未分類

「奨学金で資産運用をする」のはありかなしか。

スポンサーリンク

スクリーンショット 2017 10 19 11 11 44

面白い話なので考えてみましょう!

奨学金で資産運用。

奨学金で資産運用……なかなか炎上しそうでいいですねw

こういうストーリーはありえるかな〜と思いました。

  • 親が教育資金を貯める(500万)
  • こどもは有利子の奨学金/教育ローンを借りて大学に通う(利息1〜2%)
  • その間、教育資金は資産運用に回す(利回り4〜5%)
  • 卒業後、運用中の資金はこどもに譲渡
  • こどもは運用を続けながら、奨学金を返していく

細かいところはさておき、ざっとしたイメージはこんな感じです。

このやり方だと、奨学金を借りることで、トータルの利益が増えると思われます。もちろんリスクもありますけどね。

試算してみよう。

たとえば日本政策金融公庫の教育ローンを使ってみましょう。これは高収入の世帯でも利用できるらしいです。

スクリーンショット 2017 10 19 10 47 15

450万円借りて、5年間で返済するとします。

ほうほう。返済総額は4,706,600円とのことです。保証料も含めて、30万円ほどのコストが掛かるわけですね。毎月の返済額は8万円。

スクリーンショット 2017 10 19 10 45 44

では、同時並行で手持ちの450万円を入学から運用してみましょう。あえてローンを組んで、現金を活かすかたちですね。

利回り5%で10年運用すると、733万円になるそうな。

スクリーンショット 2017 10 19 10 48 39

注目すべきは、大学入学〜卒業までの期間(〜4年目)で、理論的には100万円弱の運用益が出ている点

スクリーンショット 2017 10 19 10 49 56

入学と同時に450万円を運用すれば、4年間大学に通っている間に、80〜100万円くらいの運用益が貯まっている(合計530〜550万)。

返済しなければいけない奨学金の金額は、卒業時点で約480万円

税金と変動を考えても、たぶんプラスになるんじゃないかな。何より、こどもにとってはいい勉強にもなりそう。

卒業後は運用益と元本を切り崩しつつ、労働で得た収入も合わせて返済していけば、収益はさらに大きくなりそうですね。誰かグラフ作ってくださいw

倫理的にどうなの?

こうした「財テク」は反発も受けそうですね。

実際ぼくのところにはチラホラ「こういう輩がいるから奨学金が使えなくなる」みたいな批判もありました。

が、そうした批判は必ずしも正しくありません。それこそ大学yとかで議論するに値するテーマですね。

たとえば、ぼくは「無利子で奨学金を借りて、そのお金の一部を資産運用に回す」という若者がいても、なんらダメだとは思いません。

えぇ、奨学金に自分たちの税金が使われているとしても、です。

なお、イケハヤの納税額は1,000万オーバーです。来年は3,000万とか払う予定。死ぬ。

だって、無利子でお金借りて運用するとか、最高に賢いじゃないですか。

そういう若者がどんどん増えればいいと思いますよ!それこそ社会への投資ですよ。

とはいえ、これはあくまでイケハヤの思想において、の話です。

「奨学金は何があっても学費だけに使うべきだ」という意見を持つ人がいるのは不思議ではありません。

というわけで、みなさんは「奨学金で資産運用をする」のはありかなしか、どう考えますか?

ありだとしたら、どういう条件で?なしだとしたら、なぜダメなのか?

楽しい資本主義クイズですね。

ちんぷんかんぷんな方は、こちらも合わせてどうぞ。

関連記事【初心者向け】100万円から始めよう。20代〜30代からの資産運用。

ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨に1,000万投資!

2. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

今日も元気にツイート中。


スポンサーリンク