未分類

【2019年ランキング】おすすめのビットコイン(仮想通貨)取引所を比較!

スポンサーリンク

 

こんにちは、仮想通貨に軽く2,000万くらいは投資しているイケハヤです。

成績は……秘密!!

 

仮想通貨取引所、どこがおすすめ?

最近またビットコイン価格が上がってきましたね!

ビットコイン買いたいけど、買い方がわからない……

という人は、まだまだ多いんですよね。

これから買おうと思う方に、わかりやすく始め方を解説します!

 

ビットコインを手に入れる方法。

まず必要になるのが「仮想通貨取引所」のアカウントです

日本では「coincheck」「bitbank」あたりが主要なプレーヤー。最近は後発&海外の取引所もぐいぐい伸びてきています。

 

手順的にはこんな感じで、ビットコインをゲットできます。

  1. 国内の取引所でアカウントを開設(本人確認に数日かかります
  2. 取引所へ日本円を入金
  3. 入金後、ビットコインを日本円とトレード!

取引開始まで少々時間がかかるので、暇なときにアカウントを作っておくといいでしょう。

 

さて、結論から申し上げると、本格的に始めるなら、「bitbankBinanceで口座を開設するのがおすすめです

この2つで基本的には事足りますね。

FXやりたいなら「DMM Bitcoin」「GMOコイン」とかが選択肢に入ってきます。ビットコインは税率も高いので、個人的にはあんまりおすすめしませんが……。

 

これらの仮想通貨取引所、それぞれ微妙に特徴が違うんですよ。

どんな投資・トレードがしたいかにもよりますが、どこかひとつで十分……という感じでもありません。

以下解説です!

 

1位. いつの間にかNo.1になった「bitbank」。

【bitbankの特徴】

  • 取引量は国内No.1
  • すべての通貨が「板」形式での取引なので手数料が安い
  • 手数料無料キャンペーンを開催
  • セキュリティに安心感あり

 

何気にめちゃくちゃ好条件なのがbitbank

国内でも取引量No.1の実績を誇っています。

coincheckなどがハッキング騒動でゴタゴタしている間に、No.1の座を獲得した感じです。

スクリーンショット 2019 06 26 15 21 25

bitbankは板取引しか用意されていないので、完全な初心者はちょっと戸惑うかもしれません。

この画面の使い勝手がわかるなら、ぜひbitbankでトレードしましょう。

スクリーンショット 2017 12 17 15 02 17

板取引は手数料が安いので、頻繁に売買するなら有利になります!イケハヤも板取引以外は使いません。

 

また、bitbankはセキュリティに関しても評価が高いです(全通貨コールドウォレット、原則マルチシグ対応)。

今後コインの品揃えもよくなっていくでしょうし、まだまだ伸びそうですね。登録まだの方は合わせてどうぞ。

bitbankでアカウントを開設する

 

2位. 圧倒的な品揃えと手数料の安さ「Binance」。

【Binanceの特徴】

  • 世界No.1の取引所!
  • マルタ共和国拠点の取引所
  • 圧倒的な品揃え!
  • 手数料も業界最安クラス

業界の中では圧倒的なポジションにいるのが、マルタ共和国拠点の取引所「Binance」。

2019年時点で、世界最大の取引所となっています。

取引額で見ると、2位のcoinbaseとは3倍以上の差で引き離しています。

スクリーンショット 2019 06 26 15 27 25

Binanceは業界を牽引する存在で、直近だと「IEO」ブームを生み出しましたね

Binanceに新規上場する銘柄は、いずれも高いリターンを誇り、投資家を世界中から集めています。

CEOのCZ氏のツイートです。BinanceのIEOは、2〜8倍のパフォーマンスを叩き出してます!

取引所トークンの「BNB」も、バブル期を大幅に超えて成長しています

主要銘柄では唯一といっていい値動きです。

スクリーンショット 2019 06 26 15 31 45

そんなBinanceですが、日本語には対応していません

Googleの翻訳ツールが右上から選択できるので、これを使えばわかるはず!

