未分類

ブロックチェーンゲーム市場、着々と進化中。

スポンサーリンク
スクリーンショット 2018 05 19 6 10 34

「ゲームにブロックチェーンを使うと、何が面白いの?」

……という疑問への答えが、少しずつ見えてくると思います。

ひとつの答えをいうと、データをブロックチェーンに乗せることで、キャラクターやアイテムをユーザーが所有することができるんです

通常のゲームは、厳密な意味でユーザーに所有権はありません。運営がいつでもデータを取り上げることができるし、なんなら改ざんすることもできます。

が、ブロックチェーンに乗っているデータは、改ざんが実質的に不可能です。

ぼくのインカミたちは、誰にも奪われず、それでいて自由に譲渡・売買できるわけですね。0.25ETHで売りますよ!

スクリーンショット 2018 05 19 6 13 07

ゲームデータがブロックチェーン上のアセットになることで、今までのゲームとはまったく違ったエコシステムが形成される可能性があるわけです。ここにワクワクしない人とは友だちになれません!

 

とはいえ、やっぱりまだ「早すぎる」んですよね。

実際にユーザーとして楽しめるゲームタイトルは……ほとんどありませんw そもそもgas代が掛かるんで、富裕層向けです。

ブロックチェーン技術が進歩していけば、ゲームとしての遊びやすさは改善されていきます。

特に、サイドチェーンのLoomには期待ですね。今年いくつかゲームが出てくるようです。

スクリーンショット 2018 05 19 6 16 32

技術トレンドを追う意味でも、ブロックチェーンゲームを触ってみるのはとてもおすすめ。

将来性と遊びやすさでいうと、イーサエモンがやっぱりいいでしょうかね。まだまだしょぼいですが、未来を妄想しながら遊んでみてください!

 

ブロックチェーンゲームの可能性と課題について。

ブロックチェーンゲームに関する現状の課題を整理すると……。

  • そもそもブロックチェーン自体が未発達で、処理速度が遅く、トランザクションコストが高い
  • 異なるブロックチェーン同士を連携する技術(クロスチェーン)も未実用化
  • トークンの流動性を支える「DEX」も発展途上
  • アプリを発見するためのマーケットプレイスが存在しない
  • 日本の場合、「仮想通貨同士の交換は利確」という税制にも大きな課題
  • ウォレットへの入金が必要である点など、ユーザビリティが劣悪
  • 現在リリースされているものは、いずれもゲームとしての完成度が低い

なんてところでしょうね。

こういった問題が解決するのは、やっぱり2020年頃だと思われます。

通常のアプリと変わらないdappsが出てくるのは、2021〜2022年くらいでしょうか。そのくらい先の話です、これは。

だから、今の時点で「ダメだ」と判断するのはお門違いなんですよ。ブロックチェーンゲームが出始めたの、2ヶ月前ですからねw どんだけ見切りが早いんだとw

 

未熟で未発達なものに対して、やさしい目を向けられる人でありたいですね。

んでもって、周りにもそういう人を増やしたい。

課題があることなんてわかりきってるので、そこをツッコまれてもなぁ……という感じなんですよね。

 

ブロックチェーンゲームのリスト。

箇条書きでいきます。未リリースのものも多いので、各自チェックしてみてください!

他にも「CryptoCountries」「CryptoCeleblities」といった「Collectibles(蒐集ゲーム)」が大量にありますが、ゲームとして面白くないのでスルーしてます。

残念ながら日本発のゲームは、まだ見当たらない状況。この分野こそ、日本人がやるべきだと思いますけどね〜!DeNA、GREEあたりぜひがんばってほしいです。

ゲームとして面白いものは……まだありません。イーサエモンがギリギリ楽しめるかな?という程度。BitPetももうすぐレース機能が出てくるんで、それは楽しいかも。

このフェーズでガチで作り込んだら、市場ごっそり取れるんじゃないかなぁ。誰か一緒に作りましょ!

 

情報収集ではキヨスイサロンがおすすめです。

非常に有益な情報が淡々と流れてきます。サロンも盛り上がってますね〜。

 

スポンサーリンク