賛否両論?イケダハヤトが物申す

1文字0.5円のジリ貧ウェブライターよ。ぼくはライティングで1日20万円稼いだぞ!

スポンサーリンク

ちょっと実験的にがんばってみました。疲れた!

 

原稿料20万円稼いだよ。ウェブメディアのライティングで。

文字総数は約1.1万字。生産時間は5時間ほど。多分直しはありません。

んで、原稿料20万円なのでビジネスとしてはかなり割がいいですね。文字数単価でいえば、1文字=20円。このくらいが正当じゃないかなぁ。

何よりですね、限界集落にひきこもってここまで稼げるわけです!半年分の家賃ですよ、20万って。矢野さんの家は家賃1万円なので、1年8ヶ月分。さて、このお金で何を仕掛けようか…。竹を粉砕する機械が欲しいんだよなぁ…。

 

1文字0.5円じゃ食っていけないよ。

ランサーズあたりにある案件って、概ね1文字1円程度なんですよねぇ。1000字書いて324円かぁ。まぁ、内職にはいいかもしれませんが…。

スクリーンショット 2015 12 14 16 00 31

ぼくレベルのライターでも、生産量的にはアベレージで1日1.5万字がいいところです。素人だと、せいぜい1日5000字がいいところでしょう。1.5万字書けるようになったとしても、1文字0.5円だと、日給で7,500円ですからねぇ…これじゃ消耗します。締め切りにも追われるでしょうし。

 

「ライターはあくまで駒」by Umekiさん。

ぼくもその気になれば、ライター稼業で1,000万以上稼げる自信はあります。

その気になれば、ですけどね。疲れるからやりたくないです。

ビジネス作ろうぜ!

外部メディアにライティングする場合でも、単価はあげられるんですよ。

イケダハヤトに依頼する場合は「5万円」でも安いと思いますよ。えぇ。ぼくが記事書くと、普通に5,000〜10,000PVはいけますから。

あなたはどうです?ページビューで貢献できます?ぼくの場合は、ついでにうちのブログに転載しますよ(ドンッ!)。ツイッターでも、フェイスブックでも拡散しますよ(ドドンッ!)だから、5万円じゃ安いのです。がはは。ワンピース的な何かをご想像ください。

神龍級のライター・はあちゅうさんも書いてましたが、お金をもらう以上、宣伝までやります。当然です。書いて終わりじゃ、単価上がりませんがな。

私がメディア運営者の立場なら、

同じ値段だったら、

書くだけで仕事が終わったと思ってるライターさんより

書いて自メディアで宣伝もしてくれるライターさんに頼みたいです。

なので、私の中では、特に「矛盾」はありません。

(むしろ私は書いて終わりとか出て終わりだと思ってる人ってすごいなあと思ってしまう)

はあちゅう 公式ブログ – 仕事は「書くまでが仕事」だと思ってる人より「宣伝するまでが仕事」だと思ってる人に頼みたい – Powered by LINE

これに限らず、ライティング自体のビジネスモデルは、まだまだ改善できるんですよ。まずは自分がメディアを持つことから、ですが。自分のメディアがあれば、外部媒体との連携のあり方は大いに変わりますよ。んで、単価を上げることができます。

自分でメディアを作るほうが合理的なんですよ。

もっとも大きいのが「資産になる」こと。実際、うちのブログは長年書き続けた結果「不労所得」を生み出す事業に育ってます。6年かかったけどね!

関連記事:ブログは不労所得になる:更新サボっても、毎月80万円くらい稼げるようになりました

今後5年間ライター稼業を続ける気持ちがあるのなら、さっさと自分のメディアづくりに舵を切るべし。

5年後、大きな差になってますよ。自分のメディアは短期的には収益にならないので、バランスを取りながら成長させていきましょう。

実際、しおたんさんなんかも、自分のブログをちゃんと育てればもっと面白い作品が作れると思うんですよね〜。

そっちの方面も頑張られているようなので、ぼくが言うまでもないとは思いますが。どんな弾を打ってくるか、楽しみですね!

