未分類

2018年は「ICOなし」の銘柄立ち上げが続出すると思う。

スポンサーリンク

スクリーンショット 2017 12 26 14 17 23

ICOはオワコン!……とまではいいませんが。


ICOは課題が多い。

日本国内でICOをやろうとすると、それはもう面倒なんです。

突貫してやるのもありですが、あとで返金しろとか言われかねないですからねぇ……。

課題はここらへん。

  • 「仮想通貨交換業」に当たる可能性がある。無登録でICOやるのは違法?
  • 設計によっては、その他の法律にも引っかかる。
  • トークン販売は「売上」になるので税率が厳しすぎる。
  • やり方や金額によっては訴訟リスクもある。
  • 今はよくても、あとで金融庁から刺される可能性あり。

……なんて感じ。ハイリスクなのは間違いないですね。だからこそやるべきだとも思いますが……。

ですが!

ICOというのは、新規銘柄の立ち上げの選択肢のひとつにすぎないんですよ。

だって、考えてもみてください。

ビットコインってICOしてないじゃないですか!

モナコインも「ICOなし」ですね。別にICOなんてのは、やらなくてもいいんです。

ICOの目的は「資金調達」と「経済圏を作りだす」ことですよね。

その限りにおいては、別にICOをする必要性はありません。

……となると、どのような方法が考えられるのか?

それは有料商材「仮想通貨長者輩出プログラム」にてお楽しみください。お値段は今だけ1BTC!

<リンクをクリック>


……というのはもちろん冗談で、ぼくもいろいろ思考を巡らせている段階です。

ICOを検討中の方など、ぜひ一緒にディスカッションしましょう〜。ツイッターで連絡お待ちしてます。


スポンサーリンク