福井旅レポート

【福井グルメ】甘エビ&がまえび(越前エビ)を刺し身で食べ比べ!違いはいかに?

スポンサーリンク

がまえびを食べました!

福井旅レポート : まだ東京で消耗してるの?

幻のがまえび。

DSC00012

越前海岸のお魚天国に足を踏み入れたら「がまえび」という食材に出会ったんですよ。

関連記事:【福井】お土産に最高!越前海岸の「道の駅&まるさんビーチマート」がお魚天国すぎる……。

なんだこれ?ちょっと見た目がグロい感じ。

DSC09981

調べてみると「ガサエビ」「トゲザコエビ」「越前エビ」とも呼ばれる珍しいエビだとか。「幻のエビ」だそうです!

越前エビとは、標準和名をトゲザコエビといいます。しかし、これまで地元の人がこっそり食べていたので、福井県内でもその呼び名は様々です。

がらえび・がまえび・ぶるえび…。「地元の人がコッソリと」って、決して福井県の人が欲張りなわけでもなく、水揚げ量が少ないことと鮮度が極端に落ちやすく、遠くへ運べなかったからです。

越前えび – 荒海倶楽部 福井の海鮮・海産物の通販

というわけで、高知に持って帰って刺し身にしてみました。甘エビも一緒に買ったので比較できます。左が甘エビ、右ががまえびです。

DSC00177

気になるお味は……。

甘エビと比較すると、少しエビっぽいクセがあります。まぁ正確にいうと、甘エビのクセがなさすぎるのですが……。

DSC00176

味は甘エビに比べると、一段「濃厚」。甘エビに負けない甘さがあり、感覚的には「甘エビの上位互換」といってもいいでしょう。見た目が甘エビより悪いのと、鮮度が持たないのでそこはマイナス。食材としてみれば超一級です。

ちなみに福井の甘エビ、こちらも最高でした。子持ち!

DSC00174

ネットで買うと500gで3,000円くらいするみたいですが、現地なら同じ容量で500円くらいです……。やはり産地で食べるのが賢いですね。

福井旅レポート : まだ東京で消耗してるの?

スポンサーリンク