賛否両論?イケダハヤトが物申す

イケハヤもはあちゅうも高学歴だ。ぼくが受験勉強で学んだこと。

スポンサーリンク

スクリーンショット 2016 09 19 9 30 08

この話は面白いですね〜。

「イケハヤもはあちゅうも高学歴じゃないか」

若者が大学を辞めて独立するとか、そういう話についてこんな意見が。

んで、ほっしーさんがこんなことを書いていました。面白いのでどうぞ。

一流の人に高学歴が多いのは当たり前ですよ。受験勉強というのは「競争」であり、それを勝ち抜ける人は、資本主義的な競争のなかでも勝ちやすいというわけです。

ぼくはあの競争から、こうしたことを学びました。

受験勉強をスタートしたのは高校3年生の夏だったのですが、ぼくは上記のことに気づいたので、最大限学校に通わず、ひたすら家で勉強していました。

1日11時間の勉強を半年ほど続けたら、サクッと早稲田政経に受かりましたよ。いずれも試験終了直後に合格を確信したくらい「楽勝」でした。ま、しょせん早稲田ですしね。

「大学に通うこと」には大した価値はありませんし、もはや高い授業料を払う意味もないんですが、「受験という超わかりやすい競争」に参入することには価値があります

ぼく自身。若いうちに「自分が勝ちやすいやり方がある」ということに気づけたのは、大きな資産となっています。ブログの世界も競争ですから、やっていることはあんまり変わりません。

……とはいえ、今の時代は、あえて受験勉強というレースに参加しなくても、他の競争市場が山ほどあるので、そちらで戦ってもいいんですよ

ようするに、それなりに苛烈な競争に参加するというのがポイントなわけですから。

ぼくが今高校生なら、YouTuberやインスタグラマーを目指しますかねぇ……プロゲーマーも面白いかも。今、その世界で戦って上位0.1%に食い込めたら、ものすごいことじゃないですか。東大に受かるより価値がありますよ。

資本主義の亡霊はどこまでも付いてきます。あなたなりのやり方で、資本主義的な競争を勝ち抜いていきましょう。ぼくも毎日がんばっております。

関連本。

資本主義攻略の考え方を書いてます。ここらへんの本も合わせてどうぞ!

ご案内。

イケダハヤトって誰?

30歳になってわかったこと

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ

人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

今日も元気にツイート中。


スポンサーリンク