未分類

ブロックチェーンは「イーサリアム」が最強な理由。

スポンサーリンク
スクリーンショット 2018 05 30 15 08 39

ブロックチェーンインフラとしては、主要どころで以下の銘柄があります。

  • イーサリアム
  • NEM
  • WAVES
  • NEO
  • Zilliqa
  • VeChain
  • ICON
  • Ontology
  • Qtum
  • Aeternity
  • Lisk
  • EOS
  • Cardano
  • TRON

未リリースのものも含めると、まだまだあります。

イーサリアムのサイドチェーンソリューションである「POA」や「Loom」も、インフラ系といえはインフラ系。

 

こうしたインフラを使って何をするかといえば、主要なところでは「トークンの発行」と「アプリの開発」です。

トークンの発行に関しては、すでにイーサリアムが圧倒的です。

NEOとQtumも頑張っていますが、現状は「トークンを作るならイーサリアム」という状態ですね。

トークンを取引する「分散型取引所(DEX)」も、圧倒的にイーサリアムが進んでいます。RadarRelay、KytberBancorなど、

 

ブロックチェーンを使ったアプリの開発に関しては、まだ後発も努力の余地があります。

特に、イーサリアムのメインチェーンは速度が遅く、コストも高いので「うちで作ればもっと高性能だよ!」という勧誘ができるんですよね。

とはいえ、やはりイーサリアムは開発者も多く、関連するプロジェクトの数も圧倒的です。

現行のイーサリアムの課題を解決する動きも加速しているので、結局のところ、競合とは差別化が難しくなりそうすね……。

イーサリアムで作っておけば、とりあえず間違いはないわけで。

 

イーサリアムの利用者が増えれば、それだけトークンの流動性も高まり、アプリの利便性も高まっていきます。

ネットワークが混雑することは課題ですが、そこに関しても、着々とソリューション策は開発されています。

 

ネットワーク効果が強烈であることを考えると、当面はイーサリアムが独占的になると見られます。

今は価格が落ちてますが、これは買い増しどきだと思うんですよね……。イケハヤは毎日1万円、ETHを買ってます。

 

ガシガシ利用されるイーサリアム。

ETHのトランザクション数、ぐいぐい増えてますね

スクリーンショット 2018 05 06 11 42 24

実需としてはICOとDEXが多いんでしょうかね?

ゲーム系のdappsがどれだけ伸びてくるかに注目したいところ。2018年はdapps普及の下地が整う一年になると見ています。

 

ブロックチェーンの実用化については、イーサリアムが頭一つ抜けている感じですね〜。

イケハヤはETHに全力ベットしているので、価格上昇が嬉しい今日このごろです。1ヶ月で2倍!

スクリーンショット 2018 05 06 11 49 36

ETHを買うならZaifの積立がおすすめ。放置プレーで、毎日一定金額を買い続けてくれます。

ZaifでETHを積立投資する

スポンサーリンク