とは、その名の通り「自動で売買を行ってくれるシステム」のことです。

売りと買いに関する決まりごとがあらかじめプログラムで決められており、そのプログラムに従ってシステムが自動で取引を行ってくれるのです。

実質的にシステムが取引を行っていることから、「システムトレード」と呼ばれることもあります。

自動売買は2012年頃から登場してきた新しい手法ではありますが、その便利さゆえに多くの人が取り入れており、今ではFXのスタンダードな取引手法の1つとなっています。

儲かるかどうかは自動売買を適切に利用できるか次第

さてここで問題になるのは、冒頭で触れたとおり「自動売買は儲かるのか」ということです。

結論からお伝えしておくと、FXの自動売買で儲けられるかどうかはシステムを適切に利用できるかどうか次第です。

身もふたもない言い方になってしまいますが、どんなシステムも最初から利用者に不利に働くようなものはありません。

ただ、使い方や使うタイミングを間違えることで、結果的に利用者が不利益を被ることはありえます。

自動売買もそれと同じで、特徴やメリット・デメリットをしっかり把握したうえで利用すれば、利益をあげることは十分可能ですが、何となく利用しているだけでは損失を垂れ流すだけの結果に終わってしまうかもしれません。

そもそもFXが投資の一種である以上、自動売買のシステムを利用しても儲けられないのであれば、自動売買がFXのスタンダードな取引手法の1つとなることはありえませんからね。

 

自動売買の種類

自動売買は、大きく以下の4通りに分けられます。

  • リピート注文型
  • ストラテジー選択型
  • ストラテジー設定型
  • ストラテジー開発型

それぞれの種類について、以下で説明していきます。

リピート注文型

リピート注文型では、あらかじめ値幅を設定しておくことで、その範囲内でシステムが何度でも自動的に売買を繰り返してくれます。

仕組み・使い方が非常にシンプルで分かりやすいので、FX初心者の方におすすめです。

いろいろなFX会社が取り扱っていますし、ツールもたくさん出回っていますので、いくつか試してみて自分が使いやすいと感じるものを選ぶといいでしょう。

ストラテジー選択型

ストラテジー選択型では、あらかじめ用意されているいくつかのストラテジー(取引プログラム)の中から自分が利用したいものを選んでおけば、そのストラテジーに沿った取引が行われます。

ストラテジーには世間的によく知られているものから、それぞれのFX会社が独自に開発したものまでさまざまな種類があり、FX会社が独自に開発したものは「オリジナル系」と呼ばれることもあります。

ストラテジーの内容によって利益を生み出しやすい局面が異なるので、景気の状況や取引する金額などに応じて利用するストラテジーの候補をいくつかストックしておくと、臨機応変に対応できるでしょう。

局面に応じたストラテジーの選び方には、ある程度FXのセンスが表れると言えますね。

ストラテジー設定型

ストラテジー設定型では、ストラテジー選択型では選ぶだけだったストラテジーを、利用者自身が設定する必要があります。

用意されているストラテジーではかゆいところに手が届かないな…と感じている方にとっては、ストラテジーを自分好みに決められるストラテジー設定型のほうが向いているかもしれません。

ただし、その分高度な知識も要求されるため、FXに慣れている中~上級者向けのシステムと言えるでしょう。

なお、FX会社が提供している自動売買システムの中には、リピート注文もできればストラテジーの選択・設定も可能というものもあります。

そういったシステムを利用すれば、最初はリピート注文を利用しておいて、投資家としての自信が深まってきたらストラテジー選択・設定のステージに移行する、ということも可能ですよ。

ストラテジー開発型

ストラテジー開発型では、ストラテジーをまったくのゼロから作り上げていくことになります。

先ほどお伝えした通り、ストラテジーとは取引プログラムのことなので、自分でプログラムを組むことになるのです。

そのため、FXの知識に加えてプログラミングの知識も求められるため、かなりハードルが高いと言えます。

ストラテジー開発型を利用するような人は、副業でFXを行うのではなく、FXで生計を立てているような人が中心ですね。

 

自動売買、なかなか儲からないんですが……。

自動売買FXをはじめて3ヶ月が経ちました。

今のところトラリピに50万、トライオートFXに170万円突っ込んでます。

合計220万円がいくらになったかというと……

ででん!

  • トライオートFX:1,666,810円(-1.95%)
  • トラリピ:517,530円(+3.5%)
  • 評価額合計:2,184,340円(-0.71%

ちょっとマイナスです!w

投資を始めたけれど、ほとんど儲からないどころか、ちょっとマイナス。

うーん、、これは果たして、いいものなのでしょうか?

