未分類

NEMコミュニティに見る「組織とインセンティブ」の未来。

スポンサーリンク

小さいけど未来的な事例。

NEMアプリ開発者に、有志コミュニティが寄付。

順を追って説明すると……。

NEMのコミュニティ活動に初期から関わっている方々が「NEM UDON FOUNDATION」というゆるい財団を作りました。

スクリーンショット 2017 12 07 14 08 23

アドレスを見ると、2016年末に始動したようですね。財団には現在500万円ほどの残高があります。

スクリーンショット 2017 12 07 14 09 53

こういう情報が誰でも見れるのが、ブロックチェーンのすばらしさ!

「マルチシグ(複数署名)」の機能を使っているので、誰かが勝手に引き出すことはできません。

NEMは最近コミュニティが活発で、渋谷に「nem bar」というバーができたり、トークンやアプリを作る人も増えています。バーはすごい!

直近では、NEMブロックチェーンの「メッセージ機能」を掲示板にした「SNEM」というアプリケーションがリリースされました。

これ超面白いです。別に解説を書いたのでどうぞ。

んで、この掲示板アプリに対して、冒頭の財団が約30万円分のXEMを寄付しました。

この出金ですね。ブロックチェーン辿れるので、透明性抜群です。

スクリーンショット 2017 12 07 14 14 57

組織とインセンティブの未来。

財団を運営しているのは、あくまで有志。

何のために寄付をするのかといえば、それは「NEMコミュニティを活性化させる」ため。

NEMがこうして浸透していけば、割安な初期のうちにXEMを購入した彼らは、値上がりによる経済的利益を得ることができるわけですね!

これってすごいことだと思うんですよ。

前提としては、NEMというブロックチェーンインフラと、XEMという仮想通貨があるだけですよ。

NEMに可能性を感じたユーザーたちが、誰に頼まれるわけでもなく財団を作り、自分たちのメリットも考慮した上で、コミュニティのために寄付を行う。

そして、ぼく自身もNEM信者として、こういう活動をブログで紹介する。

NEMにさらなる注目が集まり、コミュニティメンバーも増え、価格も上昇しやすくなる。

その結果、みんなハッピー!

こういうコミュニティのあり方は、めちゃくちゃ未来だと思うのです。

もちろんあなただって、いつでもNEMコミュニティに参画できるんですよ。

ZaifでXEM買いましょう。そんでtipnemとかで配ってみましょう。あなたも立派なNEMberです!

一見すると小さな事例ですが、こうした組織とインセンティブの設計は、21世紀のスタンダードになりそうですね。

こういうところにも、仮想通貨の面白さはあるんです。

これはXEMに限らない話なので、あなたが可能性を感じる銘柄にぜひコミットしてみてください!

関連記事:【ランキング】おすすめのビットコイン(仮想通貨)取引所を比較!

ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨に1,000万投資!

2. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

今日も元気にツイート中。


スポンサーリンク