未分類

YouTuberの広告がうざい?消したいなら「Brave」ブラウザを使おう。

スポンサーリンク

これ、すごいですね!

 

YouTubeの広告消えるじゃん!

YouTubeの広告が邪魔だ……と思っているそこのあなた!

Brave」というブラウザを使うと、なんと、広告が消えます……。

右上の広告もありませんし、動画の最初に流れる広告も出ません!知らなかった!

スクリーンショット 2018 06 11 11 04 05

スマホアプリ版のBraveブラウザでも、広告ブロック効いているようです。なぜか一回だけ表示されましたが、そのあとは表示されず。

外出中などにこどもにYouTubeを見せるときは、Braveで見ると通信料の節約になりそうですね〜。これは便利!

 

YouTuberに還元する仕組みも。

「でも、広告消したらYouTuberが儲からないんじゃ?」

と思うあなた。いい感覚です!

実は、Braveってクリエイター向けの還元プログラムを用意しているんですよ。

BraveブラウザでYouTubeを見ると、クリエイターがBraveのプログラムに登録している場合、仮想通貨が報酬として与えられます。

トラッキング防止機能や広告ブロック機能を備えたWebブラウザ「Brave」が、仮想通貨BAT (Basic Attention Token)を用いたペイメントシステム「Brave Payments」でYouTubeクリエイターをサポートする。ユーザーは広告を表示させずにYouTube動画を楽しみながら、寄付を通じてよく視聴するユーチューバーやチャンネルをサポートできる。

広告ブロックブラウザ「Brave」、YouTubeクリエイターを仮想通貨で支援

 

データ使用量が節約できる次世代ブラウザ「Brave」。

Brave」はブロックチェーン時代の次世代型ブラウザ。

ブロックチェーン的な機能(独自トークン「BAT」)もあるんですが、実はそれよりも何よりも、シンプルに「読み込みが早い」のがいいんですよ。

なぜ読み込みが早いかというと、広告をブロックしているから。通信費の削減にもなるので、イケハヤはモバイル環境ではBraveを利用しています。

スクリーンショット 2018 02 17 8 05 41

ウイルス対策も万全。仮想通貨関係を触っているとウイルス感染リスクもあるんで、Braveに乗り換える理由にもなるわけですな。

スクリーンショット 2018 02 17 8 06 38

面白いのは「BAT」という仮想通貨が組み込まれている点。BATはすでにBinanceなどにも上場しています。イケハヤも投資してます。

スクリーンショット 2018 02 17 8 07 49

BATの使い道はこんな感じ。

  • Braveプラットフォーム上での広告費の支払い
  • Brave上で動くアプリへの支払い
  • コンテンツ提供者への報酬

Brave自体はプラットフォームなので、ユーザー数が増えてくるとBATの使い道はかなり増えてくるでしょう。

ブラウザ上で行われる決済の大部分を取り込むことができる可能性もあるんで、銘柄的にはけっこう期待できる気がしてます。

 

パブリッシャー登録したよ。

Braveはパブリッシャー登録をすると、サイト閲覧ユーザーからBAT建てで報酬を得ることができます。

スクリーンショット 2018 02 17 8 16 12

ただし、サイト登録はけっこう面倒で、イケハヤはまだ完了できてません……。

HTTPSサイトだとサクッとできるっぽいので、ブログやってる方はお試しあれ。

なお、YouTubeチャンネルは一瞬で登録できます。サイトの場合はDNSをいじる必要があるんで、ちょっと難易度高いです。

これはかなり未来があって、BAT経済圏が広がれば、広告費ではないかたちで収益を得ることができるかもしれないんですよね。今後に期待ですな!

