未分類

定収入あって確定拠出年金(iDeCo)やってない人は、ぶっちゃけ情弱。

スポンサーリンク

これほんと、やらないのは損なんですよ。

掛けられるのは少額なんですが、長期投資なのでバカになりません。

デメリットは「60歳になるまで引き出せない」ということ。

これが気にならないくらいの所得があるのなら、さっさと加入すべきです。

手続きが超面倒ですがその価値はあり。何度挫折したことか……。

 

最大のメリットは節税効果です

ぼくは所得が高いのもあり、確定拠出年金のおかげで、毎年12万円弱の節税になってます。こちらでシミュレーションできます

いやー、年間12万っすよ!28年間掛け続ければ、なんと332万円の節税!これ、すごくないですか?お国様が用意してくれてるわけですよ……。

スクリーンショット 2018 06 12 9 17 37

確定拠出年金は「運用益非課税」も魅力。本来払うべき20%の税金(約87万円)が、非課税になるわけですね〜。

スクリーンショット 2018 06 12 9 20 00

んでもって、受取時にも税制優遇があります!

スクリーンショット 2018 06 12 9 20 52

毎月5〜10万円程度は貯金する余裕がある」という人なら、ぜひ満額掛けておくべき。

所得が少ない人は………がんばって自分でビジネス作って稼ぎましょう!w

関連記事:副業の教科書 〜情熱を仕事にする次世代副業スタイル〜

 

イケハヤはまだ積立をはじめたばかりなので、数字は大したことないです。20年後にはだいぶ増えているでしょうね〜。

スクリーンショット 2018 06 12 9 38 48

国がこういう制度を用意してくれるのはすばらしいですね。頭がいいみなさんは、ぜひとも利用すべきです。

利用インセンティブを高めるために、掛け金の上限もじわじわ増えていく気もします。

実際、2017年には利用対象も広がりましたし。毎月10万円くらい掛けたいぜよ!

似たような仕組みで「つみたてNISA」も始まってます。こちらは節税効果は確定拠出年金に劣りますが、インデックス投資をやるなら使わないのは損。ぼくも満額掛けてます。

関連記事:【つみたてNISA】手数料の安い「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」に変更!

 

確定拠出年金&つみたてNISAを始めるなら、楽天証券がおすすめ。使い勝手もよく、手数料も安いです。

楽天証券で確定拠出年金を始める

 

自己破産しても没収されない。

これはマニアックな話ですが、確定拠出年金は自己破産した場合でも、財産として残すことができます。

特に自営業なんかをやっていると、何があるかわからないですよね。長期で積み立てていた場合、確定拠出年金に救われる可能性もあります。

軽く計算してみると……30年間にわたって2.3万円を積み立てた場合、約430万円の元本となります。これに利回りも付くので、かなりの金額になりますね。60歳になるまで引き出すことはできませんが、人生設計は大きく変わるはず。

かくいうぼくも自営業者なので、万が一を見越して確定拠出年金にお金を入れています。破産怖い。

 

業者はどこがおすすめ?

G dc info170516 title

確定拠出年金を始めるためには、証券会社で口座を開く必要があります

始めるなら、大手のネット証券がいいでしょうね。手数料なども有利です。

「無条件で管理手数料無料」「取り扱う商品の幅が広い」「大手なので安心感がある」「サイトの使い勝手も悪くない」というあたりを考慮し、ぼくはSBI証券で決めちゃいました。

大手の証券会社はどこも扱いがあり「楽天証券」「大和証券」などなどのブランドで始めることができます。

使い勝手を試してみたいので、妻の分は楽天証券で運用してみる予定です。大手なら条件はほとんど変わらないので、好みで決めていいと思います。

 

ちなみにぼくは銀行もSBIです。こちらもおすすめですよ〜。

関連記事:最強のネットバンク「住信SBI」をもう一度おすすめしておく

 

申し込みの手続きはそれなりに面倒で、証券口座を開き、そこからさらに申込書を送付する必要があります。手続きが超苦手なぼくは、妻の手を借りながらがんばってます……。

追記:ロボアドバイザー大手の「THEO」が「MYDC」をリリースしています。手数料が月額458円と高めですが、申込みが簡単なのはいいなぁ。

関連記事:「お金の不安」から解放されるための知恵をまとめるよ。

 

資産運用学びましょう。

これからの時代、資産運用について学ぶのは必須です。こちらの記事も合わせてどうぞ〜。

関連記事:【初心者向け】100万円から始めよう。20代〜30代からの資産運用。

 

資産運用に取り組むと、平均的に4〜5%程度のリターンが期待できます。

1,000万円運用すれば、年間40〜50万。

1億円なら400〜500万。

5億円なら2,000〜2,500万。

5億は難しいかもですが、1億円ならサラリーマンもがんばれば到達できると思いますよ。

コツコツ積み立てがんばりましょう。イケハヤは「ウェルスナビ」を愛用してます

関連記事:【資産運用】年収300万円のサラリーマンが「1億円」貯める方法。

 

スポンサーリンク