賛否両論?イケダハヤトが物申す

就活生「電通の内定ゲット」イケハヤ「……ブラック企業乙。生きて!」

スポンサーリンク
スクリーンショット 2016 11 11 11 08 46

「まだ電通で消耗してるの?」キャンペーン中です。

 

ブラック企業に内定乙。

ほら、「電通」とか「博報堂」って、就活だと勝ち組感が漂っているじゃないですか。

ぼくが就活した時代でも、電通子会社に就職した先輩が崇められてましたね。子会社なのに……。

 

でもまぁ、ぼくは面と向かって言いますよ。

ブラック企業への内定、乙です

と。

 

意地悪なようですが、正直、見る目がないと思いますね〜。

なんでこの時代に、この時期にあえて電通……よっぽど狙いがあるならわかるけど、多分いい仕事はできませんよ。

いや、ブラック企業問題で志願者減ってるだろうから、穴場といえば穴場ですが……。

クライアントを選べないのはもちろん、部署だって自分で決められないわけで……入社してクソ上司にぶち当たったらどうするんでしょ?

関連記事:日本にはびこる「クソ上司問題」について語ろう。 : まだ東京で消耗してるの?

 

墓穴に突っ込むな。

「見る目がない」のは電通にかぎらない話です。

今の時代に朝日新聞とか目指しちゃう就活生は、自ら墓穴に突っ込むようなもの。

メディアやりたいなら、そんな終わってる会社じゃなくて、Buzzfeedみたいな新興メディアの門を叩こうよ!この記事読むべし!

【電通過労自殺】背後でつながる2つの「事件」 ブラックすぎるネット広告、精神論という名の対策

 

テレビ局、大手広告代理店、新聞社、出版社……なんでこういう業界が人気なのか、ほんとうに不思議です。YouTubeでいいんじゃね?

特に!よっぴーさんが「蹴鞠おじさん」と書いてますが、広告業界というのは、いまだに老害がはびこっているんです。

デジタル時代を理解していない上から目線のおっさんたちが、ワラワラと牛耳っているわけですね。沈みゆく船でポスト争い。その下で潰されていく若者たち。地獄絵図か。

関連記事:広告業界は「上から目線のおっさん」だらけなので、優秀な若者は独立したほうがいいよ。

 

就活でブラック企業を避ける方法。

ぼくは仕事柄いろいろな会社を見ておりますが、ブラック企業というのは、明らかに傾向性があります。

具体的にいうと、

  • 頭のおかしいワンマン経営者が率いている。
  • 運が悪いとクソ上司の下に配属されてしまう(上司や部署を選ぶ権利がない)。
  • 長時間労働が美徳とされている。
  • 働く人を「駒」としか見ていない。
  • 新しい技術を取り入れない。

なんて感じ。世間的にはホワイトな会社でも、クソ上司の下に配属されると一気にブラック化したりするので、みなさん要注意です。

若い人たちには失敗してほしくないので、具体的にブラック企業を避ける方法を伝えておきましょう。

 

1. 大企業を避ける。

特に伝えたいのがこれ!

若いみなさん。大企業はやめましょう。従業員が5,000人以上いるような会社は避けるべし。

なぜか?

一番大きいのは「クソ上司」にぶち当たる可能性があるからですよ……。

あなたがどれだけ優秀でも、配属先の上司が最悪なら、キャリア人生は早くも終わります。

成長できないどころか、うつ病になってしばらく働けなくなります。長い人だと5年以上うつ病で苦しんだりするんですよ。

無論、新人がいきなり部署を異動できるわけもありません。「ハズレくじ」を引いたら終わりというのは、ないでしょう……。

上司も選べない、部署も選べない、勤務先も選べない、働き方も選べない……大企業は選択権がなさすぎるんです。

関連記事:辞めてわかった!大企業就職のデメリット11選

新人でいきなりぶっこむとか危険すぎ。力を付けて中途人材で入ったほうが100倍マシだと思いますよ。それなら最初の部署くらいは選べるでしょうし。

大企業はですね、たしかに経営はそれなりに安定していますよ。そりゃあ、零細企業、ベンチャー企業よりはね。

けれど、「経営が安定している」からといって、「働く環境がすばらしい」「個人の人生が守られる」わけじゃないんですって。

ぼくは従業員2.5万人の大手メーカー(日立・三菱系)で働きましたが、自由度なさすぎて絶望的な気分になりましたよ。

案の定?ぼくが勤めた会社は大赤字をこいて、一時国有化され、ガチで潰れかけていました。リストラの嵐が吹き荒れていたあたり、大企業が個人を守る時代は終わったなぁ、と感じました。早く逃げ出してよかった……。

 

あと、大企業のほうが成長できるとか、あれもウソですからね。できるビジネスパーソンはみんな知っていることです。

関連記事:就活生のみなさん。「大企業の研修」は役に立たないよ。

 

2. 出版、メディア、広告系は避ける。

優秀な若者たちが潰れていくのは、もう見たくないっすよ……。

就活では「勝ち組」とされる「出版」「メディア」「広告」あたりの会社は、ほっとんどの確率でブラック企業なので、ぼくはおすすめしません。半分「中の人」であるぼくが言うんだから間違いなし!

