未分類

【クチコミ】自動売買「トライオートFX」の始め方。成績・設定も公開中!

スポンサーリンク

こんにちは、高知の山奥で不労所得を得ているイケハヤです。

この記事では、ぼくがメイン級にすることを決意した「トライオートFX」について解説します

リアルな成績・設定を公開しているので、運用の参考にどうぞ!5〜10年スパンの長期投資で付き合っていきます。

 

自動売買FX「トライオートFX」。

FXの最終形態と謳われる「トライオートFX」。

インヴァスト証券」が提供する人気サービスのひとつです。

トライオートFXの魅力をまとめると、こんな感じ。

  • わかりやすいインターフェイスで自動売買を始められる
  • 初心者から玄人まで満足できる利便性・カスタマイズ性
  • さまざまな自動売買ロジックに対応
  • スマホアプリ対応
  • 狭いスプレッド(実質的な手数料が安い)
  • 話題の「トライオートETF」も利用できる
  • インヴァストカードを使えば、クレジットカードのポイントで投資できる

同様の自動売買サービスと比べると、ロジックも豊富で、カスタマイズの幅も広いです

スクリーンショット 2018 07 19 13 19 17

自動売買FXを研究するなら、トライオートFXがいいでしょうね。

5業者ほど触りましたが、最終的にイケハヤは「トライオートFX」と「トラリピ」の2社に絞りました。

投資の選択肢を広げたい方は、ぜひともインヴァスト証券の口座を開設し、トライオートFXを触ってみてください。

特に「積立投資とかはやってるけど、もう少しリスク取りたいな〜」という方には、インヴァスト証券の自動売買サービスはおすすめです!めっちゃ数字動くので楽しいですよ〜。

インヴァスト証券で自動売買口座を開設する

 

始め方&設定公開!

トライオートFXは設定が命!

設定次第で、リスクとリターンは大きく変わります

設定はとても簡単です。

便利なことに「自動売買セレクト」「自動売買パネル」が用意されています。

スクリーンショット 2018 07 19 13 02 35

最初はこの2つから設定を選んで、必要に応じてカスタマイズすればOKでしょう。ぼくはほとんどいじってません。

 

注意しておきたいのは「設定はなるべく分散する」ということ。

たとえば「コアレンジャー豪ドル/NZドル」は圧倒的なパフォーマンスを出していますね。62%って!w

スクリーンショット 2018 07 19 13 01 59

でも、これに予算全ツッパは怖いです

ぼくなら発注数量を最小(1k)にして、まずは様子を見ます。あとで追加発注もできますからね。

リスクとリターンは基本的に天秤になっているので、ハイリターンが狙えるということは、それだけリスクも大きくなる可能性が高いんです。

「62%!やべぇ!」と興奮して全ツッパすると、最悪ロスカット食らって退場……ということもありえます。

発注数量は極力落とし、様々な通貨ペアで運用するのが、ベストなやり方だと考えています

イケハヤは現在、以下の通貨ペアで分散的に運用しています。

  • ドル/円
  • 豪ドル/円
  • ユーロ/円
  • スイスフラン/円
  • 豪ドル/NZドル

長期で運用成績がいいものを機械的に選んでいる感じなので、設定の中身については深く考えてませんw

スクリーンショット 2018 07 28 8 36 12

なお、それぞれの設定における発注数量は35〜40k程度です

スクリーンショット 2018 07 19 13 08 12

同じくらいのロットで、もう少し通貨ペアを増やそうかな〜と思ってます。

よほど狙いがないかぎりは、トライオートFXは「分散投資」をしておくのがベターです

ハイリターンに釣られて、動きが大きい通貨に全ツッパするのはやめておきましょう。あとからでもリスクは取れますから!

 

最低予算は?

気になる最低予算は、20万円くらい用意すればOKでしょう。

もっともハイパフォーマンスな「コアレンジャー豪ドル/NZドル」を最小発注量(1k)で注文すると、推奨証拠金は13万円ほどです。

スクリーンショット 2018 07 19 13 24 59

実際にはさらに余力を用意した方がいいので、20万円あるとベストという感じですね

株式投資などより少額から始められるので、余剰資金がある方はぜひ試してみてください!

トライオートFXの口座を開設する

 

成績公開!

スクリーンショット 2018 07 19 13 51 23

ででん。成績を公開します。

スタート6ヶ月で、すでに28万円以上の決済利益が出ています。

年月 元本 有効証拠金 取引利益 証拠金率 リターン
2018/6 ¥619,170 ¥619,991 ¥14,408 539% 0.1%
2018/7 ¥1,200,000 ¥1,155,217 ¥52,270 476% -3.7%
2018/8 ¥1,700,000 ¥1,698,942 ¥74,293 659% -0.1%
2018/9 ¥2,000,000 ¥2,027,300 ¥171,719 512% 1.4%
2018/10 ¥2,000,000 ¥2,047,041 ¥214,434 543% 2.4%
2018/11 ¥2,000,000 ¥2,093,380 ¥285,976 508% 4.7%

 

相場の雲行きが怪しくなってきたので、2018年末にポジション解消してます。また始める予定なので、データは更新していきます!

