東京を捨てて高知へ!移住日記

社会人を8年やって、ようやく「理想の働き方」がわかってきたのでまとめ。

スポンサーリンク
スクリーンショット 2017 03 03 11 07 30

「働き方改革」が話題ですね。

ぼくもずっと働き方については悩んでおりまして、ついに高知の限界集落に引きこもってしまいました。だ〜れもいない、最高の環境です。

 

まだ暑さで消耗してるの? #高知 のお山は涼しいです。クーラーいらず。

Hayato Ikedaさん(@ihayato)がシェアした投稿 –

こういう暮らしをしていると、「ほんとうに大切にすべきこと」がよく見えるようになります。この暮らしをする中で見つけた「理想の働き方」をまとめていこうと思います。

 

365日、いつでも休もうと思えば休める。

いきなりですが……ぼくは病弱なんですよ。

この記事を書いているまさに今も、風邪でふらふらです。

今回の風邪はひどくて、もう4日目。だいぶ回復してきたので、なんとか記事を書けるようになりました……。

……という人って、珍しくないと思うんですよ。世の中には「風邪を引くなんて自己管理できてない証拠だ!社会人失格!」みたいなことを言い張る脳ミソ筋肉野郎がはびこってますが、あれは世迷い言です。

風邪を引くときは、どうしたって引きます。無理。避けられない。

 

家族とともに暮らしている場合は、「突然の体調不良」影響を受ける可能性がいっそう高まります。

「保育園から突然『こどもが熱を出した』と電話がかかってきた」とかあるあるですよね。介護が始まっている世帯だと、親がいきなり体調崩して救急車で搬送された……とかもありえます。

 

何がいいたいかというと、今の日本社会って「やむを得ない事情で突然休む羽目になる」ということに対して、無駄に厳しいと思うんですよね。

誰だって体調崩して休む可能性はあるのに、なぜか「常に健康でいるのが当然だし、そうじゃないと困る」みたいな話になっている気がして。

あなたの職場もそうじゃないですか?

「体調崩してるけど休むと迷惑がかかるから、重い体を引きずって出社する」とか。経営者ならまだしも、サラリーマンがそこまでする必要ないっすよ……。

 

というわけで、ぼくは社会人8年やって気づいたんです。

365日、いつでも休もうと思えば休める」というのは、理想の働き方である……ということに!

 

なんだか地味で小さい話のようですが、これが実現できれば、人間社会はもっと平和で、生産的になると思うんですよね。

まずはうちの会社から「スタッフは体調悪いときとか、いつでも休んでいいよ。仕事の心配はしないでいいよ。経営者のぼくもそうするし」という文化を作っていこうと思います。実際、いい会社だと思いません?

 

長時間労働は絶対にしない。

これは基本中の基本ですね。長時間労働は、何があってもしてはいけません。

長時間労働は、「依存性のある病気」なんですよ。

「締め切りが近いから、仕方なく徹夜する」なんてことを一度でもやってしまうと、それがいつの間にか習慣になり、「締め切り前は必ず徹夜する」ようになってしまいます。

さらに、長時間労働は「伝染する病気」でもあります。

あなたが遅くまで仕事をしていると、知らず知らずのうちに、一緒に働く仲間たちも「長時間労働は当たり前」と思い込むようになっていきます。

 

「仕事ができるようになるためには、長時間働かないといけない」という妄想に取り憑かれている若者も多いですね。

最近わかってきたんですが、「投入した労働時間」と「スキルアップの度合い」は関係ないんですよ。

長時間労働したところで、ビジネススキルは伸びません。それは、大企業とかで消耗的に残業しているおっさんとか見れば一目瞭然ですよね。

 

長時間働くことよりも、どれだけ濃密な時間を過ごすかが重要なんです。

プロスポーツ選手だって、毎晩毎晩、夜遅くまでトレーニングしないでしょう?それと同じですよ。

プロは常に「余裕」を持っているのです。その余裕をもって、新しいことを仕掛けていく。そうすることで、成長するんです。単に残業しているだけでは、何のスキルも伸びません。

 

