未分類

これからのウェブは、「足切り」が当たり前になる。

スポンサーリンク
スクリーンショット 2018 06 25 14 00 17


先の事件は、非常に考えさせられますね。

言論の萎縮……というわけではなく、これからのウェブは「足切り」が行われていくようになりそう。

今回の事件、犯人は何度も何度もアカウントを作り直していたそうな。

これツイッターも同じ構造があるんで、システム的に対応していく動きが加速してほしいですね……。

イケハヤは「悪意が疑われるユーザーには、アカウント作成時にデポジット&本人確認を求めるべき」という提言をしております。これで迷惑行為は相当抑止できるはず。


個人的にも、どんどんユーザーを選別していこうと思っています。「足切り」といってもいいでしょう。

こちらは労力掛けて記事を作っているわけで、それを無料で読んでもらうというのは、実はそもそもズレてるんですよね。

これは物々交換みたいなもので、あなたも何かを差し出すべきなのです

傲慢に聞こえるかもしれませんが、リアルな社会って、むしろこっちのメカニズムで動いてますよね。


差し出すものがない人は、利益を得ることができない。

無料でアクセスできるものは、たかがしれている。残念ながら、ウェブはそういう世界観になっていくでしょう。

これは資本主義がもたらす、当然の帰結です

繰り返しですが、言論の萎縮ではないのです。


ぼくらの時代で、平和な社会を作りましょう。

ブログ書いて、ツイッターやって、一方的に刺されたらたまったもんじゃないですからねぇ……。


スポンサーリンク