自動売買FXは、はじめたばかりのうちは含み損が発生する傾向があるので、そこは覚悟してから始めましょう。イケハヤの口座は、4ヶ月目に黒字化しました。

 

トライオートFXは楽しい!

自動売買FXは、他にも「トラリピ」に手を出してます。こちらは米ドル円のみの運用。

関連記事:【クチコミ】自動売買FX「トラリピ」の設定&成績を公開。

 

トラリピと比べると、トライオートFXは決済がかなり発生します

スクリーンショット 2018 07 19 13 12 34

本質的ではないと突っ込まれそうですが、毎日約定通知が届く楽しさは、トライオートFXの面白さといえるでしょうね

寝ている間にもチャリンチャリン小銭が入ってくるのは、単純に楽しいですよw

 

インデックス投資のリスクヘッジに。

加えて、トライオートFXは「株価が下落しても儲かる可能性がある」のが魅力的ですね。

株価指数に投資する「インデックス投資」や、世界経済に投資する「ロボアドバイザー」だと、どうしても景気後退局面で大きな損失が出るんですよね。

予算のすべてをインデックス投資に回してしまうと、株価下落フェーズでは、損失が広がるばかりです

もしも予算の一部をFXに回していたら、設定次第では、むしろプラスの収益が出る可能性があるんですよね。

イケハヤはインデックス投資&ロボアドバイザー(ウェルスナビ)がメインですが、リスクヘッジのためにトライオートFXをやっている感じです。

大きな暴落が来たときに、この仮説が正しいか検証できますね……w

 

クレカポイントで投資もできる!

地味に魅力的なのが「インヴァストカード」の存在。

インヴァストカードは、ポイント還元率1.0〜1.5%と高還元なカードです。

このポイントは、同じくインヴァスト証券のサービス「マネーハッチ」上で、積立投資に利用することができます。

さらに、トライオートFXのトレード数量に応じて、ポイントが付与されます。少額ではありますが、コツコツ小銭が貯まっていくのはいいですね〜。

トライオートFXの口座を作れば、そのままカードの発行申請ができます。現在1,000円プレゼントキャンペーンも実施中なので、この機会にどぞ!

 

投資の選択肢を広げましょう。

30万円程度の予算から始められるので、「ロボアド、インデックス投資はやってるけど、退屈なんだよな〜」という方はぜひお試しあれ。

ぼくは守りの運用はしっかりやっているので、よりハイリスクな「トライオートFX」に予算をガンガン突っ込んでいこうと思ってます。

データを取りつつ、最終的に500万円くらいは回しておきたいですね〜。

トライオートFXの口座を開設する

 

これから運用を始める方は、こちらの記事も合わせてどうぞ。

関連記事:【初心者向け】100万円から始めよう。20代〜30代からの資産運用。

 

「はじめてのFX」には自動売買「トライオートFX」をおすすめする理由。

最近FXにハマってるんですが……そのことを妻にいうと「大丈夫?危なくない?」と心配されるんですよねw

これって「あるある」だと思っていて、特段の知識がない人は、非常に高い確率で「FX=危険=手を出したら破産」みたいに思い込んでる気がします。パチンコと同列というか。

「FXは怖い、危ない」と思い込んでる無知なあなたを、全力で改心させるよ!」という記事にも書いたとおり、FXは「ロスカット」の仕組みがあるので、それ自体で借金を負うことはそうそうありません。

 

ではなぜ借金になるかというと、借金をしてFXをやっているからです

借金でパチンコやるようなもんですね。もはやギャンブル中毒であり、投資家とはいえません。

これは危険なので、すぐにやめましょう。

 

インデックス投資のリスクヘッジに。

FXは実際にやってみると、リスクはコントロールしやすく、投資家目線で見ても魅力があるんです。

特に、今主流になっている「ロボアドバイザー」や「インデックス投資」のリスクヘッジになる可能性があります。

ロボアドやインデックス投資は、株が安くなると基本的に損失が発生します。

世界経済の成長が停滞すると、成績もそれに連動しがちなんですね。

が、外貨への投資、つまりFXは、必ずしも「経済低迷=損失」という図式にはなりません。

というのも、FXにおいては「相場が下落したときにも利益を出す」ということが可能なんです。

より具体的にいえば「安く買って高く売る(ロングポジション)」だけでなく、「高く売って、安く買う(ショートポジション)」というトレードができるんです。

たとえばこの注文(建玉)を見てみましょう。

スクリーンショット 2018 08 15 8 56 02

取引価格が「110.855」となっています。そして、決済を予定している価格(指値)は「110.535」です。

これは「110.855円で売って、110.535円で買う」という指示になっているんです。

今は評価損が出ていますが、もしも相場が下がって110.535円まで落ちれば、黒字で決済される予定です

これがFXの魅力で、うまくトレードの設定をしていけば、世界経済が不況に陥ったときに大きな利益を出すことができるわけですね

 

株やインデックスファンドを現物で買う場合は、こうしたポジションを取ることはできません。

現物の場合は「安く買って高く売る」以外の選択肢は、基本的にないと思っていいでしょう(ショートポジションを取りたい場合は「信用取引」をする必要があります)。

 

初めてのFXには「トライオートFX」がおすすめ。

というわけで、イケハヤは分散投資の一環として、FXにもお金を入れています。

ポートフォリオの10〜20%程度はFXにしておきたいですね。

いろいろ触ってみて、初心者におすすめなのは「トライオートFX」。

関連記事:【クチコミ】自動売買「トライオートFX」の始め方。成績・設定も公開中!