ぼくを見習ってください。ブログ塾の方で、やり方は全部公開してますから。最後に宣伝を入れるあたりも、ビジネスですよ。

 

 

ウェブライターなのか、ウェブコラムニストなのか。

灯台もと暮らし」の鳥井さんが良いことを書いてます。

ぼくの周りにも、しばしば「ウェブライター目指しています!」みたいな方が集まってきます。

現役の人には申し訳ないですが、ぼくは基本的に「いや、多分それは、けっこうつまらない仕事ですよ」と伝えるようにしています。多くの場合、「ライター業」を勘違いしていますから。

鳥井さんが語るように、「ライター」と「コラムニスト(「ブロガー」でもいいでしょう)」はかなり違いがあります。なんでしょう、「サラリーマン」と「芸能人」くらいの違いですかねぇ。

 

分かりやすい話で、ライターに求められるのは、「クライアントの要望を実現すること」です

ライター業というのは、一般的には「具体的な依頼」がベースにあるんですよ。「書き起こしをして編集してください」「取材をしてください」など。で、そのライティングの対価として原稿料をもらうわけです。

重要なことですが、多くの場合、ライティングには「個性」は求められません。ライター業というのは、原則的に「黒子」なのです。

 

「コラムニスト」には、いうまでもなく「個性」が求められます。クライアントの要望というものは得てしてざっくりしており「こんな感じの主張、コラムを書いてほしい」というレベルです。何を書くかよりも、誰が書くかの方が重要なわけですね。

 

ぼくは明らかにコラムニストタイプの書き手で、ライティングのような黒子仕事は滅多にしません。取材をするときも、ぼくの個性を出して記事を制作するスタイルを取っております。ぼくの個性を出さない記事であれば、他の人に書いてもらえばいいわけですから。

 

あくまでぼくの主観ですが、ライティングワークは「つまらない」ものです。

淡々とクライアントの要望を実現していき、自分の能力の改善をひとり喜ぶような仕事です。自分の名前が出にくいので、表現者としての喜び、浮き沈みは経験しづらい仕事です。

ぼくは舞台に出て演技をしたいタイプなので、黒子の仕事は「つまらない」んですよ。ヒリヒリ感、麻薬性がないというか。わかりやすくいえば、ライターは炎上しにくいけど、コラムニストは炎上しやすいのです。炎上は面白いですよ〜。

 

あなたはどのタイプ?

これは「編集者になりたいのか、書き手になりたいのか」と同じくらい、曖昧で、それでいて根本的な問いです。ぼくの場合は「書き手で、しかもコラムニストでありたい」と考えているタイプです。パターンとしては、

  • 編集者で、コラムニストでありたい(cakesの加藤さん、灯台もと暮らしの鳥井さんとか)
  • 編集者かつ、ライターでありたい(現代ビジネスの佐藤慶一さんとか。)
  • 書き手で、ライターでありたい(名前が知れていない人も多いですが、有名どころだとブックライターの上阪徹さん)
  • 書き手で、コラムニストでありたい(小田嶋隆さんとか)

なんてマトリックスになるのではないかと。面倒なので図にはしませんが、四象限で分類できますね(こういう図をいい感じに作るのが、編集者の仕事だと思います)。

 

 

ウェブメディア界隈は、もっともっと面白い才能が出てきていい分野です。

われこそは!と思う方は高知まで遊びに来てください。山奥に住む仙人的なポジションとして、若き才能にアドバイスしますよ〜。

東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

東京を捨てて高知に移住して、丸一年。今感じていることをまとめてみた

イケハヤ商店始めたよ!

 

一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

 

お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

(new!)月額3,000円の「地域おこし」コミュニティも始めました!

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中

 

人気記事セレクション

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめグッズ、家電製品まとめ by イケダハヤト : まだ東京で消耗してるの?

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

無料でできる「ストレグンスファインダー」的サービスで「自分の強み」を知ろう

 

フェイスブックにいいね!

 

 

 

今日も元気にツイート中


 

Instagramやってます

 

 

スポンサーリンク