家族との時間を大切にする。

家族との時間を大切にする。文句なしに理想の働き方、ですよね。

このテーマをあえてドライに語れば、働く人が「良好な家族関係」を築くことは、会社の事業の成功にもつながるんです

 

それは、逆のパターンを考えてみれば一発でわかります。

……ある著名な経営者は、妻との関係が良好ではなく、毎日のようにケンカしていました。

「家に帰っても揉めるだけ」なので、自然と会社にいる時間は長くなり、それにつられてスタッフも慢性的に長時間労働に追いやられていきました。

そんな状況を見て「この職場じゃ、結婚しても家族を大切にすることはできない」と判断して辞めていく、戦力級の20代後半〜30代前半のスタッフもちらほらと……。

家庭問題は社長のメンタルにも悪影響を与えているようで、休憩時間になると、スマホを見つめてはため息を付いています。

社内で回ってきた話によれば、離婚裁判が長引いており、毎月多額の「婚姻費用」を払うことになっているそうな……。

会社の業績も踊り場に差し掛かっており、次の一手を間違えれば業績は悪化していきそうです。

長く働いていたスタッフたちも「こんな状況で社長がメンタル不全……労働環境も悪くなりそうだし、転職しようかな」と考えはじめました。

 

……という感じの話って、よくあると思うんですよ。

上の例だと「社長」ですが、家庭内でトラブルがあると、どんな立場の人でも仕事に悪影響が出ますよね。特に、長時間労働の原因になってしまいます。

 

話を戻せば、長時間労働を禁止し、家族との時間を確保し、良好な家族関係を築く。

それができれば、会社の経営もうまくいく……と、ぼくは思うんですよ。

仕事への意欲、会社に対する忠誠心も高まり、「短い時間で良い成果を出す」意識も強くなっていきます。

また、家族との関係が良好であれば、心身の健康を崩すことも少なくなります。

スタッフがいい家族関係を作っていれば、たとえば「戦力だった上司が、突然うつ病になって休職した」みたいなことはなくなると思うんですよね。

「家庭の中に支えてくれる人がいる」というのは、会社にとっても大きなメリットなのです。メンタルカウンセラーを外注するみたいなものですよ。

 

時間と場所に縛られない。

家族との時間を大切にする意味でも、「在宅ワーク」は基本中の基本。

家でも、実家でも、旅先でも、病院でも仕事ができれば、家族とよい関係を紡ぐことがより簡単になりますよね。

一方、古い会社では「在宅ワークにしたら、社員のパフォーマンスが落ちた。やっぱり出社必須ね」みたいな状況が起こりつつあります。在宅ワークは新しい文化なので、古い革袋にはどうしてもマッチしないのでしょう。

ぼくはかれこれ6年在宅ワークをやってますが、そのメリットは計り知れません。今も布団で記事書いてますからね。

関連記事在宅勤務(テレワーク)歴5年のぼくがメリットとデメリットを語ろう。

仕事の内容によっては、育児との両立も可能です。週のうち2〜3日は、こんな感じで仕事してます。すぐ挟まってくる……。

重要なことは、少なくともぼくの仕事内容においては、在宅で働こうが、育児しながら働こうが、パフォーマンスは落ちていないんです。

うちの会社の売上は順調に増えてまして、年商4,000万くらいあります。前年比2倍の成長率ですよ〜。まだまだ増やしていきます!

だからこれは、ビジネスモデルの問題なんですよ。「時間と場所にとらわれずに、事業を伸ばしつづける方法」はあるんです。

今の会社では無理なら、さっさと転職するか、独立するのをおすすめします。いいビジネスモデルを持っている会社なら、在宅でもパフォーマンスは発揮できます。

関連記事:在宅勤務ができる企業に転職しよう!探し方と求人リスト。

 

