未分類

「働き方改革」よりも「稼ぎ方改革」が必要だ。

スポンサーリンク
スクリーンショット 2017 11 08 13 12 43

いや、あえて厳しくいいますが、労働者の身分で会社の「稼ぎ方」を改革するのは無理ですよ。

あなたが役員クラスの身分ならまだわかりますが、平社員がそんなことできるわけないですからねぇ……。

なお、所属している組織が大きければ大きいほど、無理ゲー感が高まります。

繰り返しますが、労働者の分際で「稼ぎ方改革」に挑戦するのはやめましょう。無駄な努力です、それ。

 

こればかりは経営者の責任なんですよ。働いている人には、特段の責任はありません。

事業の収益性が悪いのは、労働者のせいではなく、経営者のせい

当たり前ですが、なぜかこれが日本では一般的に理解されていません。ほんと謎……。

 

思うに、日本の経営者は収益性に対して意識が低すぎます。

採算度外視でやることはときに必要ですが、慢性的に採算が合わないようじゃ、結局スタッフにしわ寄せがいくわけですから。

かくいうイケハヤは、アフィリエイトを中心に超高収益性の事業を営んでおります。

正社員雇用はしていませんが、外注スタッフはどんどん増やしてますよ〜。それこそ採算度外視で。儲かってるからできるんです。

 

体質が変わらない古い会社で働いている労働者のみなさまは、副業をはじめることでしょうね。

副業なら、あなたは経営者になれます。収益性の高い事業をがんばって組み立てていきましょう。

戦略的にやれば、平日夜と土日の副業だけで月商20万くらい作れるはず。いきなりそこを目指すのは大変なので、1〜2年続けることが前提ですけどね。

関連記事【副業】「ネットで稼ぐ」は難しくない!……月収1〜2万円ならね。

 

経営者が意識を高め、古いビジネスモデルを刷新する。

労働者は副業を通して、自らのスキルアップと報酬増を狙う。

これが、今ぼくらに求められているマインドです。

 

「働き方改革」の前に、そもそもビジネスモデルを変えるべきだ。

DSC02132

「先輩……。」

「どうしたの?」

「うちの会社でも、ついに『働き方改革』が始まったんですよ。残業時間の管理が厳しくなったり、新しいツールが導入されたり、在宅勤務ができるようになったり……。」

「おぉ、いいことじゃん。」

「いや、それが……。」

「うまくいく気がしない?」

「はい。」

働き方だけ変えても、やっている事業がいまいちじゃ、どうしようもないからねぇ。

「そうなんですよ!働き方を変える前に、そもそもビジネスモデルを変えるべきだと、ぼくは思うんです。」

「事業自体が非効率なんだ。」

「そうです。たとえば、いまだにうちの商品は、対面営業ベースで売っているんです。人件費や店舗のコストが乗ってくるんで、製品価格も高めです。でも、競合の製品はグローバルに規格化されていて、顧客獲得やカスタマーサポートもネットベースです。もちろん販売店もうちほどありません。」

「今はまだいいけど、どんどん厳しくなっていくよね。」

「すでに厳しくなっていて、どんどん競合にシェアを奪われているんです。」

「コストカットも難しいよね。」

「そうです。うちの顧客は手厚いサポートを期待しているし、それを前提に製品を作っているので、どうしたって割高になるんです。」

「そんな状態で『働き方改革』もなにもないと。」

「そう思いますが、なかなか経営陣はわかっていないようで……。」

「ほとんどの人はわかっていないよ。」

「そうですか?」

うん。働いている人の9割は、自社の事業の収益性なんて、関心ないんじゃないかな。

「ダメですよね、それって……。」

「ダメだよね。」

商品設計や売り方を変える方が、働き方を変えるよりインパクトがあるはずなんです。

「うん。」

でも、変わらない……。

「変わらないよね。」

「どうすればいいんですかね?」

「会社辞めるのがいちばんだよ。」

「やっぱりそうですか……。」

「働き方は、がんばれば個人レベルでも変えられるよ。そりゃそうなんだけど、会社の事業のあり方は、平社員じゃ変えられないよね。」

「はい。」

働き方だけ変えたところで、事業がダメなままだと、現場の負担が厳しくなるだけ。でも、無能な経営者はそれに気づかない。

「……。」

「無理だよね。特に大きい会社だと、もう動けなくなる。」

「そうですか……。」

「さっさとやめればいいんだけど、多くの人は、会社を辞めることができないのも真実。」

「難しいですよね。」

「で、上層部から『働き方改革』を強いられて、さらに消耗していくわけだ。より短い時間で、より多くの成果を出すために必要なのは、働き方改革じゃないのにね。」

「そうですよねぇ……。」

労働者側に問題があるとしたら、働き方ではなく、非生産的な会社に勤めつづけていること……だよね。」

人材の流動性が高まれば、働き方改革なんて不要ということですか?」

「乱暴にいえば、そうだと思う。ダメな会社からはどんどん人が抜けていくようになるとするよね。そうすると会社は焦る。事業の収益性と労働環境を改善しようとする動きが、否が応でも加熱するんじゃないかな。」

「日本のためにも、会社をやめることにします。」

「うん、そうするといいよ。今はいい会社もいっぱいあるしね。」

「おすすめの会社ありますか?」

「転職サイトの『パラフト』あたりを見ると、いい会社が見つかるかもね。」

「ありがとうございます、覗いてみます。」

 

過去のビジネスショートストーリー。

 

ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本

 

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中

 

 

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨に1,000万投資!

2. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

 

今日も元気にツイート中。


スポンサーリンク