おすすめアプリ、ウェブサービス

未来のスタンダード!「DEX(分散型取引所)」のメリット・デメリットを徹底解説。

スポンサーリンク

スクリーンショット 2018 01 27 13 25 33

coincheckがハッキング被害に遭ったので、初心者に「DEX」の解説を書きます。


取引所は危険!ウォレットを使おう。

再三書いているように、取引所に資金を置いてくのは危険です

これはcoincheckに限らない話で、どんなケースにおいても、取引所に資産を放置するべきではありません。

とはいえ……取引所から完全に資産を退避させるのも、それはそれで難しいし、何より面倒なんですよね

リップルなんかは公式のウォレットが存在しないので、coincheckに置きっぱなしになっていた人も多いはず。

ぼくはLedger nanoに避難させていたので大丈夫でしたが、Ledgerは1.5万円くらいしますからねぇ。

関連記事:ハードウェアウォレット「Trezor」と「Ledger Nano」を比較!


取引所は危険なので、自分でウォレットを用意して、資産はそちらで管理しましょう

ちなみに、イケハヤはこんな感じで管理しています。

  • Trezor:BTC, ETH, BCH
  • Ledger:XRP
  • MyEtherWallet:ETH, ERC20トークン
  • nano Wallet:XEM
  • Neon Wallet:NEO, GAS
  • WAVES Wallet:Waves
  • Electrum Mona:MONA
  • XP Wallet:XP

上記は一例で、まだまだウォレットはありますw ぶっちゃけ……保有通貨が多いと管理が面倒ですが、取引所に置いておくより断然マシです。

ウォレットは基本的に各通貨の公式的なものが用意されています。

もっとも使われているのは「MyEtherWallet(MEW)」ですかね

イーサリアム以外にも、Augur(REP)、TRON(TRX)、Binance Coin(BNB)などなどの「ERC20」規格のトークンを格納できます。まずはMEWから使ってみてください。

関連記事:トークンセールの必需品!「MyEtherWallet」の使い方と注意点。


なお、ウォレットを使う場合、秘密鍵やパスフレーズを紛失すると、誰にもどうしようもなくなります

少し前にビットコインを買った人のなかには、資産が凍結状態にある人がけっこういるみたい……。


GOX(破綻)リスクを承知で、便利な中央集権型の取引所を使うか。

GOXは嫌だから、秘密鍵を自分で管理するウォレットを使うか。

ほとんどの人は前者のようですが、資産規模が大きいと、万が一のときに悲惨なことになります……。


DEXは、ウォレットから直接売買できる。

さて、前置きが長くなりましたが、本題はDEXですね。

DEXとは何かというと、「資産を取引所に預けることなく、ウォレットから直接トレードできる仕組み」です。分散型取引所(decentralized exchange)なので、DEXと呼ばれます。

イメージ的にいうと、これが普通の取引所。今回の騒動でいうと、coincheckは真ん中のビルです。ここが狙われると終わりなわけです。

7d48fb84

こちらがDEX。ユーザー同士のウォレットとウォレットをつないで売買を成立させます。こういうことができるんですよ!

A31e047c

DEXは中央に資産を預けないので、そもそも巨額のハッキング自体が起こりえません。

大規模盗難が起きたら、それはDEXじゃないですねw


もちろん各ユーザーのウォレットが狙われることはあるので、そこは十分に注意が必要です。

特に秘密鍵を盗む「フィッシング詐欺」は多いので、超絶注意が必要です……。

フィッシング詐欺は、DEX利用時における最大の注意点ともいえるでしょう。これはまぁ中央集権型の取引所でも同じはありますが……。


DEXを使ってみよう!

こればかりは使ってみるのが一番です。

DEXは現在、イーサリアム系の通貨がもっともよく対応しています。すでに動いているのはここらへん。

  • EtherDelta
  • Bancor protocol
  • IDEX
  • Radar Relay
  • ERC dEX
  • DDEX
  • Bancorは厳密にいうとDEXではないんですが、ウォレットから直接交換できるので含めてます。

    関連記事:Bancorが革命すぎる!実際に使ってみたよ!


    今回は「IDEX」を使ってみましょう。今かなり勢いよく伸びているDEXです。使い勝手も非常にいいですね。

    スクリーンショット 2018 01 27 13 01 23

    MyEtherWalletやMetamaskを入れてない方は「New Wallet」をクリック。すでにMEWやMetamaskを使っている方は、ここ飛ばしてください。

    スクリーンショット 2018 01 27 13 01 45

    パスワードを入力します。

    スクリーンショット 2018 01 27 13 02 31

    「Keystore File」をダウンロードし、次に進みます。

    スクリーンショット 2018 01 27 13 02 55

    ここに表示されているものが「秘密鍵」です。これを無くしたら一貫の終わり。しっかり保管しましょう。

    スクリーンショット 2018 01 27 13 03 33

    秘密鍵とKeystoreファイルを保存したら、画面右上「UNLOCK WALLET」をクリック。

    先ほどの秘密鍵を入力すると、もう利用できます!

