お金で遊ぶ。

あなたが貯金できない、これだけの理由。

スポンサーリンク

スクリーンショット 2017 03 21 11 23 10

毎度統計データを見ると驚かされますが、貯金できてない人って多いんですよね……。

貯蓄ゼロ世帯、約25%。

たとえばこんな調査。

SMBCコンシューマーファイナンスは3月6日、「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2017」を発表した。調査は1月17日~19日、30歳~49歳の男女1,000名を対象にインターネットで行われた。

(略)現在貯蓄できているお金はいくらあるか聞いたところ、貯蓄できていないとする「0万円」が25.4%と、およそ4人に1人の割合でみられ、「1万円~50万円以下」(28.3%)と合計すると、半数以上(53.7%)の人が貯蓄額50万円以下であることがわかった。

30・40代の貯蓄額は平均132万円、貯蓄ゼロも4人に1人 | マイナビニュース

貯金ゼロって、そんなにたくさんいるんですか……。

年金暮らしの高齢者とかじゃなくて、働き盛りの30〜40代ですよ!調査対象者も有職者が中心でしょうし……。

「貯金ゼロ」の問題は、なんといっても「お金の心配」から逃れられなくなることです。

「体壊して働けなくなったら、即ホームレス」みたいな話じゃないですか、これ。ブラック企業に搾取されてしまうのは、こういう人たちなのでしょう……日本社会の闇ですね。

ぼくはビビリなので、もちろん「貯金ゼロ」ではありません。イケダ家の金融資産は2,000万円ほど。30歳になるまでに、夫婦で1,500万くらい貯金できてました。貯金のプロと呼んでください。

貯金できない人は、精神がとっ散らかっている。

「なんで貯金できるんですか?」と聞かれることがありますが、ぼくからすると、「なんで貯金できないんですか?」という感じだったりします。申し訳ないんですが……。

ぼく自身のことを考えると、そもそもお金を使わないので、どんどん貯まっていくんですよ

毎月の生活費は、このブログを読んでいるみなさんよりも少ない自信があります。なんせぼくが住む高知の山奥は、生活コストが安いですから。

引きこもっているので交通費、交際費などもかかりません。目の前に野菜も育ってますし、おすそ分けも頻繁にやってきます。

服とかもめったに買いませんね〜。「イケダハヤト」でググってください、ほんといつも同じ服ですから。

なぜお金を使わないでいられるかといえば、ぼくは「ブログを書く」のが趣味であり、仕事であるからです。

自分のやるべきことは、ブログを書くこと

そこにフォーカスを絞っているので、それ以外のことはどうでもいいのです。いやー、ほんとに色々どうでもいいですね……。

あなたは自分がやるべきことを、わかっていますか?

やるべきことをクリアに見定めていれば、自然と浪費する機会は減っていきます。

上っ面の「友だち」との飲み会。「付き合い」で参加するイベント。思考停止状態で、他の人と同じように生きること。

ともすると、ぼくらは時間とお金を無駄にしてしまう……ということに気づきましょう。世の中は甘い罠だらけなのです。

貯金できない人は、自己投資をしていない。

とはいえ、若いうちに「わたしのやりたいことは、これです!」と明言できる人は、そう多くありません。

ぼくも最近ようやく……ですよ。自分がブログを書くべきだとわかったのは。気がつけば30歳。ようやくスタートラインです。

自分のやるべきことを知るためには、たゆまぬ「自己投資」が必要です。

あなたが何を望み、どういう強みを磨き、どのようにして生きていきたいのか。それを見定めるために、時間とお金を使っていきましょう。

具体的にいえば、本を読みましょう。

ぼくも本を書くのでわかりますが、書籍はとても効率がいい自己投資になります。1,500円かそこらで、一流の人のことばを読むことができるわけですから。

会社の外で人と会う」ことも大切です。

一度サラリーマンになってしまうと、会社の中に閉じこもってしまう傾向があるんですよね。

自分の可能性を「絞って」いきたければ、さまざまな職業・職能の人に会っておくべきです。たくさんの人に会えば、あなたがやるべきこと、あなたがやるべきではないことが、徐々に浮き彫りになっていきますよ。

