東京を捨てて高知へ!移住日記

サラリーマンのみなさん。今は「住む場所を自分で選べる時代」なんですよ。

スポンサーリンク

スクリーンショット 2017 06 21 10 51 45

先日、学生時代の友達に会う機会がありました。

その時に「地方移住するんだよねぇ〜ん」という話をした時のこと。

一通り地方移住の経緯などを話終えたとき、友人がこんなことを言いました。

「最近、地方移住を喚起するようなCMの制作依頼が増えているよ。地方自治体も移住の喚起に予算をかけるようになってるみたいだな」

ひと昔前であれば、もともと東京にいた人が地方に移住するということは珍しいことだったのかもしれません。

しかし今は地方自治体も移住を喚起し、CMなどもたくさん作られているようです。

そういったCMを見て実際に移住をする人もこれからもっと増えていくでしょう。

地方移住という単語自体珍しいのかなと思っていたのですが、もはや全然そんなことはないのかもしれません。

“地方移住”が全然珍しくなくなってきているんだなと思った話 | 会社は辞めた。一人で稼いで生きてやる。

おっと、つい日本企業disになってしまった……。

でもまぁ、今はこういう感じで、当たり前に「自分の住む場所」を個人が選べるんです。

仕事はもう、今の時代なんとでもなりますからね。

なんとでもならないと思っているのなら、ちょっとあなたは常識に囚われすぎ。

転職という選択肢も、今はしっかり提供されてますよ。

関連記事:移住したい!Uターン&Iターン希望者 が使える転職サイトまとめ

わざわざ就職しないくても、地方・田舎は生活コストも安いし、普通に生きていけます。

消費的にしかなれない、お金を稼がないと生きていけない東京に、固執する必要はありません。

こちらは家賃1万円くらいだし、水道代もタダ。暮らし方次第では、ガソリン代もほとんどかかりません。こだわらない人なら、毎月4〜5万あれば生きていけますよ。

ぼくが手伝っている「ONEれいほく」は、移住希望者をゆるゆると受け入れています。こちらのページから問い合わせてみてくださいませ〜。

関連記事地方移住して3年。メリットとデメリットを語ろう。

ご案内。

イケダハヤトって誰?

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本

イケハヤ株、買えます。

イケハヤ株の買い方。

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中

人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

今日も元気にツイート中。


スポンサーリンク