おすすめ本・セール情報

ピカソは「駄作だらけ」の作家であることを、あなたは知っているか。

スポンサーリンク

この話大好きなんです。

ピカソは駄作だらけ。

予測不可能な世界では過去の分析や未来予測は意味がない。

コントロール不可能と考えられている「偶然や運」を取り込むことが成功への道だ。

本書では、成功者や企業の事例を豊富に挙げながら、ランダム性・偶然・運を取り入れ方から成功するための方法までを紹介。

この本、超面白いので推薦しておきます。しっかり読み込んで実践すれば、成功確率高まりますよ。実践するの難しいけど……。

資本主義の成功ルールを示す、ひとつのエピソードを引用します。誰もが知っている、パブロ・ピカソの話。

一回の目的ある賭けにはある程度の成功確率しかないとすると、賭けの回数を増やせば増やすほど、成功しやすくなる。何度も挑戦すればするほど、うまくいく確率は高くなるというわけだ

芸術界におけるピカソの影響力から想像すると、ピカソは想像以上に数多くのサイコロを振ったに違いない。実際、その通りだった。

パブロ・ピカソは生涯に五万点以上の作品を描いた。一〇万点を超えるという説もある。一日あたり二点から四点のペースである。彼は間違いなく、今まででもっとも多作の芸術家だ。

一九八〇年、アメリカのニューヨーク近代美術館にピカソの絵が一〇〇〇点展示された。四か月のあいだに一〇〇万人以上が訪れ、常設展示の場所を移動するほどの事態となった。

「作品にこれほど注目が集まる画家をほかに知りません」。こう話すのは、当時同館で絵画・彫刻の主任学芸員を務めていたウィリアム・ルービンだ。

このような称賛の言葉を聞くと、ピカソがほかの有名画家の誰よりも駄作の多い画家であることを忘れてしまう。彼の作品の多くは、世界中の地下室で埃をかぶっている

理由はちゃんとある。ひどい絵だからだ。ピカソには、どの作品が称賛されてどの作品がリサイクルに回されるのか、確信を持って予想することはできなかった。彼は、同等確率の法則に従って、作品がものになるかどうかの賭けをした。その結果、ピカソの作品は彼を成功に導いたのである。

このような例はピカソだけではない。

ヴァージン・グループは四〇〇社以上の会社を立ち上げ、グーグルは何百もの製品を作った。アルバート・アインシュタインは何百本もの論文を書き、トーマス・エジソンは一〇九三個の特許を取って何万もの実験を行った。今では有名な話だが、アップルが新しいアイデアを生み出すときは、九〇パーセントが失敗に終わる

小さく賭けろ。

この本では「小さな賭け」をすることが重要だと語られています。また別のエピソード。

つい先頃、巨大グローバル複合企業のCEOと食事をしながら、このテーマについて話し合った。彼は当時抱えていたジレンマについて私に尋ねてきた。

「昨年、画期的な開発をするための予算として、ある幹部に三〇〇万ドルを与えたんです。彼女は優秀な幹部ですが、どうなったと思いますか? 可もなく不可もなくといったものしか出てきませんでした。この結果をどう受け止めればいいのでしょう?」

「特に結果が出なかったとき、彼女にもう三〇〇万ドル与える気はありますか?」私はこう尋ねた。

「もちろんありません」

そこが問題ですね

私は言った。

この場合、くだんの幹部は失敗を避けるため、既存の製品に多少手を加えたものを出してきたに違いない。つまり、特におもしろいものはできないわけである。また、ひとつの大きな賭けにすべての資金を投資したことも明らかだ。しかも、そもそもそういう約束で予算を与えられていた。どちらの行動も彼女をランダム性から遠ざけ、論理的な方向へ向かわせる。

もし次の機会があったら、予算を五〇万ドルずつ六つに分け、彼女がそれを別々の六つの賭けに使う限り、どんな結果が出ようと全額を保証してください。そして、五〇万ドルから少しずつ使い、四分の一の金額で何らかの結果を出せるよう挑戦しろと、彼女に言ってください。実行可能な小さな一歩を踏み出すには、それで十分です。」

これは最近ではよく知られてきた話で、ビジネスシーンでは「リーン・スタートアップ」と呼ばれますね。いまだにこの本を知らずに大きな賭けで失敗する企業が多いのには呆れますが……。

ひたすらチャレンジすること。

とまぁ、本書はわかりやすく成功のヒントが詰まっています。やるべきことは明らかなので、あとはもう、やるしかないんですよね。幸い多くの日本人は本を読まないので、この本を読み込んでおけば、成功確率は上がりますよ。

ぼくは7,000本くらいしか記事を書いてないので、まだまだですね……。ブログ記事なら、10万本くらい書かないとスタートラインにすら立てないんじゃないかなぁ。死なないように、書き続けます。

ご案内。

イケダハヤトって誰?

ブログは稼げる。月商500万円超えました!

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

出版レーベル「イケハヤ書房」創刊!

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ

人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

今日も元気にツイート中。


Instagramやってます

 

スポンサーリンク