未分類

追悼・谷口ジロー。彼のマンガを知らない人は、人生を損している。マジで。

スポンサーリンク

朝からショックを受けております……。

谷口ジロー氏の訃報。

ぼくは年間1,000冊以上のマンガを読む中毒者です。そんなぼくが文句なしに愛している作家が、谷口ジロー。もはやこの名前だけで買ってます。

最初に読んだのは大学生の頃だったか……。

「絵柄は好みじゃないけど、これはすごいマンガっぽいなぁ」と、なんとなく手に取った「神々の山嶺」にのめり込んでしまったんですよね。同じくハマった妻(当時は彼女)と一緒に「ふしゅ、ふしゅ」言ってました。

次に読んだのは「シートン」だったか。誰もがどこかで聞いたことがある「シートン」を主人公にした、超本格化派の人間・動物ドラマ。映画を見ているような感覚に襲われる名品に、若いぼくは大感動しました。

そこから「孤独のグルメ」「父の暦」「天の鷹」などなど、電子書籍で手に入る作品はほぼすべて目に通しています。10万円くらいで全集が出たら迷わず買ってしまうレベルで好きです。

若い世代にとってはマイナーといえばマイナーな作家なので、「孤独のグルメ」しか知らないという人も多いでしょう。おすすめをざっとリストアップしたので、ぜひこの機会に触れてみてください。日本が誇るべき、偉大な作家です。

おすすめリスト。

スポンサーリンク