長期投資で成果が出てくる。

この数字を見て「駄目じゃん!ぜんぜん増えてないじゃん!」と思う人は……自動売買FXには向いてません。

そもそも自動売買FXは、短期ではマイナスになりやすいんですよ。

なので、イケハヤは特に焦らず数字を眺めてます。

リーマンショック級の変動が来ないかぎり、そのうちトータルもプラスになるでしょう。開始半年くらいでプラスになるかな……?

 

なぜ楽観的になれるかというと、自動売買FXは「相場変動のなかで、少しずつ利益を積み重ねていく」スタイルになっているからです。

たとえば、ぼくも利用しているトライオートFXの「スイスフラン/円_Cパーツ」という設定。

実績値でいうと、12ヶ月で65%のリターンを出しています。半端ないですね!

スクリーンショット 2018 08 09 9 23 14

一方で、運用3ヶ月目の数字を見ると、なかなか悲惨。ほとんどプラスになってません。

スクリーンショット 2018 08 09 9 24 36

が、再び時間軸を伸ばすと、収益性がよくなっていくことがわかります

これは運用2年半のデータですね。2年半で130万円の利益を叩き出してます。

スクリーンショット 2018 08 09 9 26 31

他の通貨ペア・設定についても、概ね「時間が経てば経つほど黒字になりやすい」という傾向が見て取れます。

レンジを形成したら利益が出る。

なぜそうなるかというと、自動売買FXは原則的に「レンジ相場(一定の幅を行ったり来たりする相場)」を想定しているからです。

図にするとこんな感じ。トライオートFXのページから引用。

スクリーンショット 2018 08 09 9 31 19

上がって下がって上がって下がって……という繰り返しのなかで、小刻みに利益を詰みましていくという考え方です。

「そんなんで儲かるの?」という感じもしますが、うまく設定すればコツコツと不労所得を稼ぎ続けてくれます。

最初は含み損が広がりやすい。

逆にいうと、相場がレンジを形成していないときは、含み損が広がりやすいです

たとえばイケハヤも設定しているユーロ/英ポンドペア。

右肩上がりなんですよね……w

スクリーンショット 2018 08 09 9 33 55

この状況だと、含み損は広がっていきます。現時点で、マイナス1.2万円ほど。

スクリーンショット 2018 08 09 9 34 35

でも、ここから相場が下がり「レンジ」を形成すると、今持っている含み損は黒字決済されていきます

 

相場が下向きになるのは……いつでしょうね?w

過去のデータを見る感じ、このまま上がりつづけるということはなさそうなので、まったり眺めてます。また0.84くらいまで戻しそう……?

スクリーンショット 2018 08 09 9 36 17

最低でも1年スパンかな。

というわけで、自動売買FXは初期ほど儲かりにくい構造にある……という話でした。

あんまり自動売買が流行らないのって、これが理由な気がするんですよね。

半年やってマイナスだと「なんだよ、儲からないじゃん」という感じで諦めてしまいたくなるんで。

過去のデータを見る感じ、最低でも1年は耐えないとダメかな、と感じてます。

開始タイミングと設定によっては、黒字化するまでもう少し時間が掛かることもありそう。

 

いずれにせよ、自動売買FXは短期で大儲けできる話ではないので、まったりやっていきましょう!

早く始めるほど利益が出始めるタイミングの前倒しになるので、余剰資金ある方はお試しくださいませ。

トライオートFXの口座を開設する

トラリピの口座を開設する

レンジ相場以外を狙う方法も。

なお、設定を工夫すれば、レンジ相場以外でも利益を出すことが可能です

トライオートFXは、トルコリラのような高金利通貨向きの「スワッパー」というロジックも用意してますね、

スクリーンショット 2018 08 09 9 41 08

とはいえ、レンジ以外を狙うと短期的・投機的な投資になりがちなので、個人的にはノータッチを貫きます。自動売買は放置できるのがメリットですからね〜。

自動売買のメリット

自動売買のメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • 分析手法を覚える必要がない
  • 取引画面に張り付いている必要がない
  • 自身の感情が取引に影響しない

それぞれのメリットについて、以下で説明していきます。

分析手法を覚える必要がない

FXを行う場合、どういったタイミングで売り買いを行うかに関しては、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析などの分析手法をもとにして判断するのが普通です。

しかし、これらの分析手法を一から覚えようと思うと非常に時間がかかりますし、分析手法を覚えるのが面倒くさくてFXからフェードアウトしたという人もいます。

しかし自動売買では、システムが自動的に取引を行ってくれるので、こういった分析手法を覚える必要がないのです。

将来的には自分で分析をして取引を行いたいと考えている場合でも、分析手法が一通り頭に入るまでは自動売買を利用して取引を行うというのでもいいですね。

取引画面に張り付いている必要がない

FXについて、取引画面に張り付いて少し値動きが起きるたびにせわしなく売り買いの指示を出すというようなイメージを持っている人も、多いのではないでしょうか。

確かにFXのデイトレーダーの方の中には、そういったスタイルで取引を行っている人もおられると思いますが、副業としてFXを行っている場合はそういった取引スタイルは難しいでしょう。

