未分類

クソ上司を引いたら終了。まだ「新卒ガチャ」で消耗してるの?

スポンサーリンク
スクリーンショット 2018 08 02 6 19 16

新卒で入社した若者は、配属される部署を自分で選べない問題。

新入社員として入社した場合、自分の価値観を尊重して持ち味を引き出し、成長にコミットしてくれる「SR級」のスーパーボスのもとに配属されるか、価値観を押し付ける「ハズレ」なダメボスのもとに配属されるかは、実質「ガチャ」のようにほぼ運で決まり、「ハズレ」を引いた新入社員は一定の割合で早期の退職を余儀なくされるのです。

「最初の仕事はくじ引きである」新卒配属ガチャ問題をどう乗り越えるか?

 

これほんとひどいですよね〜。なんでそこ選択権ないの?って感じ。

クソ上司に当たったら終わりじゃないですか……。

実際、そうやって潰されてしまった若者をけっこう見ています。

 

リセマラ(リセットマラソン)ができるわけでもなし、一度ハズレ引いたら終わり。

場合によってはうつ病、もっとひどいと過労死……。まったく笑えません。

 

ハズレガチャ引いたらもうどうしようもないので、さっさと会社やめるしかないですね

今は「ウズキャリ」のような、第二新卒向けの転職サービスも発達してますし。

 

「仕事内容」と「上司」を選ぶのは、若手こそ重要だと思いますけどねぇ。

新卒ガチャとかやってるから、いつまでも日本の企業はダメなんじゃないかな、マジで。

 

若手サラリーマンのみなさんは、副業をがんばって、人生の選択権を得られるようになりましょう。

 

「叱られ方」を学ぶより、クソ上司を見抜く方が重要です。

え、何言ってるんだろう……?

例えば「言われたとおりにやれよ!」は一見、きつい言葉だが、本質は仕事に対する注意だという。

研修では上司を「促進型」「支援型」「管理型」「分析型」の四つに分類して解説。タイプによって言葉の表現は様々だが、椎名さんは「どのような上司か理解し、言葉の本質を受け止めれば楽になる」と話した。

いやー、怖いですね〜、「社会」ってw

無能な人に合わせる能力を高めても、自分の価値は上がらないと思うけどね……。子守りじゃあるまいし……。

羊のような新入社員にはまだわからないかもしれませんが、あなたが盲目的に就職したのなら、「私の上司はクソかもしれない」という前提で取り掛かるべきです。

「上司だから」といって尊敬できると思ったら大間違い。世の中には部下を潰すのが得意なクソ上司も山ほど生息してます。

記事にあるような「暴言吐いてくる上司」とか、ビジネスパーソンとしてまったくダメなので、適応する必要はないです。そんなところにエネルギー使うのもったいないですよね。

 

尊敬できない上司の下で働くと、自分の価値は高まりませんし、それどころか下がっていきます。

大企業の最大のデメリットは、上司を選べないことです。

クソ上司にぶち当たったら停滞決定。20代を無駄にすること請け合い。南無三。イケハヤはこれ何度も繰り返し書いてますね。

「この上司、人間としてまったく尊敬できない……」と思うのなら、さっさと逃げ出すことを考えましょう。貴重な時間を無駄にすることはありません。

関連記事:【新社会人に伝えたいこと】「あ、この会社クソだな」と思ったらすぐ逃げろ。

 

以上、新入社員のみなさんが変な方向に適応しないよう、高知の山奥からせめてもの抵抗でございました。

 

この本よく売れてるので、よかったらどうぞ。

関連記事:副業の教科書 〜情熱を仕事にする次世代副業スタイル〜

スポンサーリンク