東京を捨てて高知へ!移住日記

四国の端に絶景がある!「足摺テルメ」に宿泊して「足摺岬」を散歩したよ。

スポンサーリンク

足摺まで行ってきました!

東京を捨てて高知へ!移住日記 : まだ東京で消耗してるの?

四国の端っこ、最南端。

足摺岬。ここ、どこから行っても超遠いんですよ……。高知空港からでも、軽く3時間かかります。

スクリーンショット 2017 01 14 15 54 34

なかなか行く機会のない場所だとは思いますが、まぁ、ここがすごい。絶景の嵐。日本とは思えない景色が広がっております!

DSC03884

CGのようだ……。

DSC03887

うーん、すごいスケール感。

DSC03906

RPGのフィールド的な樹木。

DSC03899

フォトジェニックな灯台。

DSC03929

散策路も楽しいです。

DSC03965

うーん、足摺岬すごい。景勝地とかあんまり興味ない派なんですが、ここは衝撃的ですね……。ちなみにこのあたりには「竜串開眼」という奇岩スポットもあります。自然好きな人にはたまらんエリアです。

057189c9

足摺テルメに宿泊。

お遍路コースということもあり、足摺エリアは宿がたくさんあります。その中でも圧倒的にクオリティが高いのが「足摺テルメ」。美術館のような美しい雰囲気のホテルです。

スクリーンショット 2017 01 14 16 06 15

重要情報ですが……ここのライブラリで、「ゆずワイン」が実質飲み放題でした。え、いいんですかこれ……!? 甘めの白ワインに柚子を漬け込んだもののようで、さっぱりと苦味が効いた大人味のフルーツワインでした。おみやげにおすすめ。

DSC03759

ライブラリには、大人もこどもも楽しめる書籍が用意。ちなみにマッサージチェアも無料です!優雅にゆずワインを飲みながらマッサージチェアで読書とかできちゃいます。入り浸りそうだ……。

DSC03776

お風呂は嬉しいことに温泉。温泉好きのイケハヤ的評価では、泉質は「中の上」という感じですね。浴槽は水風呂を含めて4種類。湯温の幅が広いので、お好みの風呂が見つかるはず。日帰りもリーズナブルなので、近くに立ち寄った際はぜひ。

スクリーンショット 2017 01 14 16 11 31

んで、ここは料理がハイクオリティなのです!美しい前菜たち。

DSC03792

かつおのたたきも工夫があります。マヨネーズが合う!

DSC03793

刺し身。

DSC03801

天ぷら。

DSC03807

鍋!これかなりいい味付けです。

DSC03809

もちろん地酒も!桃太郎の純米吟醸だったかな。ぐっと味が濃く、それでいて後味すっきりの名品です。

DSC03800

さすが米どころ、米が超うまいです。おかわり自由なのも嬉しいですね〜。

DSC03806

デザートまで走り抜くと、ちょうどいい具合にお腹が膨れました。いいホテルですな〜。

DSC03812

濃厚チョコアイス。最後までハイクオリティです。

DSC03813

朝食ブッフェもいい!

テルメは朝食ブッフェもいいんです。

普通に買うと1玉100円とかする土佐ジロー!これで卵かけご飯ができるだと……!?

DSC03820

ワクワクの茶漬けコーナー。

DSC03823

漬けやらカツオやら……朝から食欲に火がつきますなぁ。

DSC03822

ぼくの作品をどうぞご覧ください。あおさを乗せるのがおすすめです。

DSC03828

じゃこ天や焼き魚など、地元グルメも存分に楽しめます。

DSC03827

大きいホテルのブッフェに比べるとだいぶコンパクトですが、ギュッと満足度の高い食材がまとまっており、総合点は高いです。近くにあれば、朝だけでも食べに行きたいレベル。

DSC03819

足摺楽しいです。

足摺エリアはまだまだ魅力あふれるスポットがたくさん。1泊じゃ探索しきれません……。必ずやまた訪れます!

次回はこのエリアに5〜6泊して、のんびり仕事がしたいですねぇ。連泊がお得な宿があれば、ぜひ情報をください〜。

関連記事:【随時更新】長期旅行・クルマ旅のコツをまとめていくよ。 : まだ東京で消耗してるの?

スポンサーリンク