お金で遊ぶ。

ICO(トークンセール)は詐欺だらけ!手口と注意点をまとめるよ。

スポンサーリンク

ご注意くださいませ。

 

詐欺が多いです。

最近話題のICO。トークンセールともいいます。

早いうちに有望なトークンを買っておけば、だいぶ価値が上がる可能性があります。それもあり、爆発的に資金流入が増加しています。

関連記事【仮想通貨】「ICO」とは何なのか?その光と闇をざっくり解説。

ですが!これ、色んな意味での詐欺がめちゃくちゃ多いんです……。注意点をまとめます。

 

フィッシング詐欺に注意。

有望なプロジェクトでも、公式サイトがハックされる可能性もあります。

実際にあったのは「Enigma」というプロジェクト。これ有望だと思ったんですが、ハッキングされたんですよ……。

ご丁寧にメールが来ました。「このアドレスにETH送ったらトークンもらえるよ!」ということですが、詐欺臭すごい。

5fe2e060

こういうときは、受取先のアドレスを調べましょう。「Etherscan」を使えば、一発でチェックできます。

Etherscanはけっこう親切で、怪しいアドレスには警告を出してくれます。ぼくはこれで詐欺だと気づきました。

スクリーンショット 2017 08 27 10 09 19

念のためツイッターで調べてみると、多くの人が詐欺であることを指摘していました。やっぱりね〜。

というわけで、詐欺っぽいと思ったときは、Etherscanなどでアドレスをチェックしましょう。加えてツイッターも検索してみるのもおすすめします。

まぁ、そもそもEnigmaのトークンセールはまだ開始していなかったので、話としておかしいんですよね。9月スタートなのに8月に突然売り出し始める(&公式サイトがダウン)とか、明らかにヤバいので騙されちゃダメです……。

 

Slackbotに注意。

横行しているのはSlackbotからのメッセージを使ったフィッシング詐欺。BANKERAのSlackでも来ました。

スクリーンショット 2017 08 27 10 11 35

MyEtherWalletがアップデートしたから二段階認証してね」ということですが、これ詐欺です!

スクリーンショット 2017 08 27 10 14 28

提示されたURLを見てみると、「myehterwallet」になってますね。正しくは「myetherwallet」です。あくどい!

スクリーンショット 2017 08 27 10 12 57

ここで秘密鍵を提供したら、一巻の終わり。全部資産盗まれます。MyEtherWalletは、ローカルに保存したものを使いましょう。URLの確認は必須です

スクリーンショット 2017 08 27 10 15 21

ちなみに「MetaMask」を入れておくと、フィッシング詐欺を防いでくれることがあります。

MetaMaskを入れたブラウザで上記のアドレスにアクセスすると、警告ページにリダイレクトしてくれます。確実じゃないですが、これ入れておくといいかもですね。

スクリーンショット 2017 08 27 10 35 52

そもそも詐欺かも。

プロジェクトによっては、「トークン売ってお金集めてドロン」みたいなケースもなくはないです。

これはまぁ、完全に自己責任というか、しっかり判断すれば避けられますね。

ポイントとしては、

  • ホワイトペーパーはあるか(内容は具体的で現実的か)
  • 少額から購入できるか(一口10万とかのコインは概ね詐欺です)
  • プロトタイプや、リリース済みのプロダクトあるか
  • メンバーや投資家、アドバイザーは信頼できるか

なんてところでしょうか。COMSAなんかはすべてグリーンですね。BANKERAも同じ理由で投資を決定しました。

とはいえ、トークンセールはベンチャー投資みたいなものなので、必ず成功するとは限りません。

むしろ、99%は失敗すると思います。資産を失っても耐えられる範囲で購入しましょう。

あと、そもそもトークンセール時点で買う必要がどこまであるのか……という話もあります。有望なトークンは、いずれ主要な取引所で購入できるようになるので、別に

 

明らか〜に怪しいものは、別にまとめてます。さすがに騙される人はいないでしょうけれど。。

関連記事:【危ない仮想通貨】HYIP、詐欺コイン、失敗コインをまとめていくよ

 

LINEグループは「ICO詐欺」の温床になってる気がするので要注意。

スクリーンショット 2018 02 19 14 16 07

ぼくのところにも似たような詐欺被害のメッセージが来てます。

なんかもう、そもそもICOとかわかってないレベルの人が騙されてる感じがしますね……。

何度も書いてますが、こういうICOは詐欺です。

  • セミナーで勧誘
  • 「縁故枠」で特別に販売
  • 代理店がある
  • githubもホワイトペーパーもデモプロダクトもない

ブロックチェーンラボの一件をみるに、ICO代理店は詐欺のみならず「違法」という認識でいたほうがよさそう。

 警告を出すのはマカオに本社があるブロックチェーンラボラトリー。仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)の代理業、仮想通貨への分散投資業などを主な事業としており、日本で投資家向けにセミナーや勧誘活動をしている。

 金融庁はこれまでも同社に何度も注意してきたが、営業活動をやめないため警告を出し、ホームページで公表。順守しない場合は、警察当局に資金決済法違反の疑いで告発し、警察が捜査に入る。

そもそも「縁故枠」とかまともなICOじゃないですよねぇ……。まぁ、投資は自己責任でどうぞ。

 

代理店は違法性あり。

あと、代理店という仕組み自体が、日本の法律だと違法性がある可能性が高いです

これ「仮想通貨交換業」に当てはまりますよね。

「ICOトークンは仮想通貨じゃない」という論理かもしれませんが、「日本円を集めてイーサ(ETH)にしてトークンを代理購入」する場合とか、JPY→ETHのところがひっかかります

金融庁から指摘されてトンズラこく代理店とかも出てきかねないので、利用はおすすめしません。

そんなところでリスク取るのはアホですよ。普通に自分で買えばいいだけなんで。いやほんとこれ。なぜ代理店を使うのかw

 

まとめ。

詐欺にかからないためのポイントです。

  • フィッシング詐欺にとにかく注意。送金先のアドレスをよくチェック。有望なプロジェクトほど危ない。
  • 「Slackbot」を使った詐欺に注意。
  • ウォレットの秘密鍵を入力する際は、常にウェブアドレスを確認。
  • プロジェクト自体が失敗する可能性もあり。トークンセールは自己責任で。
  • ICOで代理店を導入しているところは「どこかおかしい」のでスルー推奨。

まだまだ詐欺の手口は開発されていくでしょう。発見し次第、この記事に追記していきます。

 

仮想通貨を買うポイントなどもまとめてます。合わせてどうぞ。

関連記事【成績も公開】仮想通貨に1,000万円投資!低リスクな始め方を解説するよ。

 

=== スポンサードリンク ===

仮想通貨をお得なレートで交換!
Changelly」使ってますか?解説はこちら

 

ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本

 

イケハヤ株、買えます。

イケハヤ株の買い方。

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中

 

 

人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

 

今日も元気にツイート中。


スポンサーリンク