 

というわけでBrave、お試しあれ。特にスマホ版はいいですよ。通信費の節約にもなるんで。

 

500円分の仮想通貨をもらおう。

今ちょうどキャンペーンをやっており、Braveをダウンロードすると500円相当の仮想通貨(BAT)が付与されます

Braveを使ってYouTubeを見ると、自動的にこの仮想通貨が寄付されていく仕組みになっています。

入手方法は簡単。

PC版をダウンロードして「Preference」を開きます。「Claim Free Token」をクリックすると、先着順で15BAT付与されます。

スクリーンショット 2018 06 11 11 15 54

毎月の予算を決めると、自動的に閲覧時間に応じてBATが寄付されます!

スクリーンショット 2018 06 11 11 17 23

とりあえず、ユーザーも配信者もハッピーな仕組みになっているわけですね。

まだまだ「Brave」は立ち上がったばかりなので、今後さまざまな追加機能がリリースされていくと見られます。

 

このリンクからダウンロードしてもらうと、ぼくに報酬が入ります(期間限定)。Braveはパブリッシャーへの収益還元も意識しているわけですね〜。

スクリーンショット 2018 02 17 8 04 30

ブラウザをインストールして10BATゲット!

スクリーンショット 2018 01 18 14 12 04

次世代ブラウザのBraveが、無料でトークンを配布しています。総額は100万ドル!20万人まで。

受け取れないときは、設定のオンオフをいじると表示されます。

サクッと10BATゲット。

スクリーンショット 2018 01 18 14 03 32

Braveは広告ブロッカーを搭載しているので、めちゃくちゃ表示が早いです。Chromeと比べるとその差は歴然。

スクリーンショット 2018 01 18 14 13 40

広告ブロッカーを搭載する代わりに、ユーザーは任意で閲覧時間に応じた寄付を行うことができます。

Decide if you want to donate to sites. There are two ways:

Set up automatic micro-donations. Brave will automatically divide a monthly donation among the top sites you visit.

And/or, you can decide which sites get what percentage of your donation. It’s called pinning.

運営サイトをBraveに登録すると、閲覧ユーザーからの寄付を受けることができます。https対応が必須なので、このブログは申請できず………無念。

BATとブロックチェーンを使った広告・決済システムも開発中。

サイトオーナーは、広告システムを使ってマネタイズすることもできるようです。寄付はたかが知れてると思うので、メインはこっちでしょうね〜。

 

Braveめちゃくちゃいい感じなんですが、普段chromeで使っているアドオンが対応していないので、まだ乗り換えは難しいですね……。chrome並の品揃えになったら最高なんですが。

スクリーンショット 2018 01 18 14 18 29

なお、Braveはモバイル版もリリースされています。iPadではこっちを使おうと思います!

スクリーンショット 2018 01 18 14 22 48

BATトークンはBinanceに上場済み。イケてるので買い増ししました。

BinanceでBATを購入する

 

ダウンロードで5ドル相当プレゼント。

次世代ブラウザの「Brave」が、ダウンロードで5ドル相当のBATトークンを配布しています。

別の記事でも書きましたが、これめっちゃいいんです。なんと、YouTubeの広告をブロックしてくれます。

関連記事:YouTuberの広告がうざい?消したいなら「Brave」ブラウザを使おう。

通信料が節約できるんで、スマホアプリ版の利用もおすすめです。ぼくも使ってますよ〜。

んで、そんなBraveが、ブラウザのダウンロードで仮想通貨をプレゼント中。

PC版をダウンロード後、「Preference」をクリック。

「Claim my gree tokens」をクリックしたら、15BATもらえました。

スクリーンショット 2018 06 11 10 56 01

1BATは25円ほど。15BATということは、375円ですね。

公式のアナウンスでは5ドル相当とのことでしたが、今日めっちゃ仮想通貨落ちてるんで許してあげてくださいw

 

サクサク動くし広告消してくれるし通信料も削減してくれるし、普通におすすめのブラウザです。

ぜひこの機会に触ってみてください。ダウンロードは以下のリンクからどうぞ!

Braveブラウザをダウンロードする

 

スポンサーリンク