スクリーンショット 2019 06 26 15 33 06

なお、日本円の直接入金には対応していません

bitbankなどでビットコインを購入し、Binanceに送ることでトレードが可能になります。

やや面倒ですが、IEO銘柄などを狙いたいなら登録必須です!

Binanceに登録する

 

3位:アルトコイン品揃えとレンディングが魅力の「coincheck

【coincheckの特徴】

  • ビットコイン以外(アルトコイン)は販売所形式なので、手数料が高い
  • コインの品揃えは国内トップ
  • 仮想通貨を貸し出して利息収入を得ることができる
  • デザインが優れているので、初心者にはうってつけ
  • ハッキング事件を経験

 

まずはcoincheck。ここはなんといっても、取扱コインの種類が豊富!

他の取引所では扱われていない「LSK」「FCT」が上場しています。トレードの選択肢が広いのはうれしいですね。

スクリーンショット 2019 06 26 15 35 48

coincheckはデザインも優れているので、はじめての口座開設にはぴったりです。

「板取引とかわからない」という初心者の方は、ここから始めるのがおすすめですね。

加えていうと、実はFXにも向いています

レバレッジも低いのですが、比較的サーバーが安定しているので安心して利用できるんですよね。bitFlyerはたまに落ちるんで……。

ビットコインFXをやってみたい人は、coincheckでもアカウントを作っておくといいでしょう。

 

2018年1月末に巨額のハッキングに遭い、ぶっちゃけ潰れるかと思ったのですが……なんと事件発生してから2日後に「全額補償」を発表しました。前代未聞……!

さすがにセキュリティ対策には力を入れていると思うので、一周回って?安心して使える取引所になっている気がします。

もちろん、取引所に大金は置かないようにすることは前提ですが……。

coincheckでアカウントを開設する

複数の取引所を使いこなそう。

銀行口座と違い、仮想通貨の取引所は複数使う意味があります。

機能的な違いがあるのは解説したとおりですが、複数の取引所に資産を分散させることで、リスクヘッジできるんですよ

上記の会社は十分に安定的な企業だと思いますが、それでも将来はわかりません。

いきなり破産して資産がチャラになる……とかもありえなくはないですね。ハッキングとかも怖いです。

 

あえて一社に絞る意味はそこまでないので、面倒ですが複数口座を作っておくのをおすすめします。

資産が大きい場合は、ウォレットを使いましょう。ぼくももちろんウォレットに保管してます!

関連記事:仮想通貨のウォレットとは?初心者向けに種類と使い方を解説。

 

その他の取引所の特徴。

ついでに、その他の主要取引所の解説もしておきます。

  • GMOコイン:FXに強み
  • DMMビットコイン:アルトコインFXに強み
  • SBIバーチャル・カレンシーズ:不便なのでおすすめしません
  • DeCurret:新興取引所。特に目立った魅力はありません
  • TAOTAO::新興取引所。特に目立った魅力はありません
  • Zaif:セキュリティ、運用関係でゴタゴタが続いています。あえて使う理由はなさそう
  • bitFlyer:国内市場の先行者ではあるが、目立った特徴はなし

2017年とはだいぶ地図が変わった感じがしますね。

やはりbitbankの躍進が印象的です。2017年はマイナーだったのですが、すっかり筆頭プレーヤーです。

国内は非常に規制が厳しいので、Binanceのような飛び抜けたサービスは現状ありません。

規制は落ち着いてきたので、今後は差別化が進んでいきそうですね!

 

仮想通貨チャンネルやってます!

仮想通貨、ブロックチェーンに関する基礎知識・最新情報が学べるYouTubeチャンネルも作ってます。ぜひ登録を!

ブロックチェーンの基礎や、

「Web3.0」についての講義などが人気です!

スポンサーリンク