しかし自動売買を利用すれば、プログラムが勝手に取引を行ってくれるので、1日中画面に張り付いている必要はまったくありません。

「値動きが気になって仕事が手につかない…」というような心配もなくなるでしょう。

自身の感情が取引に影響しない

FXで損失を出してしまうと「次で取り返してやる!」という気持ちになりますし、利益を上げた場合でも「今日はいい調子だし強気に突っ込むか!」というような気分になってしまいます。

こういったことを経験したことがある人はお分かりだと思いますが、たいていの場合うまくはいきません。

感情が前面に押し出された取引は、テクニカル分析などの分析手法のものとは異なる筋書きでの取引となっているからです。

投資を行う場合は心の平穏を保ち続けることが重要ですが、自身のお金が動いている以上、それはなかなか難しいことですよね。

自動売買を利用すれば、自身の感情の動きとはまったく関係なく、最適(と思われる)な取引を淡々と繰り返してくれるので、損失を取り返すために取引をしてさらに損失がかさんでしまう…というような泥沼にはまるのを避けられます。

自動売買のデメリット

逆に自動売買のデメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • 手数料を多めに取られる
  • 急激な相場変動には対応できない

それぞれのデメリットについて、以下で説明していきます。

手数料を多めに取られる

FX会社の用意した自動売買のプログラムを利用する場合、プログラムを利用せずに取引を行う場合よりも、多めに手数料を支払わなければなりません。

自動売買のプログラムは、ある意味ではFX会社の商品の1つなわけですから、それを使う以上はそれなりの対価が必要になるということですね。

取引の際の手数料は投資家の利益を圧縮する要因でもありますので、それが多くなるというのはなかなか見過ごせません。

どの程度まで手数料を許容できるかが、自動売買のプログラムを利用するかしないかの分かれ目となることもあるでしょう。

急激な相場変動には対応できない

あっきんさんがいいことをツイートしてました。

これほんとで、やってみてわかりましたが、自動売買FXは割と儲かるんですよ

運用約半年で、トライオートFXが+10万円、トラリピが約4.5万円のプラスです。

原資は250万円なので、半年で約6%のパフォーマンス。

年換算だと10〜14%くらいいくかも?完全放置でこれは純粋にすごい……。

リーマンショック級には耐えられない。

とはいえ!

そんなに話は甘くなくて、自動売買設定が想定しているレンジを超えた値動きが発生すると、最悪ロスカット食らいかねません……

うちも例外ではなく、リーマンショック級の変動には耐えられないと思われます。

やばくなったら損切りして逃げるしかないですね。

自動売買のプログラムは、過去の相場変動のデータをもとにして組まれています。

そのため、同じような状況が繰り返される限りは安定した取引成績を残すことができるのですが、過去に例がないような急激な相場変動が起きた場合は対応できません。

過去には、トランプ大統領のトルコに対する経済制裁発言をきっかけに、トルコリラ/米ドルの相場が一瞬で大きく動いた「トルコショック」のようなこともあります。

自動売買を利用している場合は半ば放置でFX取引が行えるものの、そういった急激な変動が起きた場合は、放置しておくと大きな損失を生み出してしまうかもしれません。

 

失ってもいい金額でやってるので、まぁ最悪ゼロになっても問題はないです。メンタル的には嫌ですがw

リーマンショック級を見越したレンジ幅で運用するのもありですが、その場合は証拠金額も膨らみ、リターンは総じて落ち込むと思われます。難しいところですね〜。

 

自動売買FXで稼いでるみなさん、急変には備えておきましょう。

 

自動売買はこんな人に向いている!

