未分類

「時給のいい副業」を探してはいけない。副業に失敗するパターンまとめ。

スポンサーリンク

スクリーンショット 2018 05 07 14 09 12

副業の教科書」を発売したところ、めっちゃ売れてます。

副業ブームが来ているようなので、こういう人は失敗するよね、というケースをまとめていこうと思います!


本業がブラック。

身も蓋もないですが、本業がブラック企業な人は、絶対に副業に成功しません

「毎日深夜まで働いて、土日で副業」とかマジで過労で死ぬんで、間違ってもやらないように……。

副業を成功させるのは、そんなに簡単じゃないんです。ブラック企業でエネルギー吸い取られた瀕死状態の人は、一瞬で退場ですって。HP残ってないじゃん……。

まずはブラック労働から脱出することです。それなくして、副業の成功はありえません。

違法残業はびこるブラック企業に勤めつづけても、何もいいことありませんよ。まずはさっさと会社をやめましょう。

関連記事:20代、未経験OK。「第二新卒」向けのおすすめ転職サイトまとめ


時給労働を探している。

副業でアルバイトをしようとしているそこのあなた!

そりゃあダメですよ。時給労働してどうするんですかw

副業で時給労働するくらいなら、本業で残業代もらった方が、まだ合理的なんじゃないでしょうかね……。


副業の教科書」でも書いてますが、副業の真のゴールは「自分の事業資産を作ること」です。

商品を作って、売れということです。

もちろん簡単ではないですよ。最初から売れるわけがないじゃないですか。

でも、コツコツと努力を続けて、事業資産を構築すれば、勝手にお金が生まれるようになるんです。


このブログも、もともとは副業で始めたものです

スタートして9年。今や毎年5,000万〜1億円の収入をもたらす資産になりました。

時給労働は、いつまで経ってもラクにならないんです。

労働すればお金は手に入りますが、労働をやめたら、お金が入ってこなくなるわけです。いつまで働くつもりなんですか?

せっかく副業なんだから、自分の事業を作りましょうよ。最初は儲かりませんが、副業なら大丈夫ですよね。


「いい時給の副業ないかな〜」とか探している人は、そもそも入り口が間違ってます。

それじゃあ、いつまで経っても労働する羽目になりますよ。

適切に努力して、事業資産を構築しましょう。難しい話ではありません。


労働集約型のビジネスを選んでしまう。

サラリーマンの副業としてなぜか人気の「せどり(転売)」ですが、あれはおすすめしません。

なぜかといえば、労働集約型のビジネスだからです

「せどり」は、よほどうまく事業を作り込まないかぎり、いつまで経っても労働から開放されません。

Amazon怒りの鉄拳で事業がパーになる……という恐れもあります。


クラウドワークスなどで人気のライティング案件も……正直そこまでおすすめしません。

転売ビジネスに比べると、リスクが小さく利益率がいいので、最初の副業にはいいんですが。やっぱり労働集約型なんですよね。


副業を選ぶときは「がんばればがんばるほど楽になる」事業モデルを持ったビジネスを選びましょう。

そういった事業は、えてして最初は儲からないのですが、それを乗り越えれば自動的に収入が発生するようになります。


他人の商品を売ろうとしている。

頭がいい詐欺師は、ここらへんよくわかってるんですよ。

時給労働から事業家になりましょう!わたしたちが、最高の売り物を用意しました!あなたはこの商品を営業して売るだけ!それだけで権利収入が手に入ります!初期費用は50万円!

……みたいな。

こういうのに引っかかっちゃだめですよ〜。

結局胴元しか儲かりませんし、がんばった売ったところで、あなたの資産にはなりません。結局それって、労働者ですよ。報酬体系が違うだけで。


副業ブームに乗じて、この種の詐欺は横行すると見ています。

詐欺を避けるのは、とても簡単です。

「他人が用意した商品を売らない」こと。


副業においては、あなたが商品/サービスを作り出しましょう。

その努力をしたくない気持ちはわかりますが、それじゃあ、いつまで経っても搾取される労働者側ですよ。


副業を始めるために、セミナーや起業塾に通う。

副業を始めるために、セミナーや塾に通う人は…………カモです!! グワッグワッ!!

ぼくら事業家からすると、こういうセミナーは不要です。

参加するとしても、まず自分で何かビジネスを始めてからにするべきでしょう。

何の経験も知識もない状態で参加すると、カモられて終わります。

副業なんて、今すぐやればいいんですよ。深く考える必要はなし。

初期費用ゼロでできるビジネスはゴロゴロしているんで、とりあえずやってみましょう

まず、自分で手を動かしてみてから。話はそれからです。


副業を実践し、ラクにお金を稼げるようになろう。

副業をする上で最大のポイントは「事業資産を作ること」です。

言い換えれば「ラクにお金を稼げるようになることを目指せ」ということです。

ぼくはそういう意識で事業を作ってきたので、今はだいぶラクに稼げるようになりました。

最近は電子書籍がよく売れていて、毎日20〜30万円の売上が発生しています。

スクリーンショット 2018 05 07 14 26 20


最初は儲からなくて大変ですが、それを乗り越えれば、甘美な果実がザクザクと実ります。

みなさんが自身の事業資産を作り上げ、ラクにお金を稼げるようになることを、遠く高知からお祈りしております。


この種の話を詳しく読みたければ、ぜひ「副業の教科書」をお買い求めください(2,980円)。質問コーナーも用意しております。

副業の教科書を買う


補論)お金にお金を稼いでもらうのも大切。

副業と並行して、資産運用にも力を入れるのをおすすめします

だいたい運用元本が5,000万円くらいあると、年間200〜300万円の不労所得が期待できます。会社をクビになっても大丈夫ですよね。

今の時代は「副業をがんばって収入を増やし、余ったお金はは資産運用に突っ込んで、労働卒業を目指す」のが賢いアプローチだと思います。

資産運用については「マネーの教科書」の立ち読み部分で書いているので、こちらをどうぞ。

マネーの教科書を読む


スポンサーリンク