未分類

トライオートETFは長期保有には不向き。金利コストに注意しよう。

スポンサーリンク

業界では唯一の「ETFの自動売買」ができるトライオートETF、研究中です。


長期保有には不向き。

めっちゃ利益が出ているトライオートETF税引き後で月利7%とかで増えてます……

関連記事:【クチコミ】「トライオートETF」に100万円投資!成績公開中。


この「トライオートETF」は、基本的に短期売買向きです。

というのも、長期で建玉を保有すると、金利コストが掛かるんです

運用して半月ほどのデータですが、たとえばこの決済。

スクリーンショット 2018 06 15 20 46 55

1,661円儲かってますが、金利で112円取られてます。

保有期間は8日。つまり、1日あたり14円ほどの金利が掛かっています。

購入しているのは、人気の高い「ナスダック100トリプル」です。


現状の数字を考えると、仮に120日(4ヶ月)建玉を保有すると、利益と金利がトントンになってしまうわけです

つまり、証拠金を増やしてロスカットを免れても、4ヶ月以内に相場が戻らないと、決済しても赤字になる可能性があるわけですね。


急激な下落から、4ヶ月以内に相場が戻るのか?

ここは運用上、非常に判断が難しい感じがしますね……。

ナスダック(TQQQ)のデータを見ると、多くのケースでは4ヶ月以内に戻してはいます。

スクリーンショット 2018 06 15 20 50 58

が、リーマンショック級の不況が来ると、ロスカット食らって、残った建玉も赤字決済となり、損失が膨らむ懸念がありますね。

これはまぁ、商品の性質上仕方がないです。

「あとで回復するからいいや」と思考停止で長期投資するのではなく、撤退するラインをしっかり決めないと駄目ですね。


大きな暴落から、3ヶ月待って景気低迷が続くようなら、全損切りする覚悟でやろうと思います

落ち着いてきたら、再び運用スタートする感じで。

まぁ、その判断が的確にできるかは未知数ですが……w


扱いは難しいですが、景気動向によってはハンパないリターンが期待できる商品です。しかも自動運用。

他に類似する商品がないので、気になる方はお試しあれ。これから流行ると思うんですよね〜。

トライオートETFの口座を開設する


なお、同じインヴァスト証券の取引できる「株価指数CFD(くりっく株365)」に関しては、損切りさえ免れれば長期保有で勝てる商品な香りがします。

これも金利コストが掛かるんで、配当とのバランス次第なのですが……。現状の金利・配当水準なら、景気低迷時に買い増し+配当受け取りをすれば、長期では黒字が期待できそうです。

関連記事:【成績公開】株価指数CFD(FTSE100)の積立投資を始めたよ!


スポンサーリンク