おすすめ本・セール情報

「悟り」を開いたブッダは、「遊ぶ」ことにした。

スポンサーリンク

マニアックな一冊なんですが、めちゃくちゃエキサイティングでした。

解脱したけど、何をしよう?

仏教の大きな疑問として、「ブッダは悟りを開いたあと、なぜその教えを広める活動に従事したのか?」というものがあります。

話すと長いのでざっくりすっ飛ばしますが、「悟る」ことと、「教えを広める」ことって、うまく繋がらないんですよ。説話だと「ブラフマーに説得されたから〜」みたいなことが言われますが、あれはあくまで伝説ですし。どう理解すればいいのかなぁ、と思っていたら、この本に納得のいく論理が示されていました。

やや長いのですが、重要なので引用します。

渇愛を滅尽し解脱に至った者たちは、存在することを「ただ楽しむ」のである

それはもちろん、「欲望の対象を楽しみ、欲望の対象にふけり、欲望の対象を喜ぶ」ような、執著によって得られる「楽しみ」ではなく、むしろそこからは完全に離れ、誰のものでもなくなった現象を観照することによってはじめて知られる、「最高の楽(parama sukha)」と言うべきものだ。

対象への執著がなく、利益が得られるわけでもなく、必要が満たされるわけでもないが、「ただ楽しい」。そのようなあり方のことを、「遊び」と呼ぶことは許されるだろう。

仏教では、何ものにもとらわれない自由闊達な仏の境地のことを「遊戯三昧」と形容するが、ここで言う「三昧」は、「集中」というより「まじりけがない」というほどの意味。つまり、解脱者たちの生きる時間は、その本質として、純粋な「遊び」であるということだ

したがって、彼らの一部が利他行の実践へと踏み出すのも、もちろん「遊び」ということになる。彼らは「必要」だからそれをするわけではないし、「意味がある」からそれをするわけでもない。

ただ、眼前の「衆生」と呼ばれる現象は、それが本来「公共物」であることに気づかずに、「それは私のものであり、それは私であって、それは私の我である」と考えて「世界」を形成し、自縄自縛の苦しみに陥っている。

解脱者たちも、かつては凡夫であったがゆえに、それが彼らにとっては「事実」であり「現実」の苦として作用していることをよく知っているから、それを「ただ助ける」ことにするのである。

「ただ助ける」というのは、解脱者たちには行為の対象である衆生に対する執著がなく、「物語の世界」を実体視してもいないがゆえに、それは意味も利益も必要もなく、「ただ行われる」ということ。

したがって、それは「遊び」である。そのように「遊び」として「ただ助ける」ということが、捨の態度を根底に有しながら慈・悲・喜の実践を行うということの内実なのであり、それがいわゆる「優しさ」と「慈悲」との違いであるということは、既に述べたとおりである。

ブッダはある意味で「遊び」として、その教えを広めていた、ということでしょう。うーん、超面白い。たしかに、人を助けることって単純に楽しいですしね。それは名誉欲とか承認欲求ではなく、純粋な楽しさだ、ということでしょう。

「遊び」という極地。

これは面白い話で、結局のところ、人間は「遊び」に行き着くと思っているんです。

ぼくもいろいろ偉そうなことを書いて、お金を頑張って稼いでいますが「何のためにやっているの?」と問われたら、「うーん、楽しいからですね」という回答になります。で、そういう人は直感的に増えている。地域おこし文脈の人たちは、みんな「遊び」でやっている印象があります。

社会的意義があることをしているつもりはありますが、その前提として「ぼくが楽しいから」という論理があるんです。自分が楽しいと思えないこと以外は、そもそもやろうと思いませんし。お金のためにつまらない仕事をすることも、もはやなくなりました。

論理的思考の極地とも言える「仏教」が、最後に到達するポイントが「遊び」だ、というのはひじょうに刺激的。こういう風に納得するのもおこがましいのですが、自分の方向性は間違っていなかった、という確信を得ることができました。そうですよ、遊べばいいんです。どうせ人間、すぐに死んでしまうんですから。

テーマ自体は専門的な一冊ですが、特別な知識がなくても読める良著です。「仏教って宗教でしょ?なんか怪しい」とか思っちゃっている人は、こういう本を読むと誤解が解けます。

仏教本はぼくも出版しています。今年も一冊電子で出るかな。好きなんですよ、このテーマ。割と本当に、お寺を作って出家したいと思っています。

東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

東京を捨てて高知に移住して、丸一年。今感じていることをまとめてみた

イケハヤ商店始めたよ!

一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

お知らせコーナー

(new!)月額500円で意識が高くなる有料マガジン始めました!

月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

(new!)月額3,000円の「地域おこし」コミュニティも始めました!

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

人気記事セレクション

「環境を変えたい」あなたにおすすめの転職サイトたち。

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめグッズ、家電製品まとめ by イケダハヤト

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

無料でできる「ストレグンスファインダー」的サービスで「自分の強み」を知ろう

フェイスブックにいいね!

今日も元気にツイート中


スポンサーリンク