旅に出る」ことも、あなたにいい影響を与えてくれるでしょう。

ぼく自身も、旅によって人生が変わり、ついには高知の限界集落に移住してしまいました。旅に出ていなければ、今も東京の郊外で消耗的に生きていたことでしょう……。

関連記事「地方移住」して丸2年。メリットとデメリットを語ろう。

刺激を受けたら、表現しよう。

そして最後に、「自分の作品」を世に出していきましょう

刺激を刺激のまま放置していては、自己投資にはなりません。

「すばらしい気づきが得られました!」というのなら、その気づきを、自分のことばで語り直しましょう。

ことばではなく、絵や音楽、クラフト、写真、彫刻作品などでもOKです。あなたが得意とするフォーマットを選んでください。世界から受けた刺激を、あなたの肉体と思考を使って、かたちにしましょう。

ここまでやらないと、せっかくの刺激が無駄になってしまうんですよ。実際、多くの人は、無駄にしてしまっているように思えます。もったいない!

いい経験をしたのなら、それを自己表現にまで落とし込みましょう。Instagramの写真1枚、ツイート1つでもいいので。

表現にまで繋げられるかどうかは、大きな分水嶺です。これが継続的にできるなら、あなたは何者かになれますよ。

ざっとまとめると……

  • 本を読む
  • 社外の人に会う
  • 旅に出る
  • そうして得られた刺激を、小さな作品にする

こうした自己投資をすることで、あなたは自分のやりたいことを磨き上げることができます。

と同時に、あなたの市場価値も高まっていくので、所得も増えていくでしょう。もちろん、自然とお金も貯蓄されていきます。

貯金できない人は、忙しすぎる。

ちきりんじゃありませんが「自分の時間を取り戻す」ことも重要です。

というのも、当たり前ですが、仕事が忙しすぎると自己投資なんてできないんです

「会社が忙しすぎて、本を読むのも、人に会うのも、旅に出るのも、ましてや「作品」をつくるのもできません」という人、いませんか?

さっさと会社をやめるべきです。ほんとに。

あなた、そのまま市場価値が上がらず、貧困状態になりますよ……。まずは、自分の時間を取り戻せる環境に移りましょう。

関連記事:今の会社にうんざりしている人へ、おすすめ転職サイトまとめ。

日本社会には、こういう「罠ループ」があるんですよ。

  1. 会社に就職したけど、仕事が忙しすぎる。
  2. 忙しすぎて自己投資ができないので、人材としての価値が上がらない。
  3. 人材として低レベルなので、「誰でもできる生産性の低い労働」しかこなすことができない。
  4. 「誰でもできる生産性の低い労働」は、これからどんどん人工知能に奪われる。
  5. 労働条件は劣悪になり、ますます忙しくなる。
  6. 時間の余裕も、心の余裕も奪われ、向上心がなくなる。
  7. お金を浪費することくらいしか、楽しみがなくなる。
  8. 過労で心身を壊したら、ゲームオーバー。

いっぱいいますよね、こういう状況の人。

そりゃあまぁ、忙しいと無理ですって。まずは長時間労働から脱却しましょう。それは十分可能なことです。

今はすばらしい時代で、その気になれば「3時間働くだけで、月収50万円」みたいなことができるんです

ぼくもそうですよ。生産性の高い、超ホワイト労働です。仕事好きなんで、ひたすら書いてますけどね。

関連記事:【月300万稼ぐ 】イケダハヤトの一日のワーク・スケジュールを公開。

「そんなのわたしにはできない」と諦めたら、そこで試合終了です。

ぼくだって、元々はただのサラリーマンですよ。6年かけてブログを育て、今の位置にまでたどり着きました。

そんなぼくの場合は、とにかく「自分の時間を確保する」ようにしていました。

もちろんサラリーマン時代も、「残業」は一切していませんでしたよ。そんな暇があるなら、ブログを書くべきですから。

あえて辛辣にいえば、残業というのは、「上から言われた仕事」以外にやることがない「暇人」のやることなのです

目先の残業代は稼げるかもしれませんが、そればっかりだと自分の価値は上がっていきません。

関連記事:「残業代を稼げば稼ぐほど、将来の年収は下がるよ」と先輩は言った。

「毎日1時間」でいいので、自分の自由な時間を確保しましょう。

さすがに、それならできますよね?

空気を読まずにさっさと退社する。より労働条件のいい会社に転職する。会社を辞めてアルバイトで暮らす。のんびり暮らせる田舎に移住する……選択肢はたっくさんあります。

生まれた「自分の時間」を使って、自己投資に励みましょう。そうすれば、そのうち「お金に困らない」状態になりますから。

貯金できない人は、お金の流れを把握していない。

少しテクニカルなところでいえば、「お金の流れ」を把握することも重要です。

ぼくは最近、家計簿アプリの「マネーフォワード」を導入しました。月額500円課金してしまいましたよ……。年間6,000円の価値はある!と判断しました。

関連記事:お金の流れが見えない共働き世帯。家計簿アプリ「マネーフォワード」で一括管理できるよ。

ダイエットなんかも同じですが、数字にして管理するだけで、人の行動って変わるんです。ほんと不思議なことに。

最近の家計簿アプリは、銀行やクレカを一度連携すれば、すべて自動で帳簿を付けてくれます。現金を極力使わないようにすれば、何もせずとも自分の家計簿が完成します。

スクリーンショット 2017 03 21 11 20 25

データにしてみると「え?こんなに使ってたの!?」みたいな気付きがあるので、まだ試していない方はぜひ。ぼくもマネーフォワード始めて、格安SIMのプランを見直しました。

貯金できない人は、不勉強。

「貯金できない人は、忙しすぎる」と関係しますが、そもそも貯蓄できない人って不勉強ですよね。

いい加減びっくりしますが、格安SIMを使っていない人の多さったら……。「貯蓄ゼロ」の人たちの利用率が知りたいですね。たぶん、ほとんどの人が大手キャリアなのでは……。

格安SIMは、たしかにちょっと勉強する必要があります。「なんとなくよくわからないから、まだ使ってない」という人の言い分も、わからなくはないです。

が!

あれは驚くほどコスパがいいんですよ……。

うちの夫婦、スマホの通信費5,000円以内ですよ。「2台」の料金です。

スクリーンショット 2017 03 21 11 26 11

格安SIMに乗り換える前は、ふたりで15,000円くらい払っていたので……なんと毎月1万円以上の節約!

格安SIMに切り替えたのは2年前なので、すでに20万円以上の節約になっている計算です。まだ大手キャリアで消耗してるの?って感じですよね。

こんなことは、勉強すればわかるんですよ。

でも、貯金できない人は、その勉強ができない。知らず知らずのうちにお金を垂れ流しているので、ちっとも貯金ができない。

このブログを読んでいるなら、格安SIMの契約くらいはできるはず。今なら「LINEモバイル」が一押しですかね。大手キャリアに浪費しちゃってる人は、がんばって契約してみてください。

関連記事通信費、家賃、税金……「節約」を始めるあなたへ、おすすめサービスまとめ。

貯金できない人は、細かいところで無駄をしている。

ペットボトルの飲み物を日常的に買っている人。

自炊はできないからと、コンビニや外食で済ませる人。

格安SIMを使っていない人。

無駄に大きい部屋に住んでいる人。

クレジットカードを使わず、現金大好きな人。

独身なのに、付き合いで生命保険に入っている人。

大して使いもしない月額課金サービスを利用している人。

貯金できない人って、細かいところで無駄を垂れ流しているんですよね〜。

特に、友人から誘われたのか知りませんが、無思考に高額な生命保険に入ってる若者が多くて驚きます……。

「貯蓄にもなる」みたいなことばで騙されているんでしょうけど、その分を積立投資に回せば、20年後に良い資産になってますよ。

関連記事:【解説】若者世代におすすめの資産形成術「積立投資」について語ろう。

ペットボトルの飲み物ひとつとっても、毎日100円を節約すれば、年間で約3万円。

コンビニ飯をやめて自炊中心にすれば、毎月1.5万円。年間15万円の節約。

保険を見直せば、年間10万円の節約。

「穴の空いたバケツ」状態を改善すれば、けっこう簡単にお金なんて貯まるんですよ。あなたのバケツに穴が空いてないか、今一度見直してください。

ぼくはサラリーマン時代、毎日家からおにぎり持ってきてました。いつだって弁当男子。ランチタイムの節約にもなるし、一石二鳥。

さっさと弁当食べて、昼休みはブログ書いてました。そういう倹約と効率化を経て、今があります。

ちなみに今日のランチは、そうめんです。一食60円くらいかな。

貯金できない人は、自分が「何がほしいのか」をわかっていない。

なぜ日々、くだらないことにお金を使ってしまうのか。

逆説的ですが、それは自分が一体何を欲しているか、それを理解していないからです。

「これがほしい!」という強い目的意識があれば、人間は自然とお金を貯めますし、自然とコスパの悪い商品を割けるようになります。

たとえばぼくは「キャンピングカー」がほしいのですが、ひたすら検討しまくった結果、「まだ買うのは早い」という結論にたどり着きました。もちろん?買えるだけのお金はあるんですけどね。

たしかにぼくはキャンピングカーを手に入れたいのですが、今市場に出回っているものは、ぼくの欲求を満たすレベルではないのです。あと5年は待たないと、十分なものは出てこないでしょう……。

あなたは一体、何を欲しているのでしょう。

家?クルマ?バッグ?パソコン?はたまた、異性との生活?

自分がなぜそれを求めているかを明確にし、さまざまな選択肢を検討しましょう。

「いろいろ考えたけど、わたしはやっぱりこれが手に入れたい!」という結論が出れば、浪費することは減っていきますよ。理想に向かって、貯蓄していきましょう。

貯金できない人は「お金にお金を稼いでもらう」視点がない。

最後はまた違った観点から。

お金というのはすばらしい道具で、ある程度の規模まで貯めると、勝手にお金を稼いでくれるんですよ。いわゆる「不労所得」です。

不労所得なんて夢のまた夢……と思ったら、そこで試合終了。ぼくはコツコツコツコツ……と貯金を続けて、現在1,000万円の元本を突っ込んで資産運用しています。

2017年は、1,000万円突っ込んで、30万円くらいの収益を予定しています。サラリーマンの給料1.5ヶ月分の不労所得と考えれば、なかなかのものですね。

コツコツとお金を貯め、運用していけば、そのうちに不労所得だけで生活できるようになるんです

そう考えると、お金を浪費するのはもったいない!と思えてきませんか?ぼくはそう思うので、年商4,000万くらい稼いでいる今も、相変わらず節制しています。

生み出すことを、喜びにしよう。

ぼくくらいになると、消費は面白くないんです。コスパが悪いものを買ってしまうと、ほんっとーに気分が悪くなります。

何が楽しいかといえば、ぼくは「生産」のほうが断然!楽しいと感じています。だからこうしてブログを書いているわけですね。

消費なんて、しょせんは「できあがったもの」じゃないですか。そこに能動性はないですよ。

生産活動は違います。「自分の手で何かを作り上げる」ということです。この楽しさを知ると、消費がいかにつまらないかがわかってきますよ。

自分の作品を生み出すことを「楽しい」と思えるようになれば、あなたは自然にお金に好かれるようになるでしょう。

まずは、自分の人生をワクワクと楽しめるようになることです。

自分の時間を取り戻し、刺激を得て、作品を生み出しましょう。

つまらない人生を過ごしている以上、お金は貯まりません。

停滞しちゃってる人は、勇気を出して環境を変え、自分を変化させましょう。

いつまでもそこにいても、人生は開けないと思いますよ。

関連記事:マネーと人生について。

たくさん記事書いてます。ここらへんも合わせてどうぞ。

  • 100万円から始めよう。20代〜30代からの、かんたん資産運用。
  • 「ネットで稼ぐ」は難しくない!……月収1〜2万円ならね。
  • 「お金の不安」を解消するために、今日からあなたができること。
  • 独身新卒サラリーマンが東京の真ん中で「年間150万円」貯金した方法まとめ。
  • ご案内。

    イケダハヤトって誰?

    月額4,980円のアフィリエイト研究所

    2,980円の「ブログ運営の教科書」

    LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

    友だち追加数

    資産運用、ハマってます。

    イケハヤ流・資産運用の始め方

    投資成績公開中

    人気記事セレクション。

    1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

    2. 「強み」を無料で診断しよう。

    3. ネットで稼ぐ方法まとめ

    4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

    今日も元気にツイート中。


    スポンサーリンク