未分類

行動することでしか、常識はアップデートされない。

スポンサーリンク

「今あれはひどいことになっているから、あのとき行動しなくてよかった」という学びは危険。

スクリーンショット 2018 01 02 19 09 17

たとえば2018年、仮想通貨が暴落したとします。

「仮想通貨を買いたかったけど、怪しいし手を出してなかった」という人は、

「あー!やっぱり手を出さなくてよかった!」

と安堵するわけですね。

そして、

イケハヤみたいなゴミカスが煽ってるものはやっぱり実社会には価値がないんだ!ざまぁwwww

みたいな感じで爽快感を得るわけです。

 

この学習は怖いんですよね。

こうした学習をした彼は、新しいもの対して、反射的に「これはどうせ危ないものだ。少なくとも今は手を出すべきではない」と認識するようになります。

それによって目先のリスクは回避できますが、このスタンスだと、巨大な環境変化には対応できませんよね。

 

上記の例でいえば、「2018年の暴落は短期的なもので、2019年には仮想通貨市場は大回復、そして2020年には日本円が本格的にオワコン化し、ジンバブエドル並になる」というストーリーだってありえるわけです。

2020年になって、彼は「やっぱり手を出さなくてよかった!」とはいえないでしょう。

自分の過ちを認めたくないけれど、仮想通貨の時代が来ているのは明らかなので、イケハヤを憎みながら給料をビットコインでもらうわけです。サラリーマンとは、かくも悲しい生き物……。

 

ビビって行動しない人は未来を掴めませんし、そもそもそんな人生つまらないですよ。

失敗するのが怖いんでしょう?他人に迷惑をかけるのが怖いんでしょう?結局のところ。こんまいことにこだわってますねぇ……。

ぼくは2018年もどんどん動いてどんどん失敗して、どんどん他人に迷惑をかけます。

その結果、大きく成功したら、そのぶん世の中を面白くします。

それでいいんじゃないですかね。「行動しない理由」を強化すると、老害になっていきますよ。

 

スクリーンショット 2018 01 01 10 48 41

机の上でもんもんと考えているだけでは、何もわからないんです。

だって、やってみないとわからないんですからw

別に意識が高い系の発言とかではなく、ほんとうに、やってみないとわからなくないですか?

「行動してから考える」というのは、当たり前のことだと思うのですが……。

多くの人は、「考えてから行動する」のが当たり前だと思いこんでいるみたいです。

行動する前に考えたことなんて、だいたいトンチンカンなんですけどね……。ぼくですら外しまくりですよw。

 

行動すれば、社会の変化をキャッチし、常識をアップデートすることができます。

頭でいくら考えてもこればかりはダメ。

行動しないと思考の範囲に限界が出てきますから。仮想通貨を買っていない人が、仮想通貨の未来について考えることができるわけないですよね

 

というわけで、2018年もバシバシ行動して、バシバシ失敗します。

やってみないとわからないので、まずはやってみます。ほんと、話はそれからですね。

 

ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本

 

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中

 

 

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨に1,000万投資!

2. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

 

今日も元気にツイート中。


スポンサーリンク