未分類

【実験】MacBook Pro(2016)は、超大容量モバイルバッテリーで充電できるのか?

スポンサーリンク

そういえば試していなかったので。

MacBookに電気を供給できる、超大容量バッテリー。

わが家にある超大容量バッテリー。このメーカー知名度低いんですが、クオリティ高いし割安なんですよ。

普段はソーラー発電した電力を溜め込み、iPadなどを動かしています。電気代ゼロ!

このバッテリー、新しい「MacBook」にも電気を供給できるんですよ

スクリーンショット 2016 12 25 21 27 02

確認していないのですが、各種のレビューによれば15時間ほど駆動時間を増やせるようです。電池切れの心配がなくなるのはすばらしいですね〜。

MacBook Pro(2016)はいけるか?

わが家にはもう一つ。USB Type-Cで充電するデバイスがあります。

そう、新しいMacBook Proです!

スクリーンショット 2016 12 25 21 30 39

関連記事:【レビュー】新型MacBook Pro(Late 2016)は、まだ買わなくてもいい。

気になるのは「iMuto」の超大容量バッテリーで、MacBook Proが充電できるのか?……ですよね!

はいはいみなさんご注目。早速、試してみました!

結論:充電はできないけど、延命はできる。

IMG 7661

まぁ、当たり前っちゃ当たり前ですが、「充電」は無理ですね。

システムレポートによれば、バッテリーからの供給電力は「10W」。

スクリーンショット 2016 12 25 21 19 10

純正の充電器は「86W」で充電してくれます。その差は8倍!

スクリーンショット 2016 12 25 21 35 23

というわけで、バッテリーにつなぐと一応は充電してくれるんですが、パーセンテージが時間とともにじわじわと減っていきます。充電というか、「延命」という感じですね。内蔵バッテリーは減りにくくなっているようなので、無意味ではないっぽい。

スクリーンショット 2016 12 25 21 34 38

なお、完全にパソコンを閉じれば、じわじわ〜っとは充電してくれると思われます。電車の移動時間でがんばって充電する……とかならありえるかも。時間がかかりますが……。

充電がしたければ。

普通に充電がしたいのなら、以下の製品を使うのがいいでしょうね。100Wまでの出力ができるそうなので、MacBook Proも充電できます。

ネックは価格で、2016年12月現在、23,880円します。このラインの製品がもっと増えてくるといいんですけどねぇ。

「クルマで移動しているからコンパクトじゃなくてもいい」という場合は、こいつがコスパ最強。キャンプや災害時にも使えますよ〜。うちも一台ありますが、キャンプで活躍してます。

関連記事:【2016年版】おすすめ超大容量モバイルバッテリー&ポータブル電源7選 : まだ東京で消耗してるの?

ご案内。

イケダハヤトって誰?

30歳になってわかったこと

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ

人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

今日も元気にツイート中。


スポンサーリンク