賛否両論?イケダハヤトが物申す

「オレは仕事で忙しいんだ!」とふんぞり返る、生産性の低い無能な男たち。

スポンサーリンク
スクリーンショット 2017 03 08 7 49 09

「いつも仕事が忙しい」のは、あなたが無能だからです。

お金を稼ぐだけなら、どうとでもできますよ。たかが仕事じゃないですか。

生産性を意識して働いているぼくは、5〜6時間くらいしか働きません。残業とかまったくなし。それで月商400万。

最近は資産運用も始めたので、どんどんラクにお金が稼げるようになってきています。

関連記事:「お金の不安」を解消するために、今日からあなたができること。

 

女性のみなさん。「年収」よりも「生産性」を見るべきですよ。

「電通勤務。年収1,000万だけど毎日残業地獄」みたいな人とは結婚しない方がいいと思います。

 

「毎日残業して、家に帰ってでかい顔している夫は超ダサい」という話をしつこく書いてます。自分の生産性の低さを恥じなさい。

 

すると「彼氏選びの基準に、生産性を加えたい」という意見をいただきました。なるほどね〜。

たしかに、「年収1,000万だけど残業120時間です」という人と結婚しても、まったく幸せになれない感じがします

こどもが生まれたとしても、父親はまったく家に帰らない。育児と家事はすべて妻任せ。たしかに世帯年収は多いけれど、妻は20年以上にわたって「家庭」に閉じ込められ、人生の可能性が狭まっていく……。愛情も冷めていくので、熟年離婚……。

 

既婚者は登録できないので見れてないんですが、大手の婚活アプリ「ペアーズ」とかには「労働時間」という検索項目はなさそうですよね(あったらすみません……)。

スクリーンショット 2017 03 09 9 01 25

年収では絞れるんでしょうけど、むしろ「労働時間」で男性を絞る方が実利があるのでは。「残業一切してないけど、年収800万あります」みたいな人は、かなり人気になりそう。

 

慢性的に残業を受け入れてしまう男は、いくら年収が高くても、そもそもビジネスパーソンとして無能なのですよ

効率の悪いビジネスモデルを放置して、労働時間を増やしてなんとかしようとしちゃってるわけですから。無能やん、それ。

そういう無能な人は、今の時点でいくら年収が高かろうが、すぐに合理化の波に揉まれ、年収水準は下がっていきます。古臭い大企業で働いている人は、軒並み年収下がるんじゃないかなぁ……。

 

有能な人というのは「短い時間で、多くの収入を、安定的に得られる」人です。

結婚を考えている女性のみなさまにおかれましては、そういう男性を選ぶことを強くおすすめします。

結婚したがために人生を縛られちゃあ、元も子もないですからねぇ……。もっと自由になるために、もっと成長するために、結婚しましょう。

 

女性はしっかり見る目を持ちましょう。

長時間労働を当然のごとく受け入れる人をパートナーにすると、育児と家事に縛られて、「母親」に徹するしかなくなりますよ……。

あなたが「こういうことをやってみたいんだけど……」と言うや否や「そんな余裕はうちにはない!お前は家を守ってくれ!何が不満なんだ!?」とキレられる、みたいな。昭和かよ。まぁ、男性側にも余裕がないんでしょうけれど……。

 

国策として「女性活躍」とか掲げるのなら、さっさと労働時間規制・残業規制を法的に厳守させるべきですよねぇ。

無能な男たちを残業から強制解放すれば、育児中の女性はだいぶ動きやすくるはずですから。

 

こちらもどうぞ。

関連記事:父親になったあなたが、妻と子どものためにすべき7つのこと。

 

ご案内。

イケダハヤトって誰?

月額4,980円のアフィリエイト研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

 

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中

 

 

人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

 

今日も元気にツイート中。


スポンサーリンク