未分類

キャンピングカーは元が取れるのか?費用対効果を考えてみる。

スポンサーリンク

真面目にキャンピングカーの購入を考えています。

キャンピングカー、元が取れるのか?

わが家は家族4人で、娘たちは4歳、1歳という構成です。こどもは3人ほしいので、合計5人が乗車・就寝できるクラスのキャンピングカーの購入を考えています。

たとえば「KATO MOTOR」の「ディーディー」。ざっくり700万円くらいのモデルですね。

スクリーンショット 2017 02 08 20 46 29

いわゆる「キャブコン」だともう少し安くなり、400万前半で手に入る車種もあります。「アミティ」はコスパがよさげ。

スクリーンショット 2017 02 08 20 01 22

個人的には走りの安定感も重要なので、買うならハイエースベースかな、と考えています……。

ちょっと高めに「700万円」だとして、元が取れるか計算してみようと思います。

前提:ホテルに泊まると、一泊1.0〜2.0万。

まずは前提として、「ホテルに泊まる費用」を考えてみます。

実のところ、現在の家族構成だと、ホテルがけっこう安いんです。

というのも、「ハイアットリージェンシー」「ホテルオークラ」のようなハイクラスホテルはだいたい「添い寝無料」なんです。こどもがベッド一台を必要とするまでは、家族4人でも一泊1万円くらいで泊まれちゃったりします。

関連記事:【実はお得】高級ホテルに長期滞在!地方にある「ハイクラスホテル」まとめ。

というわけで、ざっくり一泊あたりの平均価格を「1.3万円」とすると「530泊」程度で、購入価格の700万に達しますね

530泊……w

一応計算すると、5年で元が取りたければ、「年間100日」キャンピングカーに宿泊するとよさそうです

一年の1/3はキャンピングカー。もはや苦行!現実的じゃないですね。

もう少しこどもが大きくなって&家族が増えて、素泊まりの宿泊費が「一泊2万円」になったとします。

となると「350泊」で元が取れます。年間40泊なら9年で回収。

うーん……これでも現実的じゃない気がしますね。

安いキャンピングカーなら。

取得価格を「400万円」として考えてみましょう。

「一泊2万円」だとすると、「200泊」で回収完了。

これならだいぶ現実的で、年間40泊するなら5年で元が取れます

もちろん安い分、いろいろと犠牲にはなるんですが……。変に安いクルマを買って、居住性が悪かったら本末転倒。財布と使い勝手の兼ね合いが難しいです。

リセールバリューが高い。

ここまで書いておいて重要な補足をすると、キャンピングカーってリセールバリュー(中古価格)が高いんです

なので、たとえば「5年乗って楽しみ尽くしたら、中古で売っぱらう」ということも可能なわけです。ぼくはこれ前提で考えています。

たとえば「5年後、新車購入時の半値で売る」という前提なら、700万円で買ったとしても、実質的に350万円で保有できる計算になりますね。

ちなみに、ハイエースに強い中古車販売店「FLEX」で調べたら、ベッドキット付きのハイエース、2011年式・3.3万キロ走行で340万円でした。いい値段ですな。

スクリーンショット 2017 02 08 21 05 13

ただまぁ、キャンピングカー自体が今後大きく進化していく(自動運転+リチウムイオン電池が標準になる)と思われるので、5年後の売却価格はだいぶ下がっている予感もします

売却を前提に購入すると、あとで痛い目を見るかも。む、むずかしい……。

レンタルでどうだ。

普通に使って元を取るのは、なかなか無理ゲー。

リセール前提で購入するのはありだけど、将来的な売却価格は不透明。

そんなら、いっそ「レンタル」で元を取るのはどうでしょう!

「誰でもレンタカービジネスができる」サービスである「Cafore」を覗いてみると、ありました。一泊1.5万円で貸し出してるじゃないですか

スクリーンショット 2017 02 08 21 12 40

ナッツ」あたりでも、やはり1.5万円からレンタルできますね。

スクリーンショット 2017 02 08 21 14 58

それでは、ぼくらは少し安く設定して、「一泊1万円ぽっきり」でレンタルすることにしましょう。

年間30日貸し出せば、年商30万。5年で150万円。

700万円のキャンピングカーなら、実質的な費用は550万円まで下がります。

そんでもって5年後に300万円で売ると考えれば、実質価格は250万!

……という取らぬ狸の皮算用になりますな。

事業としてはあり。

と、ここまで計算してみてわかりました。

ぼくは自営業者なので、会社としてキャンピングカーを購入して、レンタルビジネスをするとよさそうですね

ぼくがキャンピングカーを使うのは、主に農作業がない冬季です。

4月〜12月半ばは、それほど利用することはありません。

この期間にがっつりレンタルして、年間50泊を提供するとします。ざっくり年商50万円。

これを5年やれば250万、稼働率を上げれば5年で400万稼ぐことも難しくない……かな。

そして300万で売却すれば、700万円のクルマだとしても、完全に元が取れます!

取らぬ狸に取らぬ狸を重ねる暴挙!でも、まじめに可能性ありますよね。会社の利益余ったらやってみようと思います。

まだ待ちかな……。

ここまで書いてなんですが、やっぱりまだ「待ち」だとも思います。

上にもちらっと書きましたが、これから自動運転とリチウムイオン電池が来るんですよね〜。この2つの装備は、今までのキャンピングカーを圧倒的に変えてしまいます。

ハイエース、キャラバン、デュカトあたりに自動運転モデルが出てきたタイミングが、キャンピングカーを購入するタイミングといえそう。リチウムイオン電池は着々と安くなっているので、外付けでいいものも増えているでしょうね。今もいい製品あるくらいですし。

関連記事:【2016年版】おすすめ超大容量モバイルバッテリー&ポータブル電源7選

ぼくの予想では、キャンピングカーの買い時は「2022年頃」になるでしょう。その頃には娘たちも大きくなってホテル代がかさむようになるので、わが家的にはタイミングばっちし。

引き続き、キャンピングカー販売会社のサイトを眺めて物欲をたぎらせておこうと思います。

関連記事:【随時更新】長期旅行・クルマ旅のコツをまとめていくよ。

ご案内。

イケダハヤトって誰?

30歳になってわかったこと

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ

人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

今日も元気にツイート中。


スポンサーリンク