こどもと働く。

これはまだまだ実現できていないのですが、こどもと一緒に仕事ができたら素敵だと思うんですよねぇ。

わかりやすくいえば、保育園に入れずに、こどもと一緒に仕事をすればいいんですよ。

「そんなことは理想論だ!」という意見もわかりますが、これも事業領域、ビジネスモデル次第で十分実現できると思っています。

ぼくが考えているのは「旅を仕事にする」というスタイル。

旅行系の記事でしっかり稼げるようになれば、こどもと一緒に旅をすることが、そのまま仕事になると思うんですよね。

こどもに同行してもらうことで、記事の中身もいい方向に深められるでしょうし。

 

他にも「ゲストハウスやレストランを経営する」なんて道も考えています。

高知ではちょいちょいそういうお店があるんですが、こどもが接客してもいいと思うわけですよ。お客さん的にも和みますし。

 

「こどもと働く」は、まだ完璧に実現できている話ではありません。

保育園に入れるのも悪くはないんですが、それなら一緒に過ごして、ついでに商売でも学んでもらったほうがいいとも思うんですよね。小学生くらいになったら、普通にいい戦力になるわけですし。

ぼくは娘に写真撮影を頼もうと思っています。ブログで使えそうなクオリティの写真は、1枚500円で買取。楽しいですよね、きっと。

 

理想の仕事・働き方とは?3つの要素で考える

田端さんのツイートが刺さりました。「一生ずっと続けられて、一応きちんと飯が食えて、好きで好きでしょうがない仕事」ってまさに理想だと思います。僕自身も、まさにこういう仕事を目指しています。

少し整理すると、理想の仕事とは

1. 長期間続けられる(理想的には死ぬまで)
2. それなりに食べていける
3. 好きで好きでしょうがない

という3つの要素から成り立つと考えられるでしょう。
この3つの要素を満たす仕事を見つけるのは、もちろんそんなに甘くありません。 例えば、グローバリゼーションの最中にあり「長期間それなりに稼げる(1&2)」という仕事はかなり見つけにくくなっています。僕のブログメディアによるマネタイズも、5年後はどうなっているか分かりません。

また「大好きで、かつそれなりに食べていける仕事(2&3)」を見つけるのも困難です。「好きを仕事にする」といった時、ほとんどの場合、ここでつまずいてしまうのではないでしょうか。家族がいたりするとまたハードルが上がりますし。
とはいえ、この3つの要素を勝ち得るのは不可能なことではありません。 僕自身もブログメディア運営という仕事に関しては、

1. 長期間続けられる:△
2. それなりに食べていける:○
3. 好きで好きでしょうがない:◎

という状態になっています。そこそこ軌道に乗りましたが、10年後も同じ手段で食えるかどうかだけ未知数です。
現在新規事業として取り組んでいる、NPO向けのマーケティングコンサルティングは、

1. 長期間続けられる:◎(ニーズは当面尽きない&プレーヤーも少ない)
2. それなりに食べていける:×(市場が未成熟でお金を出してくれる団体は少ない)
3. 好きで好きでしょうがない:◎

という状況です。まったく食っていけてないので、これだけではダメですね。あと5年くらい耕す必要があると思っています。
というわけで、3つの要素を「◎」にまで持っていくことを意識しながらキャリアを形成していくと、幸せな仕事人生を歩めるのではないかと思いました。

皆さんはこの3つの要素を満たすことができていますか?ぜひコメント欄やフェイスブック、ツイッターでシェアしてみてください。
働き方関連ではこちらがおすすめ。

 

みなさんの理想の働き方は?

いつも書いてますが、今はいい時代なんです。

新しいテクノロジーの普及によって、ぼくらは新しい「自由」を享受できるようになりました。ぼくがメインにしている「ブロガー」という商売は、まさに新しい自由のかたちです。

自由の範囲が広がれば、今までは「理想」だったものも、現実にしやすくなります。

諦めるのはまだまだ早い。理想を言語化して、よりしっくりくる生き方を手に入れましょう。

 

関連記事。

ライフスタイル、ワークスタイル論、たくさん書いてます。

 

ご案内。

イケダハヤトって誰?

月額4,980円のアフィリエイト研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

 

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

資産運用、ハマってます。

イケハヤ流・資産運用の始め方

投資成績公開中

 

 

人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. ネットで稼ぐ方法まとめ

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

 

今日も元気にツイート中。


(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange