賛否両論?イケダハヤトが物申す

「嫉妬」を卒業すると、「羨望」に変わる。

スポンサーリンク

スクリーンショット 2017 02 11 9 31 45

たとえばプラユキさん。たとえば粕尾さん。彼らの能力をもしぼくが持っていたら、とても楽しいだろうなぁ、と思います。

プラユキさんの傾聴能力、瞑想への知見があれば、人生はまったく違ったものになっているでしょう。妻と喧嘩することもなさそうw

縄飛びは、パフォーマンスとして汎用性高くていいですよね〜。どこでもヒーローになれてしまう!

そういう意味での羨望はぼくにもありますが、無論、彼らを嫉妬することはありません。文脈的によくわかりませんよね。嫉妬したところで、縄飛びができるようになるるわけじゃなし。

結局のところ、ぼくはぼくのできることを突き詰めていくしかできないのです。まだまだ極めていかないとなぁ……。

小野さんのコラムもどうぞ。有料記事です。

関連記事:嫉妬=「隠された課題」(小野美由紀)

ご案内。

イケダハヤトって誰?

30歳になってわかったこと

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ

人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

今日も元気にツイート中。


スポンサーリンク