未分類

躁うつ病、強迫性障害……精神疾患を抱えた「リボ払いに苦しむ若者」に話を聞いたよ。

スポンサーリンク

スクリーンショット 2017 03 09 9 47 37

リボ払いって、ほんと悪質ですよね。なんとかしたほうがいいと思うので、リアルな話をまとめていきます。

精神疾患があるけど、リボ払い返済中。

今回話を聞いたのは、Bさん。メールで相談を受けたので、インタビュー形式でまとめてみます。個人情報に関わる部分もあるので、やや情報を濁していますが、誇張などはしていません。

====

イケダ:リボ払いを返済中ですか。

Bさん:はい。45万円ほどの借金があり、どうしたらいいのか、とても困っています……。

イケダ:精神疾患がある、と書かれていますが。

Bさん:躁うつ病と強迫性障害があり、就活もできず、日常生活もままならない状態です。

イケダ:あ、お若いんですね。

Bさん:就職できていれば、新卒1年目です。アフィリエイトとかをがんばってはいるんですが、大学を卒業したとたんに収益が下がってしまい……。

イケダ:ぐぬぬ、アフィリエイトは難しいですよね。精神疾患を抱えながらだと、なかなか頑張るに頑張れないでしょうし。

Bさん:今は実家なので、なんとか生きていくことができてますが……。親からは1〜2年で自立するように言われてます。

イケダ:ずっと家にいるのも、それはそれで苦しいですからねぇ。

Bさん:はい。強迫性障害もあって「親に頼ってはいけない」という意識に苛まされているところがあって……頭ではわかっているんですけどね。

イケダ:リボ払いは、やはり精神疾患が関係していると思いますか?

Bさん:そうですね。自分でもよくわからないんですが、大学生の頃にものすごく散財してしまい……。ブログでも毎月10万円くらいは稼げていたので、なんとかなるとか思っていたんでしょうかね……。

イケダ:躁うつ病の方から、自分でも驚くほど意味不明の散財をしてしまう……という話を聞いたことがあります。

Bさん:最初からわかっていればよかったんですが、診断を受けたのが、リボ払いでクビが回らなくなってからなんですよね。

イケダ:あぁ、診断を受けたのは最近なんですね。

Bさん:はい。今思えば、大学入学前から「双極性障害 (躁鬱病)」と「強迫性障害」を患っていたんでしょうけど……。

イケダ:返済に向けては、どんな努力をしているんですか?

Bさん:いつまでも実家にいるわけにもいかないので、アルバイトなんかもやっているのですが……。やっぱり精神疾患がある状態だと厳しいですね。アフィリエイトをがんばるのがいいと思っているのですが、正直やめたいです……。

イケダ:まぁ、簡単ではないですからね……。特に病んでしまうと。ご負担にもなるでしょうから、とりあえずここでお話は終わりにしましょう。また聞かせてください。

Bさん:はい、ありがとうございます。

ひどい話ですよ。

……という感じの状況です。

ぼくからはとりあえず、「任意整理」と「障害年金の受給」という選択肢があるんじゃない?という提案しておきました。精神疾患がある状態で無理するのは危険なので、いったんセーフティネットを利用するのがベターなんでしょうね……。

ちなみにこちらが、リアルな明細データ。

0

(資料1. 15万円の利用。支払額の25%以上が手数料・利息)

0  1

(資料2. 30万円の利用。手数料率14.5%……。)

すでに診断ももらっているわけですから、こういう状態の人に利息の返済を迫るのは、無理がありますよねぇ……。

せっかくなので、進捗はうちのブログにも書いてもらおうと思っています。Bさんはアフィリエイターなので、その点は話が早い!


(追記)ちなみにBさんに聞いたところ「任意整理をしても、減額幅と着手金などがトントンになるし、ブラックリストに乗るので、あまりおすすめしないと言われました」とのこと。法律家に頼むコストがもっと低ければいいんですけどねぇ……。

関連記事【借金返済】「リボ払い」には手を染めていはいけないことが、最高によくわかる画像。

ご案内。

イケダハヤトって誰?

月額4,980円のアフィリエイト研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中

人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

今日も元気にツイート中。


スポンサーリンク