 

こちらは「自動売買」と呼ばれるサービスで、人間の意思ではなく、事前に用意されたプログラムに沿ってトレードが実行されます

 

これはFXにかぎりませんが、初心者だと判断ミスをして、損失が拡大する可能性があるんですよね。

それならいっそ、プログラムに任せてしまえばいいんです。

プログラム任せなら、損切りも自動でやってくれるし、見ていない間に勝手に利益を蓄積してくれるんです

全部自動なんで、テクニカル分析はもちろん、相場の短期予想すら不要です。初心者向きなわけですね。

トライオートFXは「過去の成績がいいトレード設定」をかんたんに採用できるんで、イケハヤは上から成績がいいものを選んで設定してます。

設定によってはリターンが50%を超えるものも。完全放置でこの成績はすごいですね……。

スクリーンショット 2018 08 15 9 17 42

トライオートFXで学び始める。

下手に初心者がトレードしても、単なるギャンブルにしかなりません。理論もへったくれもないですからね……。

初心者はトライオートFXで「FXで利益を出すための肌感覚」を習得し、そこから間口を広げていくのがいいでしょう。

ぼくもトライオートFXで学び始め、今は「豪ドルスワップ投資」にも手を出しています。トルコリラの裁量トレードでも遊んでますよ。

ちなみに、トライオートFXは自動売買だけでなく、マニュアルのトレードにも対応しています。

スクリーンショット 2018 08 15 9 27 44

スプレッドも狭いですし、とりあえずここで口座作っておけば、一通り遊べるのも魅力ですね。

トライオートFXの口座を開設する

 

自動売買なら「時間を分散」してくれる。

もう一点。

なぜトライオートFXがおすすめなのかというと、投資のタイミングが分散されるから

初心者にありがちなのは、予算を一気に投下してしまうんですよ

これはかなり危険で「買った直後に大幅下落してロスカット」みたいなことがありえるんですよね……。

トライオートFXは、原則的に「投資タイミングが分散される」仕組みになっています。

これは実際の注文リストです。

NewImage

赤枠で囲っているところが「注文が行使される価格」です。見ての通り、少しずつ価格がズレてますよね

一気に注文が決済されるのではなく、相場の変動に応じて、じわじわと決済されるようになっているわけです。

というわけで、トライオートFXの設定なら「一気に予算ぶちこんで、相場急変でいきなりロスカット……」ということは避けやすいといえます。

じわじわ注文が増えるので初期は退屈なんですが、リスクを抑えるというのはそういうことなので、のんびり眺めましょう。

トライオートFXの口座を開設する

 

FXは怖くない。

こればかりはやってみてもらわないと伝わらないんですが、トライオートFXの自動売買を、推奨証拠金で実践する範囲においては、そこまで大きなリスクはありません

もちろん相場急変時にはロスカットを避けるために、追加入金をして対応する必要が出てきたりもします。

なので、リスクを避けたいなら余剰の現金を常に用意しておきましょう。

 

また、リスクが小さいということは、それだけリターンも小さいということでもあります。

設定と相場次第ではありますが、トライオートFXの期待リターンは「年率5〜10%」程度を想定しています

1,000万円が1年で1,050〜1,100万円になる程度ですね。

少なくとも、自動売買は「1年で10倍になる」ことはありえません。

 

とはいえ、資産運用の選択肢として考えると「年率5〜10%のリターン」が期待できるとしたら、むしろ破格の成績です。ちょっと詐欺を疑うレベルw

やってみればここらへんの感覚がつかめると思うので、まずは口座を開設して、人気の設定を導入してみてください。

ちなみに、記事執筆時点でもっとも成績のいい「コアレンジャー豪ドル/NZドル」は、最低13万円程度から動かせます。

8d630757

20万円くらい用意して始めれば、そうそうロスカットされることはないでしょう。余剰資金でぜひ遊んでみてください!

トライオートFXの口座を開設する

 

FXはポートフォリオの一部。

とはいえ、FXに全ツッパはちょっと怖いです。

イケハヤの場合はロボアドバイザー「ウェルスナビ」やインデックス投資をメインにしています。

これから始める方は、合わせてこちらもどうぞ!

関連記事:【初心者向け】100万円から始めよう。20代〜30代からの資産運用。

 

スポンサーリンク