特に大手の企業はおすすめできませんね。「給料が高い」といっても、あれ40代くらいにならないと上がらないっすから……。若いうちはせいぜい年収400〜500万円くらいですよ。激務なのに、その程度。ないわー。

もっとも致命的なのは、これらの業種の企業は、そのほとんどが「時代遅れのスキル」しか習得できないんです。

いまだに「記者になりたいから大手の新聞社を目指してます!」みたいな若者がいるけど、すごい勢いでセンスなくて心配になります。絶滅したいんですか……?

 

これらの業種を目指すのなら、まずは「自分でやってみる」のを強くおすすめします

出版ビジネスがやりたいなら、KDPで本を作ってください。

新聞社で記者やりたいなら、ブログを書いてください。

メディアビジネスがしたいなら、YouTubeとか使って番組作ればいいじゃないっすか。

広告ビジネスだってすぐにできますよ。アフィリエイトサイト作れば稼げますよ?

関連記事:「ネットで稼ぐ」は難しくない!……月収1〜2万円ならね。

 

せっかくこんな時代なのに!なぜ自分でビジネスをやらないのか理解不能です。だって、死ぬまでこの業種でやりたいんでしょ?サラリーマンになりたいわけでもないでしょう?

ついでにいえば、自分のビジネスで実績を出すことができれば、有利な条件で就職することもできます。新卒なのに中途枠で講談社に入った佐藤慶一さんとか、そんな感じですね。

関連記事:[就活] 本当に自信があるなら「新卒」じゃなくて「中途」「業務委託」で入ろう:新卒で「講談社」に潜り込んだ佐藤慶一氏に学ぶ

 

「自分でやるのは無理です……」みたいな人は諦めた方がいいのですが、まぁ、どうしても行動力がないのなら、ネット系の企業がいいですかねぇ。

それにしたって労働環境は厳しいし、結局自分でやる力が求められるので、おすすめできないのですが。

 

自分で自動車メーカーを作るのは難しいですが、出版・メディア・広告あたりなら、自分でできるんですよ。今すぐに!

ブラック企業を避けるためにも、これらの業種を目指す若者には「就活してる暇あったらブログ書いて稼げ!」と強く伝えたいッ!

 

3. さっさと転職するつもりで就職活動する。

精神論的な話だと、そもそも会社に縛られるからいけないんですよ。

「あぁ、これは明らかに自分がダメになる」「完全に向いてないぞ、この仕事」と思ったら、ソッコーで会社をやめましょう。

「入社一週間で会社を辞める」くらいの勢いがあれば、ブラック企業に人生を潰されることはありません。

あ、「1年我慢してからやめる」とか死亡フラグですよ。人間は1年あれば壊れます。それどころか、3ヶ月あれば破壊されます。だから、明らか〜にブラックならさっさと辞めるべし。

大丈夫。今は市場がいいんですよ。以前もまとめてますが、第二新卒向けの転職サービスが充実してきているんです。ブラック企業が増えた反動……でもあるんでしょうね。

関連記事:

いきなり辞めるほどではない場合でも、「いざとなったらいつでも辞めてやる」という覚悟を持っておくことは重要。

就職後すぐに転職活動をするのもありだと思うし(これから流行りそう)、のんびり自分を鍛えられる「地方移住」を検討してみるのもいいでしょう。就活が終わったら、高知遊びに来てくださいw 働くの馬鹿みたいになりますよw

 

4. 会社のことばに騙されない。

説明会とか面接で語られることばは、残念ながら「ウソ」だと思ったほうがいいでしょう。

いい話を聞けたとしても「その人が単に運が良かっただけ」であることも多いですから。

最近は良いツールも出てきていて、学生時代のうちに、実際に会社で働いている先輩にインタビューできるマッチングサイトがあったりします。大学の先輩なら、幾分はウソ成分は少なくなるでしょう。

つい先日も、大手転職サイトの「ビズリーチ」が「ビズリーチキャンバス」をはじめましたね。ぼくの頃はこんな便利なものはありませんでしたね……。

ユーザーが少ないうちの方がいい人に出会える傾向があるので、どうぞお試しあれ。ぼくも登録してるので早大生はどぞ。

関連記事:【就活】「ビズリーチキャンバス」でOB訪問。早大生、イケハヤが高知で待ってるぜよ!

 

5. サラリーマンという生き方に囚われない。

学生諸君には、広い目で生き方を捉えてほしいですな。

考えてもみてくださいよ。

ぼくはこんなに偉そうなこと書いてますが、サラリーマン生活は2年でやめてますからね。ほんと向いてませんでした。満員電車も辛いし、無駄な会議も辛いし、残業代出ないのも辛いし、給料低いし……。

そんなことはわかっていたんですよね、ほんとうは。社会人3年目に独立していますが、大学生のうちに知見を広げておけば、もっと早く行動できたような気がしています。

今はいい時代なんですよ、ほんとうに。いろいろな働き方、生き方をしている人を簡単に探せますし、実際に会うこともできます。

うちの元アシスタントの矢野さんとか、ふらっと行ったら会えると思いますよ。就活しないでフリーランスになった、超面白い人間です。彼の家は近所?なので、運が良ければぼくにも遭遇できるかも?

