賛否両論?イケダハヤトが物申す

成長に必要なのは、ハングリー精神ではなく、恐怖心。

スポンサーリンク

ビビりです。

努力しない人はビビらない。

先日、名言まとめの形式でも紹介しましたが、この2冊、ほんっとーにおすすめです。ブログ書いている人は必読。

「プロがプロたる所以編」に収録されている、栗原正尚氏、甲斐谷忍氏の対談から。

栗原 継続は力なり、じゃないですけどね。甲斐谷先生も、作品は変わるけど、休みなくずっと描いてるじゃないですか。

甲斐谷 僕って、休むと不安になるんだよね。干されると思って

栗原 俺もありますよ。やっぱり、暗黒時代を経験してるから。

甲斐谷 暗黒時代を経験すると、あれに戻りたくないっていう恐怖があるから、ある意味いいよね。

栗原 『グランドジャンプ』も、何回かに一回は休載させる方式を取ってるじゃないですか。でも、俺は、「休むんだったら終わらせてくれ」って言ってますからね。休むと本当に、また干されるんじゃないかって不安になるから。

甲斐谷 頑張らない人って、そこの恐怖心回路みたいなのものが、ちょっと欠けてるのかな。

栗原 ああ、危機感が無いというかね。

甲斐谷 なんか、努力しない人って、ビビらないよね。僕は自分が努力家とは思ってないけど、ただ、努力しない人と自分がちょっと違うなと思うのは、その部分だよね。僕は、常に何か恐怖を感じているわけよ。干されるかも、もう仕事が無くなるかもって、そういう恐怖心に煽られて、やらずにはいられなくなるんだよね。だから、若い人はもっと怖がったほうがいいよね。

もうほんとその通りで、ぼくも周りのブロガーを見ていて、まったく同じことを思います。ぼくが一番ビビってる気がします。すぐ弱気になるし。

これはもう、仕方ありません。稼げるようになっても変わらないので、お金の問題でもないんですよねぇ。年商1億稼げるようになっても、「最近ヤバい……もっとがんばらないと」とか思ってそう。月商250万でもそう思ってますからね。

思うに、「もっとガツガツやってやるぜ!!」みたいな「ハングリー精神」はいらないんですよ。あってもいいんですが、それって続きにくいので。そこをモチベーションにすると、疲れてしまう気がします。

それよりも、まずは「恐怖心」を持つことです。

ブログで飯が食えたとしても、それがいつまで続くかはわかりません。「自分がやっていることは、時代遅れになっているんじゃないか?」という恐怖を、常に抱き続けるべきなのです。ほんとうに、放っておくと、すぐに時代遅れになりますから。

加えて、「好奇心」を持つことも大切です。新しいことについて、常にワクワクした気持ちを持ち続けるのです。自分の変化、世界の変化を楽しめる人は、持続的に成長できると思います。

久々に刺さりまくった良著です。名言まとめにビビッときたら、ポチッとどうぞ。5月中なら20%ポイント還元です。



ご案内。

イケダハヤトって誰?

30歳になってわかったこと

ブログは稼げる。月商500万円超えました!

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

出版レーベル「イケハヤ書房」創刊!


LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。



Instagramやってます

スポンサーリンク