このマンガは読んでおけ!

一流になりたい?それならジャズマンガ「BLUE GIANT」を読むべし。

スポンサーリンク

おすすめマンガをご紹介。

真っ直ぐに、一流を目指すジャズプレーヤーの姿。

ジャズに心打たれた高校3年生の宮本大は、川原でサックスを独り吹き続けている。

雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。

「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」

努力、才能、信念、環境、運…何が必要なのか。

無謀とも言える目標に、真摯に正面から向かい合う物語は仙台、広瀬川から始まる。

「BLUE GIANT」はジャズプレーヤーの若者たちを描いた、新感覚の青春・音楽マンガ。文句なしの名作。黙って全巻買っちゃってください。

主人公・大の態度にしびれます。名言だらけなんですが、ここは特にしびれたので引用。

IMG 5011IMG 5012

スクリーンショット 2016 05 16 14 09 51

す!すみませんでした……!!

捜索をしている方は漏れなく「ドキッ」とする言葉ですよね、これw

いやほんと、大さんの言うとおり……悩んでいる暇などないのです。そんな暇があるなら、練習して、舞台に立つべし。

悩むな、突き進め。

石塚真一は、「岳」という名作も手がけています。こちらは「山岳救助」がテーマ。

秋の北穂高岳。登山中の中年男性・黒岩が、雪に足をとられて崖から転落、腕を骨折して動けなくなってしまった。山麓の警察署では下山時刻が遅れていることから、山岳遭難防止対策協会のボランティア・三歩に救助を要請することに。見かけは頼りなさそうな三歩だが、ヒマラヤや南米の山を歩いてきた経験豊富な救助員で…

主人公のイメージは「BLUE GIANT」と似ている部分があり、「純粋な情熱で迷わず突き進む」人間像として描かれています。

ぼく、この種のタイプの主人公大好きなんですよね。

やっぱり人間って、くだらないことで悩むじゃないですか。

ぼくもそうですが、悩みがちな人は、「悩んでいる自分」が好きなんでしょうね。弱い人ほど悩む傾向があるのは、悩むことが、「癒し」になるからなんです。

「岳」「BLUE GIANT」を読むと、そういうくだらない、弱い自分は吹き飛びます。まさに「悩む資格」なんてないことに気づきます。で、重い身体を持ち上げて、前に淡々と進んでいくわけです。

良いマンガとの出会いは、人生を変えてくれますよ。最近マンガ読んでいない方はぜひポチッとどうぞ。スマホでも読めますんで。

ついでにいうと、登山マンガは名作が多いです。打ち震えますよ〜。

ご案内。

イケダハヤトって誰?

ブログは稼げる。月商500万円超えました!

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

出版レーベル「イケハヤ書房」創刊!

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ

人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

今日も元気にツイート中。


Instagramやってます

スポンサーリンク