未分類

画期的なマネタイズ手段「Coinhive」を実験的に導入してみたよ。

スポンサーリンク

残念ながらこれ、一部のウイルス検知ソフトに引っかかるようです。導入にあたってはそこらへんのリスクをよく鑑みてからどうぞ。

うちはあくまで実験ということで、20分ほどでコードは外しました。もう動いてないのでご安心ください。

coinhiveはむしろゲームアプリなんかに導入するのがよさそうですね。ウェブサイトだと滞在時間たかが知れてますし、あんまり収益にならない感じ。

他にもChaptchaをマイニングで代替する機能なんかも提供しています。

お金にはなりませんが、ユーザービリティはいいでしょうね〜。もう自動車をクリックするのは疲れたよ……。

スクリーンショット 2017 10 08 17 43 11

もう少し設定に柔軟性を持たせられて、ユーザーサイドも安心して使えるサービスが出てきたら、みなさんのCPUパワーで収益を得たいと思います。

いやー、実に未来だなぁ。派生系のサービスをいろいろ考えてみたいですな。

なお、悪意ある開発者がcoinhiveのコードを忍ばせているケースもあるそうな。「なんか最近PCが熱いんだけど……」という方はチェックしてみるといいかも。

Once this malicious program or browser extension is installed, the Coinhive Miner will inject an in-browser Monero miner from coin-hive.com/lib/coinhive.min.js, which uses more than 50% of your CPU’s power and graphics cards power.

What this means, is that when the miners are running you will find that your computer is running slower and games are stuttering or freezing because the Coinhive Miner Trojan is using your computer’s resources to generate revenue for themselves.

スポンサーリンク