では最後に、自動売買が向いている人の特徴を挙げていきましょう。

自動売買が向いているのは、以下のような人です。

  • FX初心者の人
  • 忙しくてFX取引に時間をかけられない人
  • 短期でなく長期の取引で利益を上げようと考えている人
  • 確率・統計が得意な人

FX初心者の人

自動売買を利用する大きなメリットの1つは、投資のプロたちがくみ上げたプログラムをもとにしてFXの取引が行えることです。

つまり、これまでに多くの人が時間や資金を費やしながら見つけた「勝ちパターン」に則った取引が行えるのです。

投資経験のある人であれば、自分なりのルールや決まりごとのもとで取引を行っていくのがよいですが、FX初心者の人の場合、分析手法も身に付いていないことが多いので、本来であれば手探りで取引を進めていかなければなりません。

そういった時期に自動売買を利用することで、自分なりにFXの勉強を行いつつ、実際の取引も並行して進めていけます。

FXに手を出すのはハードルが高いなぁ」と思われている方にとって、自動売買のプログラムはFX参入への背中を押してくれるのではないでしょうか。

忙しくてFX取引に時間をかけられない人

FXのデイトレーダーの方はFXこそが仕事なので、極端な話24時間ずっと取引画面とにらめっこしていることもあるでしょうし、それが可能な環境に自身を置いています。

しかし、副業としてFXを行っているサラリーマン・主婦・個人事業主などの方は、1日の中でFXにかけられる時間は限られており、その中で効率的に取引を行わなければなりません。

自動売買を利用すれば、取引を行っている銘柄の値動きを逐一チェックする必要もありませんし、関連するニュースに目を通す必要もありません(もちろん目を通しておいたほうが勝率は上がりますが…)

副業では「稼げる仕組みづくり」を行うことが非常に重要とよく言われますが、自動売買はその仕組みづくりに一役買ってくれること間違いありません。

短期でなく長期の取引で利益を上げようと考えている人

自動売買のプログラムは、中長期的に取引を行う場合にそれなりの利益を上げられるような形で組まれており、いわゆるミドルリスク・ミドルリターン型の投資を目指す人に向いています。

「円/ドル相場でハイレバかけて100万円をあっという間に1億円にした」というようなセンセーショナルな話題は、FX界隈では枚挙に暇がありませんが、自動売買ではそのような利益を上げることはできません。

その代わり、取引のベースとなるプログラムが安定している分、投資家個人の判断で取引を継続するよりも、ミドルレンジで利益を上げるのには向いているのです。

どのような目的でFXを始めたいかによっても、自動売買を利用すべきかどうかは大きく変わってくると言えるでしょう。

確率・統計が得意な人

ストラテジー選択型やストラテジー設定型の自動売買を利用する場合、いくつかのストラテジーの中から今の局面に合っていると思われるものを選ぶ必要があります。

FX会社は、自社が提供しているストラテジーに関してそのデータを公開してくれていることが多いですが、ストラテジーの中身を理解するためには、確率や統計に関する知識が欠かせません。

料理だってレシピを公開されたところで、必要な食材を用意できなかったり調理法に関する知識がなかったりすればせっかくのレシピを生かすことができませんが、それと同じことです。

プログラム自体が優秀なので、仕組みを知らずとも何となくで利益を上げられることも多いですが、きちんとデータの根拠などを理解したうえで取引を行うためには、確率・統計に関する知識があることが望ましいですね。

まとめ

自動売買は、比較的新しい取引手法ではありますがその利便性ゆえに、登場してすぐにFXのスタンダードな取引手法の1つとなっています。

リピート注文型・ストラテジー選択型などいくつかの種類があり、FXに習熟している度合いによって利用するプログラムを使い分けられるのも、投資家の方にとっては大きなメリットです。

特に、中長期的なスパンでリスクを抑えつつ利益を上げたいと考えている方にとっては、非常に心強いシステムと言えるのではないでしょうか。

それぞれのFX会社が取り扱っているものから、フリーのツールまでさまざまな自動売買プログラムがありますので、実際にいくつか利用してみたうえで、自分の取引のスタイルにもっとも合うであろうものを選んで利用するといいでしょう。

 

イケハヤはあくまでFXは「ハイリスク・ハイリターン部門」として捉えて、資金の一部を投下するにとどめてます

メインはインデックス投資ですね。

iDeCo、つみたてNISAに加えて、毎月10〜30万円ほどインデックスファンド買ってます。

最近はあえて投資せず、現金増やしてますが……。

 

自動売買FXは利回りがよく、同時に株安フェーズでもパフォーマンスが良好だったりするんで、うまくインデックス投資と分散させるのが鍵でしょうね。

最近の株安でも動じず利益が増えてるんで、この程度なら問題ないというのは心強いです。

投資先を分散したい方は、「トライオートFX」あたりから入門してみてください。作り込まれた設定が用意されてるんで、めっちゃ簡単です。

関連記事:【クチコミ】自動売買「トライオートFX」の始め方。成績・設定も公開中!

 

FXは怖くないよ。

「FX=借金」みたいに思い込んでる人は多いですが、それはさすがに勘違いです。

FX入門記事も書いたのであわせてどうぞ。分散投資の選択肢になりますよ〜。

関連記事:初心者向け、ローリスクで借金しない!FXの始め方&おすすめ口座まとめ。

 

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange