有料記事

「自分に自信がない人」は、文字通り「何をやってもダメ」だと思った話。(有料記事)

スポンサーリンク

Rectangle large 37f1f37152d8b954058e9db442ad9b62

先日、とても残念なものを見てしまいまして……いや、よくあるんですけどね。

なにかというと、「この人は面白い!伸ばせば光る!」と確信していた書き手がいたんですよ。

Bさんとでもしましょうか。Bさんは「学ぶ姿勢」もある方なので、このまま1年続ければいい結果が出せそうだな、と見ていました。


が!なんと!

久しぶりにブログを見たら、消滅しているではありませんか……。

はてブのアカウントは生きていたので、彼のコメントをちらっと覗いてみたら……「ブログで稼げる!とか嘘なので、信用しちゃだめ!」みたいなことが書いてあったんですよね……。

他のコメントを見ると、暗に、ぼくを批判しているようなニュアンスも……えー、ぼく悪者になっちゃうの?w


Bさん、「自分に自信がない」タイプの方だったんですよ。

だからこそ、ぼくはBさんの文章が好きだったんですけど、完全にダークサイドに落ちてしまったなぁ、と悲しい気分になりました。

引き上げてあげることができればいいけど、ぼくじゃだめなんだろうなぁ。はてな村には、ネガティブな人が多いですからね。


Bさんの「転落」を見て痛感しましたが、この資本主義経済において、「自分に自信がない」というのは、致命的だと思うんですよ。もうちょっと詳しく、解説してみましょう。


この記事は300円で販売していますが、月額500円のマガジンにも収録しております。マガジンで読んだ方が圧倒的にお得なので、どうぞご検討ください。


自分に自信がない人は、諦めるのが早すぎる。  

続きはこちら:「自分に自信がない人」は、文字通り「何をやってもダメ」だと思った話。 

スポンサーリンク