サラリーマン以外の生き方もあるんです。就活生には、それを身体で知ってほしい。ぼくが住んでいる田舎とかになると、会社員自体がほとんどいませんからね!スーツ着てると浮きますよ、マジで。

 

あなたの人生は、あなたが決めるのです。90%の人が就活しているからといって、あなたもそうすべきであるとはかぎりません。

色々な人に会ってみて、本を読んでみて、行動してみて、果たして本当にサラリーマンが向いているかどうか、よく自問自答しましょう。

 

穿った言い方をすれば「私はサラリーマンとしか生きていけない」という思い込みが、ブラック企業を世の中に生み出しているんですよ

「会社やめても生きていけるから、さっさと辞めよう」とみんなが思うようになれば、ブラック企業なんて存在しようがないじゃないですか。ぼくはそういう社会が作りたいのです。

世界はあなたが思っているよりも、自由度が高いのです。

 

中小企業と大企業の決定的な違い

某所で「中小企業と大企業、どっちがいい?」的な話をしてきました。基本的にはどっちでもいいと思いますし、ダメなら移動すりゃいいとも思いますが…

大企業は「誰と仕事をするか」を選べないのが絶望的にキツいです。

仕事を選ぶ相手、上司、同僚、さらにはクライアント、それらを自分の意思で決定できないというのは、悪夢的な状況です。うんこな上司に当たったらどうするんでしょう。どれだけ優秀でも力が発揮できず、嫌がらせなんか受けたりして、下手したらうつ病になるリスクもあります。

ぼくの知っている範囲でも、実際にクソ上司に潰された優秀な若手がいます。これは本当、大企業のリスクです。誰が上司になるか、自分がどこの部署に行くか、もはやくじ引きみたいなものですからね。本人の希望を一切聞かずに配属・転勤を決めるとか、もはや人権侵害だと思いますが…。

中小企業はそうではありません。誰を上司にするかを選びやすいですし、突然変なおっさんが上に立つリスクも少ないです。「家を買った瞬間に転勤が決まる」みたいな非人道的な処遇もありません。その意味で「ワンマン中小企業」というのは、ちゃんと選べばすばらしい環境になると思います。尊敬できる経営者の近くで働けるということですから。

 

尊敬できる人と働こう

さて、「誰と仕事をするか」を選ぶときは、「尊敬できるかどうか」を重視する必要があります。

というのも、尊敬できない人々に囲まれた環境というのは、あなたの成長を止めるんです。あなたがどれだけ成長意欲があろうとも、周りが尊敬できない人々だと、成長できないんです。

尊敬というのはすばらしいメカニズムで、誰かを尊敬しているとき、人はより多くのことを、尊敬している対象から学ぶことができます。

たとえばあなたがぼくを超尊敬していたとします。すると、ぼくが「寝不足で昼寝をしている」姿を見たとき、あなたは「イケダさんはちゃんと体調を管理していてすごいなぁ」と、勝手にリスペクトしてくれます。そしてあなたは、あなたなりに体調管理を頑張るようになります。「尊敬」というメカニズムは、より多くのことを人に学ばせてくれるんです。

逆に、「尊敬できない」というフィルターは、対象から学ぶことを阻害します。これはよくわかりますよね。どれだけ凄い人でも、なんとなく尊敬できない感じがあると、やっぱり参考にはしたくないわけです。あなたが成長できるか否かというのは、あなたが一緒に働く仲間を尊敬しているかどうかで、大いに変わるのです。

 

大企業より中小企業の方がオススメです

というわけで、基本的なスタンスとして、ぼくは中小企業の方がオススメだと思っています。もっとも研究職など、大企業じゃないとできない仕事がある場合は別ですが…。

また、中小企業といっても千差万別なので一概には言えません。ブラック企業は中小企業にこそ多い気もするので、その点は一応補足しておきましょう。しかし、中小企業のなかには、ちゃんと探すといい会社は山ほどありますから。

就活生の方々、リクナビ・マイナビに載っている会社は全体のごくわずかであることを理解しましょう。あのサイトに求人出しているような会社は、もはや逆に避けるべきだとすら思いますよ。ベツルートとかに名を連ねている会社の方がおすすめです。

スクリーンショット 2015 02 22 15 52 58

 

晴れて内定をゲットしたみなさまにおいては、どうぞ使い潰されないようにしてください……。相性がありますからね。

辛くなったらいつでも高知に来てください。あなたが活躍できる環境、田舎にもありますから。

関連記事。

就活生向けの記事も書いてます。ここらへんどうぞ。

 

ご案内。

イケダハヤトって誰?

30歳になってわかったこと

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

 

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ

 

人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

 

今日も元気にツイート中。


 

スポンサーリンク