未分類

ステーブルコインが普及すると、何がいいのか。

スポンサーリンク
スクリーンショット 2018 06 11 14 06 10

何度も書いてきたことですが、あらためて話してみました。ステーブルコイン早くきて!

ステーブルコインは、いままさに技術開発が行われている分野。日本だとLCNEMががんばってますが、法的規制で動けていないように見えます……。

動いている・動き出そうとしている通貨はここらへん。

  • USDT
  • TUSD
  • DAI
  • Havven
  • Basis
  • Carbon
  • Basecoin

細かいものまで拾うと、まだまだあります。

どのようにして価格を安定させるのか、頭がいい人たちが考えまくっているわけですね〜。理論が難解で、だいたい付いていけませんw

 

無担保型ステーブルコインという発明。

ステーブルコインとは何かというと「価格が一定の仮想通貨」です。

ステーブルコインは、暗号通貨経済圏が花開くために「必須」のパーツだと思われます

 

ビットコインが実質的に基軸通貨になっていますが、やっぱり価格変動が大きすぎるんですよね。

将来価格が読めなさすぎるので、これを日常的なビジネスシーンで使うのはリスキーです。税金の計算も面倒ですし……。

 

ここで役立つのが、価格が一定のステーブルコイン。

ブロックチェーン技術のメリットを存分に享受しつつ、価格が変動するというデメリットを排除することができるわけですね。

 

すでにステーブルコインは複数開発されています。

この記事では3つのカテゴリーに分類されています。

  • 法定通貨担保型:USDT、TSUD、DGX(金担保)、Petro(原油担保)
  • 仮想通貨担保型:DAI(ETH担保)、Havven(二重トークン)
  • 無担保型:Basis、Saga

記事にもありますが、もっとも注目すべきなのは「無担保型」でしょうね。

 ベーシスは短期的には米ドルに対してペッグされる予定だが、所有者がこのコインを商品やサービスの購入に使用するようになるにつれ、最終的には消費者物価指数(CPI)に対してペッグすることを目標にしている。

一方でサーガは、国際通貨基金のSDR(特別引出金)にペッグされている変動部分準備金により裏付けされる予定である。

無担保型ステーブルコインは「日常的に使用できるトークン」としては最も実現可能性の高い選択肢である。

これは単に旧来の準備銀行が法定通貨に対し使用してきた安定性のメカニズムを模倣しており、かつ完全な非中央集権化と独立性を維持しているからである

 

堅牢で持続的に安定するステーブルコインを作れたら、これはもう、21世紀の大発明になるんですよ。

非常に高度な経済センスが求められるので、経済を研究している方は、ぜひ考えてみてほしいです。

あなただったら、どのようにステーブルコインを設計しますか?

 

日本ではLCNEMが頑張ってますが、いかんせん法的なハードルで実用化には至ってません。がんばってほしいですが……。

日本はこの分野でも圧倒的に遅れを取りそうですね。残念です。

 

ステーブルコイン系の銘柄は要注目です。個人的にはDAIと連携している「MKR」が伸びるんじゃないかな〜と思ってます。

関連記事:【2018年版】イケハヤが選ぶ、仮想通貨おすすめ銘柄ランキング!

 

ステーブルコインが十分に実証され、社会に浸透するのは2020年頃だと思われます。

2020年代には、外注スタッフのウォレットに仮想通貨を送って支払うことが当たり前になるかもですね。

関連記事:仮想通貨に1,000万円投資!低リスクな始め方を解説するよ。

 

スポンサーリンク