未分類

オフグリッド生活のため、家庭用蓄電池+ソーラーパネルの見積もりを取ってみたよ。

スポンサーリンク

スクリーンショット 2018 05 28 13 29 57

苦悩してます。

家庭用蓄電池+ソーラーパネルでの暮らし。

04e5ec84

イケハヤランドは非電化地域。

関連記事:【地方移住】田舎の土地(2,500坪)を買って家を建てるまでの全記録。

電線を引くこともできますが、なんか癪なんで電柱建てたくないんですよね〜。いわゆるオフグリッドでやりたいんですよ!

というわけで、オフグリッド生活の実現性について、まじめに考えてみました。

必要電力を考える。

まず、わが家の消費電力を考えてみます。

常時電気を使うのはここらへん。

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 照明
  • 扇風機
  • 浄化槽エアポンプ
  • 食洗機

エアコンは不要な地域なので、扇風機で行きます。

それぞれの「1日あたり消費電力」は、こんな感じ。概算です。

  • 冷蔵庫:0.8kW
  • 洗濯機:0.2kW
  • 照明:0.8kW
  • 扇風機:0.6kW
  • 浄化槽エアポンプ:0.5kW
  • 食洗機:ガス方式が見当たらず。

食洗機、電気乾燥モデルしか見当たりませんでした……。

消費電力ハンパないので、電気で熱を出すのは除外です。ガスで乾燥するモデルをご存知であれば、情報ください。

こまごまとした家電類は、適当なパネルとバッテリーで動かすので除外です。

家に転がってるポータブルバッテリーとパネルでなんとかします。

これとか超優秀で、1台あればスマホや小型家電の電力は余裕でまかなえます。

そんなわけで、1日あたりの消費電力は、ざっくり1日あたり2.5〜3.0kWくらいになりそう。

いくら掛かる?

さて、1日2.5〜3.0kWの電力を賄うためには、どんなシステムが必要でしょう。

いろいろ調べてみると、ミニマムだとこのくらいあれば、なんとか生活できそう。

  • ソーラーパネル1,500W
  • バッテリー:8kWh

よくを言えばパネルは2kW、バッテリーは10kWhは蓄電できるといいんですけどね。まぁ、足りなければ増設する感じでいきましょう。

さて、このセットに近いもので見積もりを取ってみました。まずは「蓄電システム.com」。

スクリーンショット 2018 05 28 13 13 16

ふむふむ。

パネル1,350W、バッテリー容量6,144Wh、3,000Wまで出力できる正弦波インバーターで、124万円。設置は自分でやる必要がありますが、現実的な価格。

38万円ほど追加で出すと、パネル200W、バッテリー2,048Wh、1,500Wインバーターの別セットも購入できます。こいつがあれば浄化槽は余裕で動かせそう。

スクリーンショット 2018 05 28 13 17 35

上位モデルもありまして、こちらはパネル450W、バッテリー4,096Wh、1,500Wインバーター。70万円なり。

スクリーンショット 2018 05 28 13 37 09

200万円あればミニマムなオフグリッド化は可能。

つまるところ、自作ベースで考えると、ざっくり200万円見ておけばオフグリッド生活は可能という感じになりますね

今回選んでいるのはリチウムイオンバッテリーなので、ランニングコストも安いです。

鉛バッテリーにすれば安くなりますが、耐用年数が短くなるんで微妙です。

リチウムイオンバッテリーは10年くらい耐用年数あるそうなので、10年後に高性能なバッテリーに買い換えるとよさそうですね。

家庭用バッテリーは高すぎ。

余談ですが、オフグリッド環境で使える家庭用バッテリーの見積もりを取ったところ、めちゃくちゃな値段でした。800万ってw

スクリーンショット 2018 05 28 13 12 09

テスラの家庭用蓄電池がスペック的には最強なんですが、残念ながら、予約金を払ったのにちっとも音沙汰ないです。

これが手に入れば解決なんだけどなぁ……。

スクリーンショット 2018 05 28 13 19 59

この分野は急速に発展しているので、今の時点で巨額を投資するのは賢くないでしょうね。

まずはミニマムなシステムで始めて、徐々に高性能・大容量化していく方向で考えます!

スポンサーリンク