未分類

「人手不足で倒産する」ような企業は、さっさと潰れるべし。

スポンサーリンク

スクリーンショット 2017 11 17 19 41 28

 人手不足で企業の経営が回らなくなり倒産が増える中、日本商工会議所は、政府に外国人の就労受け入れ拡大の検討を求めることを決めた。

 日商の調査では、会員の中小企業のうち6割が人手不足としている。そのため、政府に外国人の就労条件見直しを求める意見書を提出する。

 現在、日本では、外国人の就労は原則、専門的・技術的分野などに限定し、大卒や10年以上の実務経験などを条件としている。しかし、日商は条件が厳しすぎるとしている。

 また、建設現場や運送などを念頭に、今は認められていない単純労働の分野の受け入れも検討を求めている。

 一方で、外国人の就労条件をゆるめることは治安の面などから反対の声もあり、受け入れの基準をどうするのか議論を呼びそうだ。

ぼくも会社経営してますが……「人手不足で企業の経営が回らなくなり倒産」とかマジで末期だと思いますけどね……。

人件費が出せず人が集まらない。人が集まらないから事業が回らない。

それほどまでにその事業は収益性も魅力もないわけですから、ほんと、さっさと潰れたほうがハッピーですって。今の時代に電話交換手がいないように、淘汰されていく仕事なのです。

ましてや安く働いてくれる労働者を受け入れるとか、問題を先送り……どころか問題を拡大しているわけで、その先には誰も得をしない未来しかない。大丈夫ですかね、これ……。

「働き方改革」よりも「稼ぎ方改革」が必要だ。」という記事にも書きましたが、なんで日本は経営者の責任にならないんでしょうね?純粋に不思議です。

雇われ社長と雇われ公務員ばかりだから、「ビジネスモデルが陳腐化している」という発想にならないのだろうか?

たとえばSNSの「mixi」が、

「mixiのユーザーが減って、収益性下がって、スタッフ雇えない。最低賃金で働いてくれる外国人労働者の受け入れを加速させるべきだ!」

とか言ってたら、頭湧いてると思いますよね?思いませんか?

これってそういう話だと思うんだけどなぁ……。

医療のような非営利性が強い事業が「人手不足になって困る」のはまだわかりますが、中小「企業」でしょ?いやー、不思議だ……。

ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨に1,000万投資!

2. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

今日も元気にツイート中。


スポンサーリンク