    スクリーンショット 2018 01 27 13 05 31

    とはいえ、新規で作った場合は当然ウォレットの中身はないので、ここにETHなどを入金する必要があります。

    アドレスは右上から取得できます。「0x5af84〜〜」というあたりをクリックすると、クリップボードに自動的にコピーされます。

    スクリーンショット 2018 01 27 13 06 49

    このアドレスに対してETHなどを送金すれば、すぐにトレードできるようになります

    取引は通常の取引所と同様です。ほしい通貨を選択して、値段と数量を入力しましょう。DEXはマイナーな通貨も多いので、漁るの楽しいですよ〜。

    スクリーンショット 2018 01 27 13 27 35

    トランザクション手数料が高い可能性があるので、よく注意する必要があります。イーサリアムが混んでると高いですね……。


    DEXに日本円は入金できないので、ETHがない場合は、Zaifなどを通じて「日本円→ETH」の交換を行う必要があります。

    IDEXで作ったイーサリアムウォレットは、MyEtherWalletや「Metamask」とも互換性があります。試しに先ほどの秘密鍵を使ってログインしてみてください。

    スクリーンショット 2018 01 27 13 11 03


    ウォレットは別のサービスでも利用可能。

    イーサリアムウォレットはそれ自体が共通の仕組みなので、IDEXで作ったウォレットは、RaderRelayERC dEXなどのDEXでも利用できます

    DEXにとどまらず「CryptoKitties」「MyWish」などなどのdAppsにも使えます。これがイーサリアム経済圏!

    スクリーンショット 2018 01 27 13 23 10


    DEXのメリット、デメリット。

    最後にDEXのメリットとデメリットを整理します。


    【メリット】

    • そもそも資産を預けないので、大規模な盗難や資産凍結が起こりえない
    • 秘密鍵を自分で管理するので、ハッキングリスクが低い
    • 本人確認不要、すぐに取引できる
    • 圧倒的な取扱通貨数
    • ウォレットはその他のサービスでも利用できる(特にイーサリアム)


    【デメリット】

    • 秘密鍵なくしたら終わり。誰も助けられません
    • 日本円を入金したり、日本円に換金することができない
    • 日本語対応しているDEXが少ない
    • トランザクション手数料、利用手数料が高め
    • 動作が重かったり、不安定だったりする


    2018年1月時点では、正直かなり「人を選ぶ」ツールです。

    初心者がいきなり使い始めるのは難しいかもですね……。そもそも手数料高いので、短期で回転売買するような人には向いてません。


    2018年はDEX元年。

    しかしながら!

    DEXは2018年に、大きく開発が進むと見られます。この1ヶ月でも圧倒的に改善されてますからねぇ。

    具体的にいうと、

    • 多言語対応
    • 銘柄数の増加
    • 使い勝手の向上
    • 処理スピードの向上
    • 手数料の低下
    • ハードウェアウォレットとの連携

    なんて感じで改善されていくと思われます。2019年にはかなり実用的になってるんじゃないかな……。


    ちょっとマニアックな話ですが、法定通貨ペッグの仮想通貨が普及すると、もはやDEXだけで完結するようになります。

    IDEXなんかもUSDと同じ価値を持つ「DAI」をペアとして用意していますね。

    DAIはBancorプロトコルに乗っているので、DAIをウォレットに入れておけば自動的にUSD感覚で各種サービスに支払いできる……なんて未来も見えます。

    スクリーンショット 2018 01 27 14 04 16


    そんなわけで2020年頃には中央集権型の取引所はだいぶ存在感がなくなっているんじゃないかな、と見ています。

    中央集権型の取引所は、今とはまた違う存在意義を担うようになるんでしょうね。

    すごい口悪くいえば、「DEX使えない情弱向けサービス」になっていくんじゃないかと。

    もちろん、disではないです。それはそれで存在価値あるし、大きなマーケットでしょうからね。うまく使い分けられていくのでしょう。


    DEX関連銘柄にも投資中。

    イケハヤはDEX大好きなので、DEX系のトークンにも多数投資をしています。銘柄だとここらへん。

    • Bancor(BNT)
    • Bitshares(BTS)
    • WAVES
    • 0x(ZRX)
    • KyberNetwork(KNC)
    • AirSwap(AST)
    • Komodo(KMD)
    • IDEX(AURA)
    • BridgeCoin(BCO)

    ……あたりかな?もうよくわかってない……w

    直近だとNEOのDEXができそうなんで、そちらもICOで投資予定。

    DEXも動きが早いのでなんとも難しいですが、全体としては成長していくので、割りと盤石な投資先になるんじゃないかと期待してます。

    今回のcoincheck騒動でも、DEX系は価格が上がってますね。

    スクリーンショット 2018 01 27 13 49 47

    おすすめ銘柄まとめも合わせてどうぞ〜!

    関連記事:【2018年版】イケハヤが選ぶ、仮想通貨おすすめ銘柄ランキング!


    スポンサーリンク